ニュースプレスリリース

住商情報システムとインフォテリアがソリューションパートナー契約を締結

データ連携ソリューションスイート「ASTERIA」を使ったソリューション提案で協力体制を確立

報道発表資料
2006年7月31日
住商情報システム株式会社
インフォテリア株式会社

 

※本リリースは、住商情報システム株式会社とインフォテリア株式会社の共同リリースです。
  両社から重複して当リリースが配信される場合がございますが、あらかじめ御了承の程お願い申し上げます。

住商情報システム株式会社(本社:東京都中央区晴海、取締役社長:阿部 康行、以下住商情報システム)とインフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野 洋一郎、以下 インフォテリア)は、インフォテリア社のデータ連携ソリューションスイート「ASTERIA(アステリア)」のライセンス販売窓口となるための「ASTERIAソリューションパートナー」契約を締結しました。

ASTERIAは、直観的なグラフィカル・プログラミングによって様々なシステムのデータをノンコーディングで連携させることが可能なデータ連携ソリューションスイートです。データベース、ウェブ、メール、XML、Excel、PDFなど、数多くのデータフォーマットや通信プロトコルに対応したアイコンをマウスで「つなぐ」ことにより、様々なシステムの連携を極めてスピーディに行うことができます。レガシーからクライアント/サーバー、インターネットに至るまで、これまで企業内外の業務に活用されてきた様々な世代のシステムを、データを介して橋渡しする基盤として、既に250社以上の企業に導入されています。

住商情報システムは、情報システム/ネットワークシステムの分野において、各産業界の様々なニーズに対し、お客様の立場に立った最善かつトータルなソリューションを提供しています。システムの再構築やERP導入などに伴うシステム間連携部分の構築は、大規模なものから中小規模なものまで様々ですが、中小規模なシステム連携については手組みでの開発が未だに多いのが現状です。

そこで、「ASTERIA」を製品・サービス体系に加えることにより、コストを抑えた連携基盤の構築を容易にかつ高品質に実現したいというお客様のニーズにお応えできると判断し、本契約の締結に至りました。

このたびの提携により、住商情報システムでは、これまで多くの実績があるメインフレーム連携やERP導入に伴う大規模なシステム連携基盤に加え、中小規模のシステム連携についても、コンサルティング、システムインテグレーション、保守・サポート等のソリューションを積極的に推進し、初年度で20社への導入を見込んでいます。
また住商情報システムでは、「ASTERIA」をベースとしたNonStopEAIサーバーの商品化も近々行う予定となっており、今後両社は、互いの強みを活かして新たなビジネス機会を創出することにより、一層の事業拡大を目指してまいります。


住商情報システム株式会社について

住商情報システム株式会社(SCS)は、住友商事グループのIT分野での中核企業として、ワールドワイドに収集した技術情報をもとに、システム開発・運用力を基盤とする業界最高度の自社技術と、”Best of Breed”と呼べるITプロダクツとを創意工夫をもって組み合わせ、お客様の個別ニーズとビジネス環境に最も適合した真に有用なIT製品・サービスをご提供いたします。
◎本社所在地:〒104-6241 東京都中央区晴海1丁目8番12号
→ www.scs.co.jp/

インフォテリア株式会社について

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様なコミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。
◎本社所在地:〒140-0014 東京都品川区大井1丁目47番1号
→ www.infoteria.com/

本リリースに関するお問い合わせ先

住商情報システム株式会社
広報・IR部 片山
TEL:03-5166-2171
E-mail:

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
広報担当:小川
TEL:03-5718-1297
E-mail:

本リリースに関するお問い合わせ先

住商情報システム株式会社
IT基盤ソリューション事業部 ビジネスプロセスソリューション部 星野
TEL:03-5166-2702
E-mail:

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
プロダクト事業部 営業部 熊谷
TEL:03-5718-1250
E-mail:

以上
日時:2006年07月31日 10:30