資料ダウンロード・動画視聴

資料ダウンロード:マスターデータ管理における 「マスターハブ型」という現実解

マスターデータ管理における
「マスターハブ型」という現実解


コンテンツ紹介(一部抜粋)

01. はじめに-マスターデータ管理とは?
02. 決め手に欠いた従来のマスターデータ管理
2-1:米国にみるMDMの動向(1)
   データ量の増加が大きな障壁に
2-2:米国にみるMDMの動向(2)
   広範なシステム連携が難易度を高める(3)
2-3:米国にみるMDMの動向
   「シングル・インスタンス」になり切れない現実
03. 「マスターハブ型」という現実解
3-1:マスターハブ型MDMの特長(1)
   異種混在環境での連携を可能にする
3-2:マスターハブ型MDMの特長(2)
   分散化と一元化の条件を両立させる
3-3:マスターハブ型MDMのメリット(1)
   SaaSを含め、接続先を柔軟に切り替える
3-4:マスターハブ型MDMのメリット(2)
   段階的な統合というアプローチ
04. 日本の現状-マスターデータの急増と目立つバラツキ
05. おわりに-日本企業はマスターハブ型MDMの早期着手を

お申し込みフォームの完了画面より資料をダウンロードできます。

アステリアの製品・サービスに関する資料送付をご希望の方は、以下の資料請求フォームよりお申込ください。
ご希望の資料を後日、担当者よりご送付させていただきます。

以下の【個人情報保護に関する方針(プライバシー・ポリシー)】をご確認、ご同意の上、必要事項をご記入ください。
個人情報保護に関する方針(プライバシーポリシー)へ 

お申し込みフォーム