ニュースプレスリリース

インフォテリア、トピック追跡管理サービス「Topika」の提供を開始

ソフトウェア開発、お客様窓口などの管理ツールをSaaSとして提供

報道発表資料
2006年9月5日
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎)は、企業が直面する様々な問題に関するトピックとその解決までの追跡・管理(トラッキング)を行うためのソフトウェア「Topika」(トピカ)を開発し、本日よりサービスを開始します。
(Webサイト topika.jp

「Topika」は、米国Foresoft社(旧SkyeyTech社)との技術提携のもと、共同で開発したソフトウェアです。共同開発の基礎となったForesoft社の「BUGtrack」システムは、同社がSaaS(SaaS = Software as a Service)として提供するもので、既に全世界28ヶ国、約6,000名以上の方々に利用されています。

「Topika」の操作はすべて一般的なブラウザー上で行うことができ、専用のソフトウェアをインストールしたりシステムを改めて構築することなく、企業内で発生するさまざまな問題をトラッキングすることが可能です。価格は、1部門あたり月額45,000円となっており、いつでも契約、解約が可能です。また、使用する人数は無制限となっているため、非常に安価に管理ソフトウェアを使うことが可能となっています。

インフォテリアでは、「Topika」の利用シーンとして、ソフトウェア開発やお客様窓口のような、さまざまなトピックに関してその解決過程を個別に追跡・管理する必要があり、最終的に統計情報を得るといった業務が発生する部門を想定し、2006年度内に50社との契約を見込んでいます。


インフォテリア株式会社について

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様な「つなぐ」を実現し、コミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。
→ www.infoteria.com/

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
中嶋 誠
E-mail:

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
広報担当:嶋 かおる
TEL:03-5718-1297
E-mail:

以上
日時:2006年09月05日 11:00