資料ダウンロード

資料ダウンロード:中学生がリアルなデータに触れ、生徒の知的好奇心をゆさぶる授業へ

中学生がリアルなデータに触れ、
生徒の知的好奇心をゆさぶる授業へ
ノーコードでセンサーを扱える「Gravio」による中学理科授業レポート


コンテンツ紹介(一部抜粋)

Society 5.0 時代を生き抜く力として、学校教育では情報活用能力の育成が求められている。 ゆえに、昨今はプログラミング教育やSTEM/STEAM教育など、テクノロジーを活用した学習への関心も高く、取り組む学校も増え始めた。
そんな中、これまでにないICT機器の活用をした理科授業に挑戦しているのが、愛知県江南市立西部中学校の岩田智文教諭だ。
同教諭は、生徒がリアルなデータに触れる学習をめざし、センサーを使って簡単にIoTを実現できるミドルウェア「Gravio(グラヴィオ)」を活用した授業に挑戦した。

どのような内容だったのか、その様子をレポートしよう。

データサイエンスの布石になるような授業をつくりたい
Gravio はセンサーの種類の多さ、通信距離の長さ、ノーコードがメリット
校内に仕掛けられたセンサーのデータを読み取り、秘密の場所を探せ!
自分たちで考えながらデータを分析し、学習課題を越える学習へ
生徒の居る場所のデータを使うことで、実感の伴った授業を

お申し込みフォームの完了画面より資料をダウンロードできます。

アステリア の製品・サービスに関する資料送付をご希望の方は、以下の資料請求フォームよりお申込ください。
ご希望の資料を後日、担当者よりご送付させていただきます。

以下の【個人情報保護に関する方針(プライバシー・ポリシー)】をご確認、ご同意の上、必要事項をご記入ください。
個人情報保護に関する方針(プライバシーポリシー)へ 

お申し込みフォーム