ニュースメールマガジン

IN#141 — 『ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプター』 Dr.SumEA最新版に即日対応!

□□■ // Infoteria News — インフォテリア ニュース — Vol.141 //

□■■ 
■■■ ――――――――― 2006.03.09 配信 https://www.infoteria.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇ ニュースの目次 ◇◇
【1】『ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプター』 Dr.SumEA最新版に対応!
【2】「管理会計・経営情報の見える化」セミナー(2006/3/17、3/22:大阪)
【3】試用版でASTERIA新アダプターの実力をお確かめください!
【4】インフォテリア「XMLアカデミー・プログラム」をスタート
【5】百聞は一見にしかず!「ASTERIAハンズオンセミナー」
   (2006/3/17:東京)
【6】Fetch Information!
   〜「内部統制待ったなし!」日本版SOX法、現状と対策〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Vol.141では、ASTERIAのアダプターに関連するニュースを2つと、ASTERIA関連の
セミナー開催の情報についてお知らせします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】『ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプター』 Dr.SumEA最新版に対応!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 本日リリースの「Dr.SumEA ver.2.4」にASTERIAも即日対応
◆◇◆ www.infoteria.com/jp/product/asteria/option/drsumea.jsp

本日、ウイングアークテクノロジーズ株式会社の多次元高速集計検索エンジン
「Dr.SumEA」の最新版 「Dr.SumEA ver.2.4」がリリース されました。このリ
リースに合わせ、インフォテリアでも本日より『ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプ
タ』の連携対象バージョンとして「Dr.SumEA ver.2.4」への正式対応を開始し
ます。

「Dr.SumEA」の導入効果を最大限に引き出すには、企業に貯められたデータを
より多く情報として取り込むための環境を作ることが肝要。その環境作りに
『ASTERIA 3』+『ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプター』の組み合わせが必要となっ
てくるのは既にご存じのとおりです。

当社はウイングアークテクノロジーズ株式会社との密接な連携の下、Dr.SumEA
の新バージョンリリース前から接続検証を開始し、リリース日には正式対応を
発表することができました。これも両社の“連携”がうまく行っていればこそ。
迅速な技術検証を可能とした、両社の“連携”が、今後も共同リューションに
生かされていくことは間違いなしです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプターに関するお問い合わせは
インフォテリア 営業部まで → sales@infoteria.co.jp

「ASTERIA 3」+「ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプター」+「Dr.SumEA」を使った
ソリューションの事例を詳しくお知りになりたい方は【2】も要チェック!
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【2】「管理会計・経営情報の見える化」セミナー(2006/3/17、3/22:大阪)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ ASTERIAとDr.SumEAを組み合わせたソリューション事例をご紹介
◆◇◆ www.wingarc.com/doc/dr_sum/seminar/0603-tiw/0603_tiw.htm

昨今のビジネス現場における頻出ワードのひとつ、「見える化」。このたび経
営情報のデータ有効活用を「Dr.Sum」を使用した導入事例を交えながら紹介す
る「管理会計・経営情報の見える化」セミナーが大阪にて開催されます。この
セミナーにおいて、ASTERIAソリューションパートナーであるTIS株式会社によ
る1セッションで、ASTERIAとDr.SumEAによるソリューション事例が紹介され
ます。

 ・トヨタグループにおける「経営の見える化」の取り組み
 ・ノーリツグループ「販売実績の見える化」の取り組み
 ・TIS/TISグループ「収益の見える化」の取り組み

という3つの視点での活用事例が、まとめて聞けるチャンスです!
関西圏の方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

【主催】ウイングアークテクノロジーズ株式会社
【共催】TIS株式会社、インフォテリア株式会社
【日時】2006年3月17日(金)、22日(水)15:00〜17:15(受付開始14:30〜)
【場所】ウイングアーク テクノロジーズ 西日本営業部セミナールーム
    大阪府大阪市中央区南本町2-6-12 サンマリオンNBFタワー18F
    ※地図:http://www.wingarc.com/doc/seminar/map/map-osaka-3.html
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
【定員】24名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【お問合せ先】ウイングアークテクノロジーズ株式会社
       E-MAIL:drsum@wingarc.co.jp/TEL:06-6282-2620


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【3】試用版でASTERIA新アダプターの実力をお確かめください!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 「ASTPLUS/Excel Adapter」の試用版貸出しのご案内
◆◇◆ www.infoteria.com/jp/product/asteria/solution/astplus/
——————————————————————
ASTERIAソリューションパートナーである横河情報システムズ株式会社から、
2月23日に発売された「ASTPLUS/Excel Adapter」は、高速・大容量処理が得意
なExcelアダプター。リリース以降、多くの反響をいただいたということで、
このたび「ASTPLUS/Excel Adapter」の試用版の貸出しを開始されることと
なりました。

