ニュースプレスリリース

インフォテリア、ソーシャルカレンダーソフトc2talkで 賞金総額100万円の「c2talkカレンダーコンテスト」を開催

CGM※としてのネット上のカレンダーコンテンツの普及を推進

報道発表資料
2007年1月17日
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎)は、ソーシャルカレンダーソフト「c2talk(シー・ツー・トーク)」上で、ユーザーが作成するカレンダーのアイデアや利便性などを競う「c2talkカレンダーコンテスト」を2月1日から開催することを発表します。また同時に、ユーザーが制作するカレンダーコンテンツのクオリティを上げるための「カレンダー制作セミナー」を開催することを発表します。(Webサイト www.c2talk.net/)。

「c2talk」は、カレンダー画面にネット上の様々な情報と社内や個人的な情報をマッシュアップして活用することができるソーシャルカレンダーです。

「c2talk」では、誰もが簡単にカレンダーを作成し、カレンダーギャラリーに公開することが可能です。公開されているカレンダーは、「IPO(新規株式公開)」、「映画公開情報」などのようなイベント情報を手入力したカレンダーや、「天気予報」、「CD/GAME/DVDの発売日」などのようなJavaScriptを使用して情報を自動的に更新するカレンダーがあります。

現在、カレンダーギャラリーには140種類を超えるカレンダーが公開されており、カレンダーのダウンロード数は、50,000件を超えています。インフォテリアでは、「c2talk」をご利用の皆様に、多種多様なカレンダーを制作して公開されることによる、「c2talk」の利便性向上と、インターネット上でのCGM※としてのカレンダーコンテンツの普及促進を狙い、今回のコンテストを開催いたします。コンテストの賞金総額は100万円で、優勝者には50万円の賞金が授与されるほか、分野ごとの特別賞が用意されます。また、コンテストに合わせて、「カレンダー制作セミナー」も開催します。セミナーでは、カレンダー作成のノウハウと、JavaScriptを使用したカレンダー開発などを「c2talk」の開発秘話を交えて紹介します。

【カレンダーコンテスト概要】

募集内容 c2talkで作成したカレンダー
応募期間 2007年2月1日(木)〜3月21日(水)23:00
応募資格 制限なし
審査委員 c2talk運営事務局および協賛各社
結果発表 2007年3月30日(火)
賞金総額 100万円(優勝賞金50万円)
URL www.c2talk.net/rw/events/calcon07/

【カレンダー制作セミナー概要】

テーマ c2talkの紹介とカレンダー制作方法について
日時 2007年2月3日(土)13:30〜16:00(13:00開場)
会場 東京国際フォーラム G607号室
参加費用 無料
対象 c2talkを既にご使用になられている方、カレンダー制作にご興味のある方
定員 30名
URL www.c2talk.net/rw/events/cdm07/
 

※:CGM = Consumer Generated Mediaの略。もともとは、消費者(Consumer)によって作られるメディア(媒体)の意味だが、最近では消費者によって作られるコンテンツそのものを指すことも多い。


「c2talk」について

「c2talk」とは、カレンダー画面にネット上のさまざまな情報と社内や個人的な情報をマッシュアップして活用することができるソーシャルカレンダーソフトウェアで、WindowsおよびMac OS Xに対応しています。「c2talk」は、自分のスケジュールとカレンダー情報を合わせて活用することができるほか、「c2talk」で作成したカレンダーを、特定の人やWeb上に公開することも可能です。「c2talk」のダウンロードは無料で、誰でも自由にカレンダープラットフォームとして活用することができます。


インフォテリア株式会社について

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様な「つなぐ」を実現し、コミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。
→ www.infoteria.com/

製品に関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
甲斐
E-mail:

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
広報担当:嶋
TEL:03-5718-1297
E-mail:

以上
日時:2007年01月17日 11:00