ASTERIA Warp導入事例:
株式会社メディアドゥ

株式会社メディアドゥ

RPAツール「BizRobo!」と
「ASTERIA Warp」で業務自動化範囲を拡張

[株式会社メディアドゥ]

業種:
情報通信業
利用シーン:
業務自動化
連携製品:
BizRobo!, アマゾン ウェブ サービス

電子書店の膨大なデータチェック業務やクラウドDWHへのデータアップロード処理をエンドツーエンドで自動化!

株式会社メディアドゥは、“ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ”届けること、それにより著作者に出来るだけ多くリターンし、世の中に良質な作品が生まれ続けるという“著作物の健全なる創造サイクルの実現”を目指している。メイン事業のひとつである電子書籍取次事業では1,700社を超える出版社の作品を取り扱い、150店以上の電子書店向けに電子書籍ファイル・書誌情報の提供や販売状況の管理などを行っている。

それらの業務では手作業も多く、コンテンツ数の増加に伴い従業員に大きな負担がかかるため、今後益々業容が拡大した場合、業務クオリティを担保しつづけることが難しくなる可能性も出てくる、という課題があった。それらの課題を解決するため、RPAツール「BizRobo!」を導入し単純作業をロボット化する事を検討した。導入に際し、さらに効果を高めるため、基幹システム間のデータ連携に導入していたASTERIA Warpを活用しBizRobo!と組み合わせることにより、業務自動化範囲の拡張を実現した。

課題

  • “目視”によるチェック業務
    取引先の電子書店に対し、新刊やキャンペーンによる価格変更などの情報が正しく反映されているかを目視で確認していた。変更項目は月30万件を超えるため、人的ミス抑制のための工数増加が課題となっていた。
  • ロボットに付与されるアクセス権限
    同社では、ロボットと言えど、セキュリティ面の対策によりアクセスできない基幹システムのデータ領域があった。
  • BIツール/DWHへのデータ収集
    アマゾン ウェブ サービス(AWS)上に構築したBIツールへデータ連携方法を検討していた。

導入

  • WarpとBizRobo!の組み合わせ
    BizRobo!が得意なWebサイトのデータ収集作業をロボット化。収集したデータの確認処理などデータ処理はWarpを利用することで自動化処理を効率化。
  • ロボットのアクセス権限を最小化
    基幹システムにある情報はWarpが取得し、BizRobo!用のデータベースを介すことでロボットのアクセス可能データを制御。
  • AWSアダプターによる一元開発
    データ収集・加工・TSV変換・圧縮・S3へのアップロード・Amazon Redshiftへの登録(コピー)という一連の処理をWarpで実装。 AWSアダプターを使うことで視覚的にもわかりやすく簡単に開発。

効果

  • 運用コストの安定化
    単純作業をロボットに置き換えることで、業務効率化、およびイレギュラーな業務の削減を実現。
  • データ不整合や作業洩れを防止
    手作業をシステム化することで処理プロセスを標準化。人的ミスを防止し、作業精度の向上を実現。
  • 数万件の複雑なデータ加工処理を高速化
    BizRobo!単体で行っていたデータ加工処理をWarpで実装することで、処理時間が3日から15分に大幅短縮。WarpとBizRobo!を適切に使い分けてパフォーマンス向上を実現。

選定理由

  • 大量データ処理も安定して動作
  • アダプターを利用することでサービス毎のAPI仕様を確認することなく直感操作で開発可能

WarpとBizRobo!の切り分け

 【 BizRobo! 】

  • Webサイトに表示されているデータを取得
  • 1000件程の簡単なデータ加工処理
  • その他、業務部門が行う画面操作で簡単に処理可能な作業

 【 ASTERIA Warp 】

  • APIがあるサービスとの連携
  • 大量または複雑なデータ加工処理
  • 業務部門が直接アクセスできない基幹システム上のデータ処理

システム概要図

システム概要図

お客様から一言
ASTERIA WarpのココがGood!

処理が可視化されるため詳細設計が必要なく開発工数を短縮出来ますし、リリースまでに必要な機能がすべてASTERIA Warpに内包されているためライブラリ管理やリリース作業もとても容易に出来ます。それにより、短期間で機能をリリースし実際に使ってもらいながら改善していくことでユーザーの意見を反映させやすくなるアジャイル開発が可能となり、業務自動化が促進されています。
今後適用範囲を広げていくうえでBizRobo!との連携も多くなるので、より開発を簡単化するためにBizRobo!アダプターにも期待しています。 技術本部 エンジニア 能勢 拓樹 様

お客様から一言:アイコン

株式会社メディアドゥ

東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 5F

URL:https://www.mediado.jp/

― ASTERIA Warpとは?

ASTERIA Warpは、8,000社以上の企業に導入いただいている
13年連続で国内シェアNo.1のノーコード データ連携ツールです

『誰でも、もっと ASTERIA Warp』をコンセプトに、専門的な技術がなくても利用できる データ連携の基盤製品で、企業内の新旧さまざまなシステムやクラウド上のデータをスムーズに連携し、コストの削減や業務の効率化をサポートします。

業種や規模、用途を問わずさまざまなシーンでお使いいただけ、ノーコードにより非エンジニアの方でも手軽にデータ連携がはじめられます。

特長

1.ノーコードで構築期間を短縮!
2.自動化で日々の業務を効率化!
3.豊富なアダプターで将来性も万全!

ASTERIA Warp

シェアNo.1データ連携ミドルウェア詳細資料をご希望の方はこちら

資料請求

30日間すべての機能をお試し!全員に書籍プレゼント中

無料トライアル

標準価格480万円、月額課金24万円~。詳細はお見積りをご依頼ください

お見積もり

製品や導入についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。