ニュースプレスリリース

インフォテリア、BtoB市場と基幹システムをつなぐ「IBM MQSeries」対応

「IBM MQSeries」との組み合わせでAsteriaを基幹システムへ容易に接続

報道発表資料
2001年5月30日
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎)は、BtoB(企業間電子商取引)サーバー「Asteria(アステリア)」のインターフェイスとして、新たにIBMの異機種システム間の連携ミドルウェア「IBM MQSeries」に対応した「Asteria MQ Adapter(アステリア エムキュー アダプター)」を開発し、2001年8月より提供開始予定であることを発表しました。

今回発表の「Asteria MQ Adapter」により、企業内の基幹系を中心とした各種システムを、アプリケーションの変更を伴わず、容易に外部のBtoB市場と接続することが可能となります。RosettaNetおよびAriba Commerce Service Networkに対応したBtoBサーバーとして、大規模向けBtoBサーバーソフトウェアの「Asteria」と、ハードウェア一体型のBtoBアプライアンス「Asteria.Planet(アステリアプラネット)」の両製品用のオプション製品として「Asteria MQ Adapter」を提供します。価格は、1パッケージ160万円を予定しており、インフォテリアのパートナー企業および日本IBMのビジネス・パートナー各社から提供されます。

「Asteria MQ Adapter」に関して、日本IBM 理事 ソフトウェア事業部長の平井 康文氏は次のように述べています。

「日本IBMは5月9日、企業内外にわたるビジネス・プロセスをエンドツーエンドで連携・統合する業界初の包括ソリューション『WebSphere Business Integrator』を発表いたしました。当ソリューションによりお客さまはEAIからBtoBまでを含めたビジネス統合を実現することが可能となります。インフォテリア様との協業は、中小・中堅企業ビジネス分野における当ソリューションを補完・強化し、お客様の早期導入ニーズにも応えるものです。

また今回のインフォテリア様の発表により、異機種システム間の連携ミドルウェアとしてEAIの分野で豊富な導入実績を持つMQSeriesとXMLネイティブのAsteria.Planetを組み合わせることで、当ビジネス分野のお客様がさらに容易に、しかも低価格でBtoBへ参加することを支援するものです。日本IBMとインフォテリアは今後とも信頼性の高い最新技術でBtoB市場の活性化を推進してまいります。


Asteriaについて

「Asteria」は、インターネットを介したサーバー対サーバーでのデータの入出力、データ形式の変換、ビジネストランザクションの管理など、BtoBに必要な機能に最適化された強固なアーキテクチャを有する、XMLネイティブの本格的なBtoBサーバーです。RosettaNetやAriba Commerce Service Networkをはじめとする各種BtoBフレームワークに対応したビジネスプロトコルを組み込むことで、異なるシステムを持った取引先との間でBtoBシステムを構築したり、マーケットプレイスに接続することができます。取引先との接続数は無制限で、主に大規模事業社向けの製品です。

「Asteria」のアーキテクチャをベースに開発された「Asteria.Planet」はハードウェア一体型ソリューション(アプライアンス)で、標準ビジネスプロトコルのネットワークに中小規模の事業者が低コストでかつ容易に参加できる、初めてのオールインワン・ソリューションです。

IBM MQSeriesファミリーについて

MQSeriesファミリーは以下の5つの主要製品群から構成されます。

MQSeriesは、35以上のプラットフォームを統合する、MQSeriesファミリー製品群の中核となる製品です。サーバー間およびクライアント間での基本となるメッセージング機能を提供し、確実なメッセージ配布を保証します。MQSeries単体で使用することも、他のファミリー製品と組み合わせて使用することも可能です。

MQSeriesアダプターー関連製品は、既存および新規のアプリケーションやERPなどの統合を目的とした、MQSeriesアダプターーの構築/カスタマイズ用フレームワークとツールを提供します。

MQSeries Everyplaceは、モバイルでの使用環境において、確実なメッセージ配布と、堅牢なセキュリティを保証します。

MQSeries Integratorは、強力なインフォメーション・ブローカーであり、複数の異なるビジネス・システム間での接続性に加え、アプリケーション間のメッセージの変換、優れたラウティング機能、およびインフォメーション・フローのモデリング機能を提供します。

MQSeries Workflowは、ビジネス・プロセス・マネジメント・システムとして、システム、アプリケーションおよび人の間で行きかうビジネス・プロセスを定義し、実行し、変更することができます。


インフォテリア株式会社について

インフォテリア株式会社は、1998年、日本初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたXML分野のリーディングカンパニーです。東京と米ボストンに拠点を置き、世界市場に向けてXML製品の開発と販売を行っています。インフォテリアでは、先進のXMLテクノロジーをベースにXMLの普及を促進するコンポーネント製品や、企業間電子商取引(BtoB-EC)および企業間アプリケーション統合をXMLベースで行うためのソフトウェアを提供しています。
→ www.infoteria.com/

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
E-mail:

以上
日時:2001年05月30日 11:00