ニュースプレスリリース

インフォテリア、付箋共有サービス「lino」のAndroidアプリを提供開始

〜 パソコン、iPhone、iPadに加えてAndroidからもlinoを利用可能に 〜

報道発表資料
2012年5月8日
インフォテリア株式会社

 インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853)は、付箋共有サービス「lino(リノ)」をAndroid 搭載のスマートフォンやタブレット端末からも利用できるようにするアプリのベータ版を、Google Playで提供開始したことを発表致します。

 linoは付箋や写真を貼る場所(キャンバス)をクラウド上で提供するサービスです。日本国内のみならず米国を筆頭に海外100ヶ国以上で利用されており、約70%が海外の利用者です。

 今回の Android アプリの提供開始により、すべてのlinoユーザーは、PC、iPhone、iPadだけでなく、Android搭載のスマートフォンやタブレット端末からもlinoをご利用頂けます。このベータ版を多くのお客様にお試しいただいた後、ご意見やご要望を反映した正式版をご提供する予定です。

 Androidアプリでは付箋やキャンバスをダブルタップやピンチ操作で拡大、縮小するといった操作も自由自在に行えます。外出中に思いついたアイデアをスマートフォンから貼る、自宅のPCでアイデアを並べ替えて整理する、イベントで撮った写真を仲間と共有するなど、さまざまな場面でlinoを活用いただけます。

 ・アプリ名称 : lino – 付箋と写真を共有しよう!
 ・ Google Play URL : play.google.com/store/apps/details?id=com.linoit.lino
 ・ 価格 : 無料
 ・ スクリーンショット:blog.linoit.com/ja/2012/05/08/android-app/



インフォテリア株式会社について

 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。
 主力製品の「ASTERIA」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に2,700社以上(2011年12月末現在)の企業に導入されています。
 また、パソコン上のデジタル文書を、クラウド経由でiPhone/iPad/Androidなどのスマートフォン、タブレットに配信するサービス「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料など、あらゆる業務文書をタブレットで持ち歩くツールのスタンダードとして多くの先進企業や公共機関で採用されています。
【 ホームページ 】 www.infoteria.com/

lino について

 linoは付箋や写真を貼る場所(キャンバス)をクラウド上で提供するサービスで、PCのブラウザやiPhone/iPadアプリ、Androidアプリから無料でご利用いただけます。付箋の感覚で、メモややること(タスク)、写真、動画、ファイルをキャンバスに貼って整理したり、グループでアイデアなどを共有することが可能です。日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語をサポートし、世界中でご利用頂いています。※ iPhone/iPad アプリ、Androidアプリは、現時点において日本語と英語のみサポート。
【 ホームページ 】 ja.linoit.com/


※ Infoteriaおよびインフォテリアは、インフォテリア株式会社の商標です。
※ HandbookおよびASTERIAはインフォテリアの登録商標です。
※ Android、Google Playは、Google Inc.の登録商標です。
※ 本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
広報担当:嶋 かおる
TEL:03-5718-1297
FAX:03-5718-1261
E-mail:

製品に関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社 プロダクトマネージメント部
製品担当 : 松村 宗和
TEL:03-5718-1250
FAX:03-5718-1261
E-mail:

以上
日時:2012年05月08日 11:30