ニュースプレスリリース

インフォテリアのASTERIA WARPが情報基盤強化税制の対象製品に認定

報道発表資料
2009年1月8日
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853)は、インフォテリアの主力製品でありかつ国内EAI※ ソフトウェア市場におけるシェアNo.1※ のASTERIA WARPが、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が情報基盤強化税制対応製品を認定する「連携プログラム技術評価制度」の技術要件を満たし、技術評価書の発行を受けたことを発表いたします。 これにより、ASTERIA WARPは経済産業省の定める「産業競争力のための情報基盤強化税制」の対象製品となり、購入企業において税額控除制度または特別償却制度の優遇税制が適用されます。

連携プログラム技術評価制度は、企業における情報処理システムの連携を促進するため、平成20年経済産業省告示第60号「独立行政法人情報処理推進機構による部門間・企業間で分断されている情報処理システムの連携に資するプログラムに関する技術上の評価に関する手続を定める告示」に基づき、IPAが運営している制度です。

ASTERIA WARPは、企業内外に散在する多くのシステムを「つなぐ」データ連携ミドルウェアです。既存システムを活用し、短期間でシステム構築を可能にするため企業を取り巻く経済情勢に対応することができかつビジネスの変化に強い企業情報システムを構築することができます。ASTERIAを導入することでIT投資のコスト削減を実現するだけでなくさらなる投資対効果を向上させることが可能となりました。


インフォテリア株式会社について

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様な「つなぐ」を実現し、コミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。主力製品の「ASTERIA」は大企業、中堅企業を中心に500社以上(2008年9月末現在)の企業に導入されています。


※ エンタープライズアプリケーション統合/企業内の複数のコンピュータシステムを連携

→詳細はこちら www.infoteria.com/

※Infoteria およびインフォテリアは、インフォテリア株式会社の商標です。
※ASTERIAは、インフォテリア株式会社の登録商標です。
※本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。
※テクノシステムリサーチ社「2008年ソフトウェアマーケティング総覧」

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
広報担当 : 嶋 かおる
TEL:03-5718-1297
FAX:03-5718-1261
E-mail:

以上
日時:2009年01月08日 11:00