ニュースプレスリリース

インフォテリア、新XMLトレーニング・コースを10月より開始

「Webサービス/SOAPによるシステム連携」および「DOM/SAXプログラミング」の2コース開始により、プロフェッショナルなXML技術者を育成

報道発表資料
2002年8月29日
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野 洋一郎)は、XMLの実践的な構築技術を身につけたプロフェッショナルな技術者を育成するため、インフォテリア認定トレーニングに、新たに「Webサービス/SOAPによるシステム連携」および「DOM/SAXプログラミング」の2コースを追加し、2002年10月より開始することを発表しました。

「Webサービス/SOAPによるシステム連携」では、Webベースのアプリケーション連携インターフェイスとして注目を集めているWebサービス*1の仕組みと適用範囲を理解するとともに、SOAP(Simple Object Access Protocol)*2を利用して実際にWebサービスを構築する演習を行います。また、「DOM/SAXプログラミング」コースでは、XML文書を取り扱うための標準API(Application Programming Interface)であるDOM(Document Object Model)*3およびSAX(The Simple API for XML)*4を利用したアプリケーションの作成方法を習得できるようになります。

両コースは、豊富なXML教育の実績を持つインフォテリア認定教育センター(www.infoteria.com/jp/training/)にて提供されます。インフォテリアはXMLの基礎コースから今回開始するプロフェッショナルコースまで、幅広いXMLトレーニングを提供することにより、さらに実践力のあるXML技術者の育成を目指します。

これら2コースは、2002年11月より実施予定の上位レベルの技術者認定制度「XMLマスター:プロフェッショナル」(www.xmlmaster.org/)に対応予定です。


新コース概要

> Webサービス/SOAPによるシステム連携

内容 Webサービスの仕組みと適用範囲を理解するとともにSOAPを利用してWebサービスを構築する方法について学習します。
形式 講習+実習
日数 2日間
標準価格 10万円

> DOM/SAXプログラミング

内容 XML文書を取り扱うための標準APIであるDOM/SAXを利用したアプリケーションの作成方法を学習します。
形式 講習+実習
日数 2日間
標準価格 10万円

◎詳細はこちら: www.infoteria.com/jp/training/

インフォテリア認定教育センター一覧

> 株式会社ウチダ人材開発センタ
 (東京都中央区銀座2-8-9 木挽館ビル4F)
> NRIラーニングネットワーク株式会社
 (東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビルヂング2F)
> NECソフト株式会社
 (東京都江東区新木場1-18-6)
> NECソフトウェア九州
 (福岡市早良区百道浜2-4-1 NEC九州システムセンター)
> 株式会社大塚商会
 (東京:東京都千代田区三崎町1-2-8水道橋HSビル)
 (大阪:大阪府大阪市北区大淀南1-10-6 )
 (札幌:札幌市中央区1条西3丁目大和銀行札幌ビル)
 (仙台:仙台市青葉区中央2丁目11-1オルタス仙台ビル)
 (名古屋:名古屋市中区丸の内3-20-17中外東京海上ビル2F)

> キヤノンソフトウェア株式会社
 (東京都港区三田3-12-15三田シティビル3F)
> シーアイエス株式会社
 (東京都港区西新橋3-2-1共同ビル(西新橋)6F)
> 株式会社CSK
 (東京都新宿区西新宿7-11-1サニービル)
> 株式会社シンパシー
 (福岡市中央区天神3-4-8天神重松ビル4F)
> 株式会社ソリッドスキーム
 (東京都新宿区西新宿7-2-12松下産業ビル5F)
> 株式会社東芝OAコンサルタント
 (東京都目黒区青葉台 4-7-7 青葉台ヒルズ8F)
> 日本ヒューレット・パッカード株式会社
 (東京都品川区北品川4-7-35 御殿山ヒルズ5F)
> 株式会社PFU
 (大阪市淀川区西中島5丁目5番15号住友生命新大阪ビル2F)
> 株式会社日立システムアンドサービス
 (東京:東京都大田区大森北4-11-4日立システム本社別館3F)
 (大阪:大阪市中央区内本町2-4-16内本町あおば生命ビル2F)
 (名古屋:名古屋市中村区名駅1-1-4JRセントラルタワーズビル)

> 株式会社ベストソリューション
 (港区南青山5-10-5九曜ビル4F)


インフォテリア株式会社について

インフォテリア株式会社は、XMLを中心とした先進の技術を、リアルワールドで適用できるソフトウェア・パッケージ、ソリューションとして形にする会社です。次世代インターネット技術「XML」を活用するためのコンポーネント製品や、企業内外のさまざまなデータ変換・通信を容易に実現する新世代BtoBプラットフォーム「ASTERIA」(アステリア)を提供しています。
→ www.infoteria.com/


用語説明/注釈

*1 Webサービス
XMLやHTTPなどのインターネットと親和性の高い技術を利用して構築され、ネットワーク経由でアクセスできるシステムやアプリケーション。
*2 SOAP (Simple Object Access Protocol) XMLデータをシステム間で受け渡すためのメッセージング・プロトコル。
*3 DOM(Document Object Model) W3Cで規定されている汎用的なAPIで、XML文書にアプリケーションからアクセスするためのインターフェイス。XML文書の階層構造をたどりながら処理を行うことができる。
*4 SAX(The Simple API for XML) XML文書をシーケンシャルに処理することができるAPI。W3Cで規定されているものではないが、業界のスタンダードの1つ。

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
E-mail:

以上
日時:2002年08月29日 11:00