ASTERIA Warp Core

RPAで業務を自動化

労働時間の削減生産性向上を実現

定型業務はソフトウェア・ロボットが代行!
月額3万円から、今すぐ始められる RPA

※RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、ホワイトカラーの人手によるパソコン操作をソフトウェアを用いて自動化すること。オフィス業務をあたかもロボットが代行するかのようにソフトウェアが処理を行うことを言います。

こんな定型業務に、時間を取られてませんか?

  • 経費精算
    資料作成などの
    Excel業務
  • CRMや名刺管理
    サービスからの
    WEBデータ取り込み作業
  • 売上分析データの
    取得や
    レポート作成業務

定型業務はソフトウェア・ロボットが代行!
オフィス業務を自動化し、働き方改革を実現

\ このような定型業務を自動化できます /

  • WEBからの
    情報取得
  • フォーマット
    変換
  • レポート作成
  • メール配信
  • ファイル結合
  • データ集計
  • データ抽出
  • ファイル共有

月額3万円から始めるRPA

国内No.1のデータ連携ツール「ASTERIA Warp」は、7,000社以上の導入実績を持つ
”ノン・プログラミング” のビジネスオートメーションプラットフォームです。

No.1データ連携ツール「ASTERIA Warpの特長」を見てみる

「ASTERIA Warp Core」は、
その高速かつ簡単にフロー作成が可能な「ASTERIA Warp」の機能を厳選した、
”カンタン操作”&”お手頃価格”の業務自動化ツールです。
  • カンタン操作

    豊富な導入実績のあるASTERIA Warpの機能を厳選。
    シンプルでカンタンな操作を実現。

    カンタン操作
    フロー作成画面
  • 本格的な変換処理

    データの入れ替え、変換、計算などの処理を簡単作成

  • 連携テンプレート

    利用頻度の多い連携処理をテンプレートとして多数ご用意。データ連携がすぐに実行可能

    テンプレートってどんなのがあるの?
  • スケジュール実行

    定期実行の他、自由に休日設定できるカレンダーに合わせて自動実行

  • 高いシステムとの親和性

    既存システムを生かした連携で開発・教育コストを削減しつつ、強化が可能

  • 豊富な接続先

    Office365やG Suite,Twitterなど様々な要望に合わせたアダプターをご用意。簡単にデータ連携を実現

    アダプターってどんなのがあるの?
  • オンラインアップデート

    セキュリティ対応や機能追加などのアップデートはオンライン更新により常に最新版の利用が可能

RPA/業務自動化を実現した導入事例

株式会社フォーバルテレコム(ロゴ)

[株式会社フォーバルテレコム]

WinActorとASTERIA Warpを連動。フロントからバックエンドまでの業務を完全自動化しRPAを実現!

手作業で行っていた月末月初の業務をロボット化し作業時間を大幅削減、作業ミスも防止

株式会社サイバーエージェント(ロゴ)

[株式会社サイバーエージェント]

kintone x ASTERIA Warpで管理部門の業務効率を大幅に改善!

株式会社ベネフィット・ワン(ロゴ)

[株式会社ベネフィット・ワン]

ASTERIA Warpで業務の自動化を実現

「お手頃価格」でRPAが今すぐスタートできます

用途に合わせて2つのエディションをご用意。

ASTERIA Warp
Core
ASTERIA Warp
Core +
ファイル連携
データ変換
REST 連携
データベース連携
メール受信・送信
価格30,000円~ / 月60,000円~ / 月

ASTERIA Warp Coreは、
さまざまな定型業務を自動化します!

RPA始める前にまずチェック!
おすすめ資料ダウンロード

【RPA最前線】従来OCRの課題を解決!「学習型データ抽出技術」が実現するさらなる自動化 ホワイトペーパー

【RPA最前線】従来OCRの課題を解決!「学習型データ抽出技術」が実現するさらなる自動化

1.業務効率化の担い手として注目される「RPA」
2.RPAとの連携に有効な「OCR」の世界
3.なぜOCRが活かしきれないのか
4.これまでのデータエントリーにおける課題
5.座標定義をしないデータ抽出技術
6.RPA化を阻む、もう1つの要因「データ精度の担保」
7.マスター照合に威力を発揮するEAI
8.RPA導入の理想的なシステム連携 ダウンロード

情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ ホワイトペーパー

情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ

~RPA導入の必須ポイントは人事視点と情報システム視点の両面にあり~

RPA(Robotic Process Automation)は、投資対効果を発揮するツールとして各業界から期待されており、すでに多くの企業がRPAの導入検討を進めている。しかし、実際のRPAプロジェクトを見ると、“どんな業務でも自動化できる魔法のツール”という誤解が広がっており、特に情報システム部門が主導するRPAプロジェクトは、かなりの確率で炎上しているケースが見られる。今回は、そんなRPAの誤解を解き、その本質を理解しながら、有効活用するための方策とその取り組み方について解説していく。 ダウンロード

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。