ニュースプレスリリース

データ連携ミドルウェア「ASTERIA」が無停止型サーバー「ftServer」に対応 インフォテリアと日本ストラタステクノロジー、ソリューション協業を開始

ASTERIAがftServerをサポートすることで、より信頼性の高いソリューション提案が可能に

報道発表資料
2005年5月25日
インフォテリア株式会社
日本ストラタステクノロジー株式会社

企業情報システム連携ミドルウェアのリーディングカンパニーであるインフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、以下:インフォテリア)とフォールト・トレラント(無停止型)システム提供の最先進企業である日本ストラタステクノロジー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:長井正利、以下:日本ストラタステクノロジー)は、両社の主力製品を組み合わせた技術検証の完了と、両製品によるソリューション提供の協業を発表します。

このたび、両社は、日本ストラタステクノロジー製無停止型IAサーバー「ftServer」上におけるインフォテリア製企業情報システム連携ミドルウェア「ASTERIA」の動作検証を終了しました。これを受けて、インフォテリアでは、ASTERIAの最新版である「ASTERIA Server 3 ServicePack3」の動作プラットフォームとして、Windowsベースの「ftServer Wシリーズ」を本日より正式サポートいたします。

また同本日、インフォテリアは日本ストラタステクノロジーとソリューションパートナープログラム契約を締結いたしました。今後は、両社及び両社パートナーを通じ、「ASTERIA」と「ftServer」を組み合わせたシステムの提供、技術サポート、マーケティング活動などの協業を進めてまいります。

インフォテリアは、先進の企業情報システム連携ミドルウェア「ASTERIA」を軸に、企業と企業、システムとシステムを「つなぐ」ソリューションを提供しており、販売開始から2年半となる2005年3月現在で、170社を超える企業のビジネスデータ連携の中核として活用されています。また、日本ストラタステクノロジーは、かねてより無停止型(フォールト・トレラント)システムの提供に特化し、99.999%以上という最高水準の可用性を実証してまいりました。特に2001年7月より販売を開始したftServerは、オープンな環境下における、その独自技術が高く評価され、数多くの企業でミッションクリティカルなシステムを支える基盤として利用されています。

企業内外に散在するシステムの連携のニーズが増す中、それらシステムの安定的な運用が求められています。ASTERIAがftServerを正式サポートすることにより可能となった両製品の組み合わせによるソリューションは、システムダウンによるビジネス機会の損失を極小化したい企業から、高い信頼性を勝ち得ることができるものと期待しております。


ASTERIAについて

ASTERIA(アステリア)は、直観的なグラフィカル・プログラミングによって様々なシステムのデータを連携させることが可能な統合プラットフォームです。データベース、ウェブ、メール、XML、Excel、PDFなど、数多くのデータフォーマットや通信プロトコルに対応したアイコンを、マウスで「つなぐ」ことにより、様々なシステムの連携を極めてスピーディに行うことができます。レガシーからクライアント/サーバ、インターネットに至るまで、これまで企業内外の業務に活用されてきた様々な世代のシステムを、データを介して橋渡しする基盤として、既に170社以上の企業に導入されています。

ftServerについて

ftServerは、CPU、メモリ、HDD、PCI、イーサネットなどのハードウェアを2重化し、障害時には片方のコンポーネントを自動で切り離すことによりシステムダウンやデータの損失を回避する無停止型サーバです。デバイスドライバの強化等OSの信頼性向上策などもあり、Windows上で99.999%を超える連続稼動を実証しています。ハードウェアによる多重化機構により通常のアプリケーションがそのまま動作し迅速な導入・稼動が可能なうえ、障害が発生しても停止しないので、24時間連続稼動や管理者が常駐していないサイトでの運用に最適です。1Way(2CPUで1論理CPU)から4WAY(8CPUで4論理CPU)の構成まで用途に合わせて選択、スケールアップが可能で、高速ストレージなどの接続にも対応しています。ftServerは、24時間サポートセンターでシステム障害を自動モニタリングし、リモートから診断・管理できる機能を組み込んでいるため、遠隔地での無停止連続稼動を実現します。システムに詳しい管理者を常駐させる必要がなく、コストを削減することも可能です。


インフォテリア株式会社について

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様なコミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。「ノン・コーディング」をコンセプトに開発されたデータ連携ミドルウェア「ASTERIA(アステリア)」は、企業内外のさまざまなシステムの柔軟な連携を容易に可能にし、既に170社を超える企業に採用されています。
→ www.infoteria.com/

日本ストラタステクノロジーについて

ストラタステクノロジーは1980年の創業以来、無停止型コンピュータ・システムの製造・販売に特化し、ミッションクリティカルなビジネスの現場で99.999%を超える可用性を提供し続ける、フォールト・トレラントコンピュータのグローバル・プロバイダーです。ストラタステクノロジーが提供するシステムおよびサポートサービスは連続稼動と信頼性を追及するあらゆるビジネスのニーズにお応えし、クリティカルな業務の根幹を支えています。
→ www.stratus.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
広報担当:小川 優美
TEL:03-5718-1297
E-mail:

以上
日時:2005年05月25日 11:00