高速・大容量処理を得意とする「ASTPLUS/Excel Adapter」は、基幹システム
からの大量データ処理に伴う管理帳票作成や業務帳票自動作成などにもって
こい。

ぜひこの機会に“超高速” Excelアダプターの実力をご自身の目でお確かめく
ださい。

■ASTPLUS/Excel Adapter試用版について
 お試し期間:1ヵ月間(無料)
 お試しいただける機能:ASTPLUS/Excel Adapter全機能

試用版は下記までお申し込みください。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

横河情報システムズ株式会社 ソリューション事業部
開発統括部 ソリューション開発部
astplus_support@cs.jp.yokogawa.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■価格
 「ASTPLUS/Excel Adapter」 定価:84万円(税込)
大量帳票処理自動化を実現した事例もあわせてご覧ください!
www.infoteria.com/jp/partner/asp/yokogawa/index.jsp#case_01


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【4】インフォテリア「XMLアカデミー・プログラム」をスタート
                   (プレスリリース 2006/3/1 配信)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ XML技術教育を学校教育機関向けに提供開始!
◆◇◆ www.infoteria.com/jp/news/press/pr060301.jsp

XMLが世の中に出てきた当初は、マルチプロトコル、マルチプラットフォーム
でのデータ交換に適したフォーマットとして、BtoBやEAIなどの限られた分野
で利用される技術としてメディアに扱われていたものでした。ところがここ数
年で、XMLはもっと身近な分野への利用が進み、RSSだAjaxだ…といった形で、
最近またメディアの頻出ワードの一つとなってきています。

そのような現状を背景に、学校教育の現場でもXMLの技術教育が求められるよ
うになってきました。インフォテリアでは、そうした教育機関からの要請に応
えるため、「XMLアカデミー・プログラム」を提供することとなりました。

これは、高等学校以上の教育機関に向けて、XML教育カリキュラムの開催を支
援するもので、この4月から、専門学校6校で新しいカリキュラムとして「XML」
が開始されることが決まっています。

この「XMLアカデミー・プログラム」にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
www.infoteria.com/jp/xmlacademy/


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】百聞は一見にしかず!「ASTERIAハンズオンセミナー」
   (2006/3/17:東京)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ ASTERIAへの理解が深まり、利用イメージが広がること間違いナシです
◆◇◆ www.naisis.co.jp/event/log/013.html

ASTERIAは異なるデータ形式やインターフェースの違いを吸収し、容易に、
より柔軟なシステム統合を実現します。
このASTERIAハンズオンセミナーでは、実際にASTERIAを操作していただき、
容易で柔軟なシステム構築がどのようにして可能となっているのを体験してい
ただくことができます。

 ・本当にノンコーディングなのか?
 ・実際の使い勝手はどうなのか?
 ・評価版をどうやって使用したらいいのか?

などを、ぜひこの機会にご自身で確かめてみてください。
当初想像されていた以上に「使える場面」をイメージしていただけると思い
ます!

【主催】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
【日時】2006年3月17日(金)14:00〜16:50(受付開始13:45〜)
【場所】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社 4Fセミナールーム
    東京都中央区京橋1-6-1 三井住友海上テプコビル4階
    ※地図:http://www.naisis.co.jp/access_4.html
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
【定員】10名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【お問合せ先】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
       セミナー事務局 平野 真由美、染谷
       E-MAIL:sales@naisis.co.jp/TEL:03-3563-6660

——————–
■… 対象者 …■
・EAIツールの検討に携わっている方、もしくはEAIツール導入のニーズをお持
 ちの方
・セミナー後、評価版を1ヶ月お試しいただける方
・事前にASTERIAのライセンス申請・インストールが可能かつ当日ノートパソ
 コンをご持参していただける方
 ※必要なスペックは以下のURLにて、ご確認ください
  http://www.naisis.co.jp/event/log/013.html

※本セミナーではMS-OFFICE(Excel、Access)を使用しますので、事前にインス
 トールをお願いします。
※なおご持参いただけない場合は個別対応させていただきますので事務局まで
 ご連絡ください。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【6】Fetch Information
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このところの日本の企業の大きな関心事に「日本版SOX法」が挙げられると思
いますが、なんとなくはわかっているけど、細かいことはよくわからない…と
いうのが実情ではないでしょうか?かくいうわたくしも、マーケティング的な
観点から「いまはSOX法が熱い!」と言いながら、実のところ“企業で不正が起
こらないように内部統制が必要になる”ということ以外、よくわかっていな
かったりします。

「こんなことではイカン!」と、日本版SOX法についてきちんと把握しておこう
と考えていた矢先、『日経コンピュータ』2006年3/6号になんともおあつらえ
向きの記事を発見しました!

