ニュースプレスリリース

東芝アドバンストシステムとインフォテリア、XMLソリューションで業務提携

各企業に最適な企業間EC/EDIのためのXMLソリューションを積極展開

報道発表資料
平成11年9月27日
東芝アドバンストシステム株式会社
インフォテリア株式会社

東芝アドバンストシステム株式会社(本社:東京都新宿区、佐藤邦隆社長)とインフォテリア株式会社(本社:東京都目黒区、平野洋一郎社長)は、平成11年9月27日、業務提携を行い、企業間EC/EDIにおけるXMLトータルソリューション構築を積極的に提供していくことを発表しました。この業務提携では、XML Solution ComponentsをはじめとするXMLソフトウェアを使用したソリューション構築に加えて、各企業システムを最適のソリューションを提供するために、両社間の技術連携、ユーザー教育などを行います。

東芝アドバンストシステム株式会社ソリューション推進部の池田実部長は、「東芝アドバンストシステムは、1990年よりSGMLベースのソリューションの提供で数多くの実績を積んできました。またXMLの登場以来、Web,XML,データベース技術を組み合わせたXMLベースのECソリューションを提供してきました。今回それらにXMLソフトウェアのリーディングカンパニーであるインフォテリア社が提供するツール群が加わります。これを機会に,国内企業で真に必要とされる企業間XMLソリューションの提供を一層充実させ,XMLベースのサプライチェーン,Web EDI,企業間ECやアプリケーションインテグレーション等を今以上に積極的に展開していきます。」と述べました。

インフォテリア株式会社の平野洋一郎代表取締役社長は、「東芝アドバンストシステムは、国内最大級のXMLのソリューションエンジニアリンググループを擁し、積極的にXMLソリューションの提供を行われています。今回、インフォテリアのXMLソリューションツール群と技術の提供によって、東芝アドバンストシステムの目指す『個別ニーズに対する最適ソリューション』への貢献ができることと確信しています。」と述べました。

東芝アドバンストシステムは、1969年に設立され、ソフトウェア開発、システムインテグレーションの専業企業として一貫したサービスを提供してきました。「最適ソリューション」はお客様固有なものとの認識に立ち、蓄積した高度な技術をベースに、それぞれの顧客にジャストフィットした「真のソリューション」の提供を行っています。今後の企業間ECの展開に向けて,これまでに培ったXML応用技術でユーザニーズに応えます。

インフォテリア株式会社は、1998年に設立された国内唯一のXML専業ソフトウェア会社です。インフォテリアでは、先進のXMLテクノロジーをベースに、XMLの普及を促進するコンポーネント製品や、エレクトロニックコマースでのデータ交換をXMLベースで行うためのツールとサーバー製品などを提供しています。

本リリースに関するお問い合わせ先

東芝アドバンストシステム株式会社
ソリューション推進部EC/EDI XML応用グループ 神谷 幸道
TEL:03-3226-3683
FAX:03-3226-3644
E-mail:

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
TEL:03-5718-1250
E-mail:

以上
日時:1999年09月27日 11:00