ニュースプレスリリース

ソーシャルカレンダーソフト「c2talk」の利用登録者が1万人を突破

8月14日の公開から70日で達成

報道発表資料
2006年10月30日
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎)は、ネット上の情報と個人の情報をカレンダーのユーザーインターフェイスで整理するソーシャルカレンダーソフト「c2talk(シー・ツー・トーク)」の利用登録者が1万人を突破したことを発表します。
(Webサイト www.c2talk.net/

今回の1万人突破について、代表取締役社長の平野洋一郎は「短期間での1万人突破は、『ソーシャルカレンダー』という新しいコンセプトが多くの人に受け入れられたことを示しています。今後とも、多くの人に利用していただけるカレンダーを増やしていくとともに、特定のメンバーだけによるカレンダーの共有についても推進し、ソーシャルカレンダーとしてのさらなる価値向上に取り組みます。」と述べています。

インフォテリアでは、今後、ソーシャルカレンダーの普及活動として、カレンダー作成技術セミナーやコンテンツを持った企業との提携カレンダーの提供などを行うとともに、「c2talk」のソフトウェアとサービスの更新も積極的に実施し、新しい社会のニーズに応えていく計画です。これらの活動により「c2talk」は、従来のスケジューラやカレンダーの枠を大きく超え、情報過多の時代における個人個人の時間の有効利用を支援するソーシャルカレンダーのリーダーとしての地位を確立してまいります。


「c2talk」について

「c2talk」とは、カレンダー画面にネット上のさまざまな情報と社内や個人的な情報をマッシュアップして活用することができる、ソーシャルカレンダーソフトウェアでWindowsおよびMac OSXに対応しています。「c2talk」は、自分のスケジュールとカレンダー情報を合わせて活用することができるほか、「c2talk」で作成したカレンダーを特定の人や、Web上に公開することも可能です。「c2talk」のダウンロードは無料で、誰でも自由にカレンダープラットフォームとして活用することができます。

c2talkのロゴおよびスクリーンショットは下記サイトよりダウンロードしてお使いください

ロゴ:http://www.c2talk.net/rw/badges/badges.html
スクリーンショット:http://www.c2talk.net/rw/screen_shot/page1/page1.html


インフォテリア株式会社について

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様な「つなぐ」を実現し、コミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。
→ www.infoteria.com/

製品に関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
甲斐
E-mail:

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
広報担当:嶋
TEL:03-5718-1297
E-mail:

以上
日時:2006年10月30日 13:00