ニュースプレスリリース

インフォテリア、内部統制時代の課題管理サービスを提供する「Topika」をSaaSとして提供

BTM(ビジネス・トピック・マネジメント)でビジネス上の課題、問題をトラッキング

報道発表資料
2007年2月1日
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎)は、BTM(Business Topic Management:企業が直面する様々な問題に関するトピックとその解決までの追跡・管理)を行うためのソフトウェア「Topika(トピカ)」の新版を開発し、本日よりサービスを開始することを発表します。 (Webサイト topika.jp)

企業内で発生する様々な問題は、従来単純なリストで管理されて来ましたが、内部統制、法令順守が企業の重要な課題となるなか、単に問題を解決するだけでなく、問題をどのように解決したか、またその手順がどうであったかを記録し、ルールの逸脱がないか、不正が無いかなどを確認できる仕組みが必要となってきました。インフォテリアが新たに提唱するBTM (Business Topic Management)では、従来のBPMを活用して定型的なプロセスが正しく効率的に運用されるだけでなく、日々発生する問題(ビジネストピック)を、リアルタイムにトラッキングし、かつ統計的にレビューすることを可能にします。

「Topika」は、インターネット上のサービス(SaaS = Software as a Service)として提供されるBTMソフトウェアであり、操作は、すべてブラウザー上で行うことができます。そのため、特別なハードウェアの購入やソフトウェアのインストール作業は一切必要ありません。

「Topika」を使用すると、ソフトウェア開発や、お客様窓口などのように、問題を記録し、その解決過程を個別に記録、監視し、最終的に統計情報も得ることができます。本日から提供を開始する新版では、ソフトウェア開発以外のプロジェクトへの適用を簡単にするために、4つの用途別の定型の設定をあらかじめ用意するとともに、様々な用途で必要となる「予定日」の設定が可能になりました。

「Topika」は、ユーザー数、トピック数無制限の月額45,000円で提供され、いつでも契約、解約が可能となっているため非常に安価にビジネス・トピック・マネジメントを実現することが可能です。


インフォテリア株式会社について

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様な「つなぐ」を実現し、コミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。
→ www.infoteria.com/

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
中嶋 誠
E-mail:

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
広報担当:嶋 かおる
TEL:03-5718-1250
E-mail:

以上
日時:2007年02月01日 11:00