資料ダウンロード・動画視聴

資料ダウンロード:マスターデータの統一にMDMツールは本当に不可欠なのか?マスターデータ管理に向けた最適なソリューション選び 資料ダウンロード:マスターデータの統一にMDMツールは本当に不可欠なのか?マスターデータ管理に向けた最適なソリューション選び

マスターデータの統一にMDMツールは本当に不可欠なのか?
マスターデータ管理に向けた最適なソリューション選び


コンテンツ紹介(一部抜粋)

財務会計や生産管理、人事管理、販売管理など業務に直結したシステムから、メールやグループウェアをはじめとする情報系システムまで、企業の中には様々な業務システムが存在している。各システムには情報を管理するためのDBが存在しており、それぞれマスターとなるデータが格納されていることだろう。商品マスターや部品マスター、従業員マスター、顧客マスターなど、用途に応じて管理されているこれらのマスターだが、共通の情報をシステムごとに個別管理していることでデータの整合性が確保できてない企業が多く見受けられる。そこで、これらのマスターを一元的に管理し、共通マスターとして活用できる基盤が構築できるMDM(Master Data Management)を検討している方もいらっしゃるはずだ。

しかし、MDMは本来手段であり、マスターデータを統一することが達成したい最終的な目的ではないはず。なかにはMDMを導入すればマスターが統一できる“魔法のツール”だと思っている方もいるが、そう簡単に実現することは難しい。MDMの環境を整備するためのルール作りやデータクレンジングのフローなど運用管理体制を確立していきながら、時間をかけて統一していく覚悟が必要となる。成し遂げたい目的に対して、MDMは有効な手段になりうるのだろうか。

1.マスターデータの統一に役立つ「MDM」とは?
2.マスターデータ管理の理想と現実
3.マスターデータの整備に向けた目的を改めて認識すべし
4.MDMで実現すべきか、データ連携で実現すべきか
5.データ連携によるマスターデータ管理実例

お申し込みフォームの完了画面より資料をダウンロードできます。

アステリアの製品・サービスに関する資料送付をご希望の方は、以下の資料請求フォームよりお申込ください。
ご希望の資料を後日、担当者よりご送付させていただきます。

以下の【個人情報保護に関する方針(プライバシー・ポリシー)】をご確認、ご同意の上、必要事項をご記入ください。
個人情報保護に関する方針(プライバシーポリシー)へ 

お申し込みフォーム