ニュースプレスリリース

ベネトン ジャパン、インフォテリアのASTERIA WARPを採用しイタリア本社のDWHシステムとのデータ連携を実現

〜わずか5週間でシステム構築し、内部統制にも対応〜

報道発表資料
2008年5月14日
ベネトン ジャパン株式会社
住商情報システム株式会社
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、以下インフォテリア)と住商情報システム株式会社(本社:東京都中央区晴海、取締役社長:阿部 康行、以下住商情報システム)は、ベネトン ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:矢口 健二、以下ベネトン ジャパン)のイタリア本社とのデータ変換・配信サーバーに、国内EAI(※1)ソフトウェア市場におけるシェアNo.1(※2)製品であるインフォテリアの『ASTERIA WARP』が採用され運用を開始したことを下記の通りお知らせいたします。

世界120 カ国、およそ5000 店舗にまで規模を拡大し、ワールドワイドでビジネスを展開しているベネトングループは、各店舗から集まる販売情報をXMLフォーマットでイタリア本社に集約し、大規模なDWH 環境を構築しています。
日本法人であるベネトン ジャパンも、会計システム刷新が終わった2007 年のタイミングで、直営店から集められる販売情報をイタリア本社DWHに配信するシステム構築に着手することになりました。

ベネトン ジャパンではデータ変換・配信サーバーにASTERIA WARPを採用し、2007年11月15日にシステム構築に着手、同年12月25日にシステム稼働を致しました。
開発工数わずか5週間という短期間でのシステム稼働を実現致しました

「システム構築に際し、パッケージ導入だけでなく自社開発も視野にいれていましたが、柔軟性のあるデータ連携のデファクトを作るという意味でASTERIA WARP に期待するものが大きかった」と管理本部システムDivision部長の大網東市氏。「今回の仕様にあわせるだけなら、自社開発のほうがコスト的には安価にできるという試算も出ていました。しかし、メンテナンス性が悪く汎用性のないシステムを作ることは、拡張性を考慮する意味で避けたいと考えたのです。本社との連携のみならず、様々な場面で同様のデータ連携を迫られる場面が今後も必ずあるはずです。その場しのぎのシステム投資を選択せずに、拡張性の高いシステムを構築することに決めました。」
また、今後の展望として、IT による内部統制に積極的に取り組んでいるベネトン ジャパンは、システム連携の中核であるASTERIA WARP をデータの検証作業に使うことで、内部統制におけるモニタリング作業の負荷軽減に役立てる予定です。

本システムのサポートは、インフォテリアのソリューションパートナーでASTERIAをベースとしたシステム構築において多数の実績を持つ、住商情報システムが手掛け、わずか5週間という短期間でのカットオーバーを成功させました。

住商情報システムでは、サポートを行う上でいかに迅速に、かつ質の高い対応ができるかということがお客様に満足頂ける最大のポイントと考えています。迅速に対応するために一次窓口の設置や技術データベースを駆使するだけでなく、長年にわたる数多くのシステム連携基盤構築により蓄積された技術ノウハウという最大の強みを活かした質の高いサービスを提供しています。

インフォテリアと住商情報システムは、柔軟なシステム構築が可能なASTERIAにより、変化に強いシステム構築やスピーディーなシステム構築を必要とする企業に対し、今後もそのニーズを満たすソリューションを提供してまいります。

■詳細は下記URLをご参照ください。
 →www.infoteria.com/jp/product/asteria/case/c024

※1エンタープライズアプリケーション統合/企業内の複数のコンピュータシステムを連携

※2「2007年ソフトウェアマーケティング総覧」(テクノシステムリサーチ社)による


ASTERIA WARPについて

ASTERIA WARPは、企業内外に散在する多くのシステムを「つなぐ」データ連携ミドルウェアで、現在EAI市場で国内シェアNo.1の製品です。処理内容を組みこんだアイコンを並べ、連結することで数多くのシステムとの連携を行います。各種データベースやWeb、多種フォーマット間をはじめとして、ExcelやPDF、メールなど業務上頻繁に使われるツールにも対応しており、様々なシーンで業務効率化とコスト削減を実現させます。


ベネトン ジャパン株式会社について

イタリアならではのデザイン性の高い色彩豊かな商品を提供するベネトングループS.p.Aの日本法人として1985年に設立。日本国内で約140 店舗を展開しており、アパレルやスポーツブランドの卸売からライセンス管理を行う。
【 本社所在地 】 東京都渋谷区神宮前4丁目3番10号
【 URL 】 www.benetton.co.jp/

住商情報システム株式会社について

住商情報システムは、1969年の設立以来、各産業界における長年の豊富な実績と、業務ノウハウの蓄積を活用し、日本国内外のお客様の個別ニーズに柔軟に対応し、総合的なソリューションを提供しております。
業種ごとの専門知識をベースに顧客の個別ニーズに対応したシステム・アプリケーションを提供する業務系ソリューション事業、自社開発パッケージソフトを中心としたERPソリューション事業、ITインフラを構築するプラットフォームソリューション事業等の戦略的事業領域に強みを持ち、お客様の個別ニーズとビジネス環境に最も適合した真に有用なIT製品・サービスをご提供いたします。
【 本社所在地 】 〒104-6241 東京都中央区晴海1丁目8番12号
【 URL 】 www.scs.co.jp/

インフォテリア株式会社について

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様なコミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。主力製品の「ASTERIA」は大企業、中堅企業を中心に470社以上(2008年3月末現在)の企業に導入されています。
【本社所在地】 〒140-0014 東京都品川区大井1丁目47番1号 NTビル10F
【 URL 】 www.infoteria.com/

本リリースに関するお問い合わせ先

ベネトン ジャパン株式会社
渡辺 教子
TEL:03-5474-7089

本リリースに関するお問い合わせ先

住商情報システム株式会社
栗岡 直子、鵜木 利治
TEL:03-5166-1150

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
マーケティング部 嶋 かおる
TEL:03-5718-1297

以上
日時:2008年05月14日 11:00