ニュースプレスリリース

インフォテリアのiPEXが、日経ソフトウェア「エディターズ・チョイス」を受賞

報道発表資料
2000年10月2日
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎)は、2000年10月2日、同社が開発・販売している高性能XMLエンジン「iPEX」(アイペックス)が、日経BP社(東京都千代田区、代表取締役社長:吉村久夫氏)が主催する「第13回190万読者が選ぶパソコン・ベスト・ソフト」において日経ソフトウェア誌の「エディターズ・チョイス」を受賞したことを発表しました。

「パソコン・ベスト・ソフト」は、1988年から毎年日経BP社が主催しているパーソナルコンピュータ用ソフトウェアのコンテストで、分野毎、対象誌毎にこの1年を代表するソフトウェアが選出されています。

日経ソフトウェア編集部では選考理由を「iPEXは、XML文書の読み書きや編集操作などを支援するXML処理エンジン。XMLが企業間のEDI(電子データ交換)など情報システム分野で着実に浸透しつつある状況において、同製品は常にXML最新仕様に準拠したものを取り入れ、その最新の仕様に沿った機能を開発者にいち早く提供している。Windows95/98/NT/2000に加え、LinuxやSolaris、Macintosh、BeOS、Windows CEなど幅広いプラットフォームに対応している点も評価した」としています。

iPEXは、アプリケーションソフトウェアをXML対応にするためのXML処理ライブラリで、最新バージョンの2.0では、XMLパーサー機能、DOM処理機能、XSLT処理機能、XPath処理機能、URI処理機能などXML処理に必要な機能を網羅しています。iPEXは、NTTデータオフィスマート社の「orderit」(オーダーイット)やインクリメントP社の「MapFan」(マップファン)などをはじめ、既に100社以上の導入実績を持っています。さらにLinux版は、国内のベストセラーLinuxディストリビューションである「ターボリナックス」に標準バンドルされるなど、XML処理エンジンのスタンダードとしての数多くのソフトウェアやシステムのXML対応に貢献しています。


インフォテリア株式会社について

インフォテリア株式会社は、1998年、日本初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたXML分野のリーディングカンパニーです。東京と米ボストンに拠点を置き、世界市場に向けてXML製品の開発と販売を行っています。インフォテリアでは、先進のXMLテクノロジーをベースにXMLの普及を促進するコンポーネント製品や、企業間電子商取引(BtoB-EC)および企業間アプリケーション統合をXMLベースで行うためのソフトウェアを提供しています。
→ www.infoteria.com/

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
E-mail:

以上
日時:2000年10月02日 11:00