ニュースプレスリリース

WOWOWコミュニケーションズがインフォテリアの「ASTERIA」を採用しCRMやCMSなど複雑化するシステム連携を円滑化

~ASTERIA が戦略的なコンタクトセンターの根幹業務を支える~

報道発表資料
2008年5月15日
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853)は、株式会社WOWOWコミュニケーションズのコンタクトセンターの根幹業務システムのデータ連携に国内EAI※ソフトウェア市場におけるシェアNo.1※製品であるインフォテリアの『ASTERIA』が採用されたことを発表します。

株式会社WOWOWコミュニケーションズは、衛星放送局WOWOWのカスタマーセンターとして業務を開始し、そのノウハウを結集して設立されました。同社では、電話やFAX、インターネットなど時代に応じた各種メディアの特性を活かし、テレマーケティングサービスやコンタクトセンター運営を行っています。そのCRM※システムやCMS※などをつなぐシステム基盤にASTERIAが活用され戦略的なコンタクトセンターを構築しました。

同社のICTシステムインテグレートサービスDiv.の小笠原徳夫サブゼネラルマネージャーは、「以前は顧客や社内のレポート作成のためだけにスーパーバイザーの貴重な時間を毎日3時間あまり割かねばならないほど困難を極める作業だったこともあり、コンタクトセンター業務の中核を担うCRMシステムとしての効率化が図れていなかった状況が続いていました。さらに、電話による応対履歴を管理するCMSデータが毎日数百MBあまりに達していたこともあり、このデータを活用して顧客情報を分析するDWHの仕組みも必要になっていました。そこで、業務全般を効率化できる柔軟なシステム連携基盤の構築を行いました。」と述べられました。

インフォテリアは、これからもデータ連携をはじめシステム連携そしてマスターデータ連携を含むシステム構築やそのニーズを満たすソリューションを提供してまいります。

■詳細はインフォテリアのサイト内 導入事例をご参照ください。
 →www.infoteria.com/jp/product/asteria/case/c025


インフォテリア株式会社について

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様なコミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。主力製品の「ASTERIA」は大企業、中堅企業を中心に470社以上(2008年3月末現在)の企業に導入されています。
【本社所在地】 〒140-0014 東京都品川区大井1丁目47番1号 NTビル10F
【 URL 】 www.infoteria.com/

※Infoteria およびインフォテリアは、インフォテリア株式会社の商標です。ASTERIAは、インフォテリア株式会社の登録商標です。

※本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

※テクノシステムリサーチ社「2007年ソフトウェアマーケティング総覧」。

※EAI = Enterprise Application Integrationの略

※CRM = Customer Relationship Managementの略

※CMS = Call Management Systemの略

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
広報担当 : 嶋 かおる
TEL:03-5718-1297
FAX:03-5718-1261
E-mail:

以上
日時:2008年05月15日 11:00