ニュースプレスリリース

労務管理クラウド「SmartHR」と社内の既存システムをノンプログラミングで連携。SmartHRのAPIをラッピングしデータ連携を手軽に実現するSmartHRアダプター提供開始

SmartHRに蓄積された社員マスタと社内システムを連携し労務管理業務効率の更なる向上へ!

報道発表資料
2019年3月29日
アステリア株式会社
株式会社信興テクノミスト

 アステリア株式会社(旧:インフォテリア株式会社、本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下 アステリア)と株式会社信興テクノミスト(本社:東京都品川区、代表取締役:池野大助、以下 信興テクノミスト)は、国内 EAI/ESBソフトウェア市場で12年間シェアNo.1※1を継続している「ASTERIA Warp(アステリアワープ)」と労務管理クラウドにおいてシェアNo.1※2のSmartHR(提供元:株式会社SmartHR)との連携機能を担う専用アダプターの提供を2019年3月29日より開始します。

SmartHRアダプターを使った連携イメージ図

連携イメージ

SmartHRアダプター開発の背景

 SmartHRは、企業が行う社会保険・労働保険の手続きの自動化を目指す労務管理クラウドです。役所への申請もWeb上から可能になるなど、煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から人事労務担当者を解放しています。こうした特長を持つSmartHRは、2015年のリリースからわずか3年で約19,000社に導入されています。社会保険・労務管理の手続きは、手書きでの書類作成や押印・郵送など、煩雑で手間のかかる方法を強いられてきましたが、どの企業でも必要となるアナログな手続きの自動化を実現し今後の更なる導入が見込まれています。

 幅広い業種の企業への導入が進む一方で、SmartHRに蓄積された社員マスタ等の各種データを既存の社内システムとも連携し更なる業務効率を図りたいというニーズが高まっています。信興テクノミストではこのニーズに対応するために、APIをラッピングしアステリアが提供するASTERIA Warpを介してノンプログラミングでSmartHRと社内の既存システムとの自動連携を実現する「SmartHRアダプター」を開発しました。月額課金のクラウドサービスとの連携アダプターであることから、SmartHRアダプターも月額のサブスクリプションとなりますので手軽な導入が可能です。

SmartHRアダプターの概要

【主な機能】

アイコン機能名内容
SmartHRCrewsGetSmartHRCrewsGetSmartHR から従業員情報を取得します
SmartHRCrewsPutSmartHRCrewsPutSmartHR へ従業員情報を登録・更新します

【販売価格】

「SmartHRアダプター」1ライセンス:15,000円/月額(税別)

今後のASTERIA Warpビジネスの展開

 アステリアのASTERIA Warpは順調な拡大を継続しており、現在の導入社数は7,500社を突破するとともに、企業データ連携市場(EAI/ESB)では12年連続シェアNo.1を継続し、業界のリーディングカンパニーとしての地位を更に強固なものにしています。 今後もASTERIA Warpの多様なデータソースとの連携機能を様々な業界に拡販するとともに社会の要請に応じた機能強化を継続することでオフィス業務の効率化・自動化を実現。さらには、業務プロセスの省力化や残業時間の削減など、働き方改革の推進にも貢献していくことで、ASTERIAシリーズ全体での国内市場シェアを50%以上(出荷数量ベース・2020年)に高める目標を掲げています。

エンドースメント

  •  クラウド人事労務ソフト「SmartHR」は、人事労務業務をシンプルにするサービスを提供し、新興企業から大手企業まで、業種や従業員規模問わず幅広くお使いいただいております。このたび開発された「SmartHRアダプター」によって、ASTERIA WarpおよびSmartHRをお使いの企業様が煩雑でアナログな作業から解放され、より価値のある業務に集中できることを期待します。

    株式会社SmartHR
    取締役 最高執行責任者
    倉橋 隆文



「SmartHR」について( Webサイト smarthr.jp/

 SmartHRは、企業が行う社会保険手続きや雇用契約などをカンタンに行えるクラウド人事労務ソフトです。総務省が提供するe-GovAPIと連携し、Web上から役所への申請を可能にし、煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から経営者や人事担当者を解放します。
開発・運営を行う株式会社SmartHRは、経済産業省が推進するユニコーン企業を創出することを目的とした「J-Startup企業」に採択されています。

「ASTERIA Warp」について(Webサイト www.asteria.com/jp/asteria

 EAI/ESB製品の国内市場において12年連続シェアNo.1製品である「ASTERIA Warp シリーズ」は、異なるコンピューターシステムのデータを、ノン・プログラミングで連携できるASTERIA Warpを主力製品とするミドルウェアです。メインフレームやクラウド上のサーバーから表計算ソフトまで、様々なシステム間の接続とデータの変換を行うロジックを複雑なプログラミングなしで行えることが評価されています。
ASTERIA Warp Coreは、ASTERIA Warpの厳選された機能を初期費用0円、月額30,000円からのサブスクリプション形式で「手軽」にご利用いただけます。様々なシステムやサービスと迅速に連携することで業務自動化やデータ活用を実現します。

「株式会社信興テクノミスト」について( Webサイト www.shinko-1930.co.jp/

 信興テクノミストはIT企業です。世の中がもっと便利になるよう「常にお客さまの期待を超えるサービスを提供するITトータルソリューションカンパニーであり続ける」という経営ビジョンを掲げて日々活動しています。創業は1930年。コンピューターが存在しなかったころから常にチャレンジを続けることができたのは、私たちの「らしさ」があるからだと考えています。

「アステリア株式会社」について( Webサイト www.asteria.com/

 アステリア株式会社(2018年10月にインフォテリアから社名変更)は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の「ASTERIA Warp」は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に7,575社(2018年12月末現在)の企業に導入されています。また、「Handbook」は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,483件(2018年12月末現在)の企業や公共機関で採用されています。

※1:テクノ・システム・リサーチ社「2018年ソフトウェアマーケティング総覧EAI/ESB市場編」
※2:ミック経済研究所「HRTechクラウドの実態を展望 2018年度」

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

アステリア株式会社
広報・IR室:長沼史宏
TEL:03-5718-1297
FAX:03-5718-1261
E-mail:

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】

アステリア株式会社 エンタープライズ本部
営業推進部:東出 武也
TEL:03-5718-1250
FAX:03-5718-1261
E-mail:

以上
日時:2019年03月29日 15:00

アステリア、ASTERIA、Handbookはアステリア株式会社の登録商標です。
その他記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。