ニュースプレスリリース

『星野リゾート』が海外システム連携基盤に『ASTERIA Warp Core』を採用
海外展開で複雑になりがちな連携基盤構築の超高速開発を実現 2人月→2人日に

~ 日本国内の自社採用システムと海外進出先の現地システムをノンコーディングで連携 ~

報道発表資料
2019年11月11日
アステリア株式会社
CData Software Japan合同会社

 アステリア株式会社(旧:インフォテリア株式会社、本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下 アステリア)と、CData Software Japan合同会社(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員:疋田圭介、以下 CData Software)は、星野リゾート(本社:長野県軽井沢町、代表:星野佳路、以下 星野リゾート)の海外展開にあたり、EAI/ESB製品の国内市場において13年連続シェアNo.1製品であるASTERIA Warpシリーズのサブスク版『ASTERIA Warp Core』およびCData Software製の連携ドライバー『JDBC Drivers for QuickBooks Online』を採用したことを発表します。

イメージ

2019年夏に開業した「星のやグーグァン」@台湾 台中市

ASTERIA Warp Core導入の背景

 企業が海外進出をする際に直面する課題として、国内拠点(本部)と海外拠点のシステムが異なるため、相互のシステム連携が複雑となる点が挙げられます。星野リゾートでは2017年のインドネシア進出、今年の6月30日にオープンした『星のやグーグァン』(台湾台中市)において、進出先が増えることによるシステム連携の複雑化。国・地域ごとの個別開発によるシステムの属人化などの懸念が発生する中で、会計システムの連携や、開発リソースについて以下の3つの課題がありました。


    台湾進出時に挙げられた開発の3つの課題
  • 4か月という短期の開発期間
  • グローバル会計基準採用による現地ホテルシステムと会計システム間における連携仕様の不明確
  • 「顧客体験価値創造のために集中投与する」という社内開発リソースポリシーにより本案件に割けるエンジニア工数が0であること

 そこで星野リゾートは、よりシームレスかつGUIの面でも簡便な連携基盤の開発形態と、3つの課題解決を満たすシステム開発に、ASTERIA Warp Coreと海外で著名な会計ソフト『QuickBooks』を採用しました。また、QuickBooksとASTERIA Warp Coreの連携にはCData Software製の『JDBC Driver for QuickBooks Online』を採用することで、QuickBooks APIを直接呼び出すための複雑な手続きが不要となり、プログラミング経験のない社員でも開発が可能となりました。

イメージ

ASTERIA Warp Coreによる連携の概要

ASTERIA Warp Core の導入効果

 本システム連携では、プログラミング経験のない社員が開発を担当。過去に2人月かかっていたシステム連携基盤の開発を、2人日という超高速開発で『星のやグーグァン』オープン予定の1ヶ月前に完成させました。また、今後新たに海外の宿泊施設をオープンする際には、ホテルシステムの差異部分修正にかかる工数(1~2人日)のみの開発作業で完了する予定です。


エンドースメント

  •  今後は、人事・経理担当者にもASTERIA Warp Coreの利用を広げ、業務を最も理解している人が最適なシステムを自身の手で構築できるようにする予定です。これにより業務部門にとってはより使いやすいシステム構築が可能となり、また社内エンジニアにとってはインフラシステムのサポートから離れ、より顧客体験価値創造のための高度な開発に集中できるようになると考えています。

    株式会社星野リゾート グループ情報システム ユニットディレクター:久本映司 氏

     JDBC Drivers for QuickBooks Onlineの利用については、CData Softwareの日本人のエンジニアにサポートいただき、スムーズに使い始めることができました。RDBと同じ操作感でアクセスできるので、外部ドライバーを使っているという印象はなかったです。QuickBooksの備考欄までASTERIA Warpから扱えるため、おかげで経営レポートには明細情報をすべて盛り込むことができました。

    株式会社星野リゾート グループ情報システム プロジェクトマネージャー:梶原良介氏

今後のASTERIA Warp ビジネスの展開

 アステリアのASTERIA Warpは順調な拡大を継続しており、現在の導入社数は8,176社を突破するとともに、企業データ連携市場(EAI/ESB)では13年連続シェアNo.1を継続し、業界のリーディングカンパニーとしての地位を更に強固なものにしています。 今後もASTERIA Warpの多様なデータソースとの連携機能を様々な業界に拡販するとともに社会の要請に応じた機能強化を継続することでオフィス業務の効率化・自動化を実現。さらには、業務プロセスの省力化や残業時間の削減など、働き方改革の推進にも貢献していくことで、ASTERIA Warpシリーズ全体での国内市場シェアを50%以上(出荷数量ベース・2020年)に高める目標を掲げています。

※ テクノ・システム・リサーチ社「2018年ソフトウェアマーケティング総覧EAI/ESB市場編」



『アステリア株式会社』について( Webサイト www.asteria.com/

 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたアステリア株式会社(2018年10月にインフォテリアから社名変更)は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品の『ASTERIA Warp』は、異なるコンピューターシステムのデータをプログラミングなしで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に8,176社(2019年9月末現在)の企業に導入されています。また、『Handbook』は、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,545件(2019年9月末現在)の企業や公共機関で採用されています。

『CData Software Japan合同会社』について(Webサイト www.cdata.com/jp/

 CData Software, Inc. は、See the World as a Database をミッションに、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、Web API へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

『ASTERIA Warp』について(Webサイト www.asteria.com/jp/asteria

 EAI/ESB製品の国内市場において13年連続シェアNo.1製品であるASTERIAシリーズは、異なるコンピューターシステムのデータを、ノンプログラミングで連携できるASTERIA WARPを主力製品とするミドルウェアです。メインフレームやクラウド上のサーバーから表計算ソフトまで、様々なシステム間の接続とデータの変換を行うロジックを複雑なプログラミングなしで行えることが評価されています。
『ASTERIA WARP Core』は、ASTERIA WARPの厳選された機能を初期費用0円、月額30,000円からのサブスクリプション形式で「手軽」にご利用いただけます。様々なシステムやサービスと迅速に連携することで業務自動化やデータ活用を実現します。

『JDBC Driver for QuickBooks Online』について

 (Webサイト www.cdata.com/jp/drivers/qbonline/
 JDBC Driver for QuickBooks Online は、海外で人気のクラウド会計サービスであるQuickBooks Online に標準SQL でのアクセスを可能にするピュアJava、Type 4/5 のJDBC Driver です。各種ETL、レポーティング、BI ツールやJava カスタムアプリケーションからQuickBooks へのシームレスなデータ連携に利用されています。


星野リゾートによる具体的な導入事例はこちらのサイトで紹介しています。
www.asteria.com/jp/warp/case/c_hoshinoresorts/

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】

アステリア株式会社
広報・IR室:長沼史宏
TEL:03-5718-1297
FAX:03-5718-1261
E-mail:

【製品に関するお問い合わせ先】

アステリア株式会社
エンタープライズ本部 マーケティング部:東出 武也
TEL:03-5718-1250
FAX:03-5718-1261
E-mail:

以上
日時:2019年11月11日 11:30

アステリア、ASTERIA、Handbook、Platioはアステリア株式会社の登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。