IR(投資家情報)個人投資家の皆さまへ

アステリアの事業

 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたアステリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しているIT企業です。

IT業界も様々

 IT業界といっても様々なカテゴリーに分かれており、アステリアは資源や原材料、製造を必要としない“ソフトウェア”の開発・販売を行っております。

IT業界(イメージ)

ソフトウェア開発も2モデル

 またソフトウェアにも2モデルあり、アステリアは世界に通用するソフトウェアを開発・提供することを理念に掲げ、一貫して「製品開発」だけを行っています。

ソフトウェア開発モデル(イメージ1)

ソフトウェア開発モデル(イメージ2)

「つなぐ」に特化した企業向けソフトウェア製品群を展開

 主力製品の「ASTERIA Warp」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に7,000社以上の企業に導入されています。

 また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,000件以上の企業や公共機関で採用されています。

 さらにIoT事業へも参入し、IoT活用モバイルクラウド基盤「Platio(プラティオ)」の販売も行っています。

アステリアの製品群(イメージ)




もっと知りたい方は、こちらもおすすめ

X

アステリアについて

X

経営理念・創業理念

X

CSR/ESG

X

採用情報