———————————————————————-
■ 「内部統制待ったなし!」日本版SOX法、現状と対策 ■
———————————————————————-
記事によると、実は今、企業に内部統制を求める法規制が2種類あり、その一
つが「日本版SOX法(通称)」、もう一つが「新会社法(通称)」と言われる
ものなのだそう。日本版SOX法は“会計”、新会社法は“企業経営”に関する
不正や誤りが起きないような仕組み作り(=内部統制)を求めることが目的と
なっており、前者は公開企業(上場企業約3800社)とその連結子会社、後者は
資本金5億円以上または負債200億円以上の大会社の経営者や取締役を対象とし
た法律となるようです。ただし、日本版SOX法に罰則が設けられることになり
そうなのに対し、新会社法には罰則規定はないとのことで、この違いが現状で
の言葉の浸透度の違いになっているような気がします。

けれども「日本版SOX法」がIT業界を賑わせているのはこの違いだけではあり
ません。日本版SOX法では内部統制の構成要素の一つとして「ITへの対応」を
挙げていることが、この業界を活気づかせている大きな要因となっていると言
えるでしょう。

しかし、日本版SOX法が公開されたのは2005年12月8日、さらに施行時期につい
てはまったくの未定だとか。わたくしが内心「日本版SOX法」という言葉だけ
が独り歩きしている感を持っていたのも、むべなるかなといった感じです。

本特集では「SOX法対策とは何か?」、「SOX法対策コストはどの程度かかる?」
「SOX法対策はいつ始めればよい?」、「SOX法対策におけるシステム部門の役
割は?」などについても触れられています。

『日経コンピュータ』は、会社で購読されているところも多いのではないかと
思うので、ご興味のある方は、ぜひ続きをチェックしてみてはいかがでしょうか?

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
/*/ 編集後記 /*/

先日、帰宅電車の途中駅で目の前の席が空いた。『ら・ら・らっき〜♪』と着
席するやいなや、疲れていたわたくしは速攻眠りに落ちてしまった。途中駅の
ことはまったく記憶にないので、かなり深い眠りについていたのではないかと
思うのだが、やはり脳のどこかではちゃんと降りる駅を気にしているのか、下
車しなければならない駅の2つ手前で目が覚めた。

すると、目の前に妊婦と思われる方が立っていた。
わたくしは、『この人はいつからココに立ってたんだろう?爆睡してる場合
じゃなかったよ。とにかく席を譲ってあげなきゃ!』と心の中で思った。しか
し、世の中どう見ても妊婦としか思えないような方が、実は単純に太っている
だけということもある。その場合はかなり気まずい雰囲気になる(経験者)た
め、わたくしは慎重を期そうと、声を掛ける前にその人を観察してみることに
した。

まず靴を見た。
『スニーカーを履いているので、やっぱり妊婦さんかな?』
次に胸を見た。
『妊婦さんの胸は大きくなるっていうけど、うーん、これは微妙。』
最後に腕を見た。
『太っているって感じの人じゃないし、お腹だけが大きい感じ。多分妊婦さん
に間違いない!』

そう思って、「あの〜、お座りになりますか?」と丁重に聞いてみた。
すると、その女性はニッコリ笑って顔と手をぶんぶん横に振りながら「いやー
結構ですっ!」と、周りに響き渡るような元気な声で返事をされた。わたくし
はその声の大きさに圧倒され、そのまま撃沈(?)。心は中腰のまま、残る2駅
をそのまま座っていくことになった。

『やっぱり妊婦さんじゃなかったのかなあ?それとも勧め方がいけなかったの
かなあ?』
ぐるぐると自問自答している間に下車駅が来た。ばつが悪い面持ちでわたくし
が席を立つと、ナントその女性は空いた席にサクッと座った。

『うーん、謎だ。やっぱり妊婦さんだったのに遠慮していただけなのかなあ?
だったら、あの元気の良い返事は何??』
道すがら、腑に落ちなさだけが残った夜だった。。。(くま)

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

本メールは、過去にインフォテリアのサービスをご利用いただいた方やパート
ナー企業の皆様、当社が開催したセミナー・展示会にご参加いただいた皆様や
その他の機会に名刺交換をさせていただいた皆様および当社Webサイトからメー
ルニュースの配信をご希望いただいた皆様にお送りしております。
※メール配信の解除方法は、以下「メール配信の解除方法」をご参照ください

ご意見、ご質問等はお気軽に下記の問合せ窓口までお寄せください。
なお、ご連絡先など変更がございましたらご一報いただければ幸いです。

◆◆ お問合せ窓口 ◆◆
インフォテリア株式会社 プロダクト事業部 メール配信担当
[E-Mail]: mailnews@infoteria.biz

◆◆ メール配信の解除方法 ◆◆
今後「Infoteria News」の配信を希望されない場合は、メールに『配信不要』
と明記のうえ、以下の連絡先まで、ご連絡ください。
[E-Mail]: mailnews@infoteria.biz

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛


以上
日時:2006年03月09日 13:00