ニュースプレスリリース

マックス株式会社 ASTERIA WARPによるメールEDIシステムが業務プロセスに革命を起こす

〜自動化による効能!作業工数を最大90%も削減〜

報道発表資料
2008年11月11日
住商情報システム株式会社
インフォテリア株式会社

住商情報システム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:阿部 康行、以下住商情報システム)とインフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、以下インフォテリア)は、マックス株式会社(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役社長:三井田孝嗣、以下マックス)におけるEDIシステムに、データ連携に関する国内EAI※ ソフトウェア市場におけるシェアNo.1※ 製品であるインフォテリアの「ASTERIA WARP」を導入し、システムの本番稼動を開始したことを下記のとおりお知らせいたします。



マックスは、徹底した顧客主義により、国内シェア約75%のホッチキス、世界シェア約80%のオートステープラ(複写機内蔵電子ホッチキス)をはじめ、住宅建築用釘打機、電気式浴室暖房・換気・乾燥機など、ロングセラー・トップシェアの商品やサービスを市場に送り出し、お客様から支持を得ているツールメーカーです。
グローバルなメーカーとして海外展開を図る同社は、取引先との受発注や、流通業者に対する入出庫管理などの業務が多く、このような業務をできるだけ効率化することを望んでいました。そこで、データ連携において実績が多く、柔軟性に優れた「ASTERIA WARP」を導入し、メールEDIシステムを構築いたしました。

ASTERIA WARPを利用することで、メールEDIシステムにおいて以下の業務プロセスの効率化を図りました。

  • 取引の受注から発注までの一連のプロセスを自動化
  • 海外倉庫の入出庫・在庫管理をメールで自動化
  • 検収・請求データの突合の自動化

これらの効果として、メールEDIシステムを使って自動化することにより、ある取引先に対してこれまで月平均160枚の伝票を約25時間かけて手作業で入力していたものが、確認作業だけで済むようになりました。また、取引先検収データとマックス側請求データの突合業務における効果は、ある取引先の場合では従来8時間ほど要していた作業が約50分に短縮され、最大90%の工数削減を実現いたしました。

「今後も引き続き、海外の流通システムや、受発注のEDI化など、現状システムの拡張を視野に入れて、全般的にメールEDIを進めていく方向であると同時に、現場サイドに立って業務プロセスを把握したうえで、ASTERIA WARPというツールでどのような新しい使い方を実現していくか、さらなる適用範囲を考えていきたい」とマックス株式会社生産本部室長兼システム統括部担当部長の樋口浩一氏は語りました。

ASTERIA WARPの導入にあたり、EDI/EAI分野で多数の実績があり、サポート体制も充実していた住商情報システムを代理店として選択しました。同社はASTERIAのマスターパートナーであり、EDI/EAI分野における豊富なノウハウをもとに提案を行っています。今回、マックスのデータ連携に対するニーズに住商情報システムの経験が合致し、ASTERIAの導入に至りました。

住商情報システムとインフォテリアは、柔軟なシステム構築が可能な「ASTERIA WARP」により、変化に強いシステム構築やスピーディーなシステム構築を必要とする企業に対し、今後もそのニーズを満たすソリューションを提供してまいります。

詳細は下記URLへ(インフォテリアホームページ内、導入事例掲載ページへリンクします)
www.infoteria.com/jp/product/asteria/case/c028/

「ASTERIA」について

ASTERIA WARPは、企業内外に散在する多くのシステムを「つなぐ」データ連携ミドルウェアで、現在EAI市場で国内シェアNo.1の製品です。処理内容を組みこんだアイコンを並べ、連結することで数多くのシステムとの連携を行います。各種データベース、Web、多種フォーマット間をはじめとして、ExcelやPDF、メールなど業務上頻繁に使われるツールにも対応しており、様々なシーンで業務効率化とコスト削減を実現させます。


住商情報システム株式会社について

住商情報システムは、1969年の設立以来、各産業界における長年の豊富な実績と、業務ノウハウの蓄積を活用し、日本国内外のお客様の個別ニーズに柔軟に対応し、総合的なソリューションを提供しております。
業種ごとの専門知識をベースに顧客の個別ニーズに対応したシステム・アプリケーションを提供する業務系ソリューション事業、自社開発パッケージソフトを中心としたERPソリューション事業、ITインフラを構築するプラットフォームソリューション事業等の戦略的事業領域に強みを持ち、お客様の個別ニーズとビジネス環境に最も適合した真に有用なIT製品・サービスをご提供いたします。
【本社所在地】 〒104-6241 東京都中央区晴海1丁目8番12号
【URL】 www.scs.co.jp/

インフォテリア株式会社について

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様な「つなぐ」を実現し、コミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。主力製品の「ASTERIA」は大企業、中堅企業を中心に470社以上(2008年3月末現在)の企業に導入されています。
【本社所在地】 〒140-0014 東京都品川区大井1丁目47番1号 NTビル10F
【URL】 www.infoteria.com/

※Infoteria およびインフォテリアは、インフォテリア株式会社の商標です。
※ASTERIAは、インフォテリア株式会社の登録商標です。
※本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。
※テクノシステムリサーチ社「2007年ソフトウェアマーケティング総覧」

製品・サービスに関するお問合せ先

住商情報システム株式会社
ITエンジニアリング事業部 ミドルウェアソリューション部
TEL:03-5166-1320

本リリースに関するお問い合わせ先

住商情報システム株式会社
広報・IR 部 栗岡 直子、臼田 真織
TEL:03-5166-1150

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
広報・IR 部 嶋 かおる
TEL:03-5718-1297

以上
日時:2008年11月11日 10:30