ニュースプレスリリース

インフォテリア、優れたXML/Webサービス教育センターとインストラクターを表彰

NECソフト、東芝OAコンサルタント、日本HPの3社が『ICEC of the Year 2005』に

報道発表資料
2005年4月12日
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎)は、インフォテリア認定教育センター(以下ICEC:Infoteria Certified Education Center)11社15校の中から、2004 年の受講者に対して行ったアンケート結果をもとに、受講者の満足度が最も高かった教育センターおよび講師を選定し、それぞれ『ICEC of the Year 2005』、『Instructor of the Year 2005』として表彰することを発表します。

このたび『ICEC of the Year 2005』を受賞することになった教育センターは、NECソフト株式会社(東京都江東区)、株式会社東芝OAコンサルタント(東京都目黒区)、日本ヒューレット・パッカード株式会社(東京都品川区、略称:日本HP)の3社、また『Instructor of the Year 2005』には、NECソフト株式会社 栗山浩一氏、株式会社東芝OAコンサルタント 鈴木智也氏、日本ヒューレット・パッカード株式会社 衣笠成一氏の3名が選ばれました。東芝OAコンサルタントと同社の鈴木氏、日本HPと同社の衣笠氏は、昨年に続いて2年連続の受賞となっています。

インフォテリアは、2001 年1 月よりIT 教育に高い実績を持つパートナー企業と提携して「ICEC」を設立し、ICECを通じて質の高いXML教育を提供するとともに、XMLマスター(XMLの技術レベルを認定するベンダー・ニュートラルなXML技術者制度)の試験範囲をカバーした「XMLマスター認定コース」を開催しています。この4月からは、XMLマスターの認定試験が今年6月より「XMLマスターV2試験」となることを受けて、XMLマスターV2試験に対応した認定コースとしてより実践に即したスキルを身につけることができる2つのコース「XML実践演習」「XMLアプリケーション開発?」を新設しました。

インフォテリアでは、今後ともICECを通じて受講者の皆様に満足いただけるトレーニング・コースを提供し、これからのシステム構築に必須となるXML 技術者育成に貢献してまいります。

※『ICEC of the Year 2005』はトレーニング・コースの実施日数が年間20日以上のインフォテリア認定教育センターの中で最も受講者評価の高かったセンターを、『Instructor of the Year 2005』は実施日数が年間10日以上のインストラクターの方の中で最も受講者評価の高かったインストラクターを対象としています。


インフォテリア認定教育センターについて

インフォテリア認定トレーニング・コースは、IT 教育に高い実績を持つインフォテリア認定教育センター(ICEC:Infoteria Certified Education Center)で開催します。インフォテリア認定トレーニング・コースでは、今後のビジネスに必要と思われるXML及びWebサービスの要素技術やシステム開発技術を、演習や実習を交えながら体系立ててわかりやすく解説しており、受講者はXML/Webサービスの実践的な知識を習得することができます。インフォテリア認定トレーニング・コースは、「XML マスター」認定となっており、受講後の資格取得に最適です。
www.infoteria.com/jp/training/


インフォテリア株式会社について

インフォテリア株式会社は、XMLを中心とした先進の技術を、リアルワールドで適用できるパッケージソフトウェアとして提供する会社です。インターネット基盤データ技術「XML」を活用するためのコンポーネント製品や、企業内外のさまざまなデータ変換・システム連携を容易に実現するビジネス・インテグレーション・プラットフォーム「ASTERIA(アステリア)」を提供しています。
→ www.infoteria.com/

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
広報担当:小川 優美
E-mail:

以上
日時:2005年04月12日 11:00