ニュースメールマガジン

IN#93 — 【4/16開催】『ノーツ資産リバイバルセミナー』

□■□□□■□■□□□■□■□□□□  Infoteria News – Vol.093 —

□□■□■□□■■□■■□■□□□□
□□□■□□□■□■□■□■□□□□   インフォテリア ニュース
□□■□■□□■□■□■□■□□□□
□■□□□■□■□□□■□■■■■□    ++++ 2004.04.01 ++++
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このメールは、過去に弊社サービスをご利用いただいた方、またはイベント・
セミナーにご参加いただいた方に無料で配信しております。
※メール配信の解除方法については、このメールの最後に記載されています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■■ NEWS Index ■■
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】「春のXML学習キャンペーン」申込受付開始
【2】セミナー・イベントのご案内
 - 『ノーツ資産リバイバルセミナー』(東京:4/16)
 - 『EAIソリューションセミナー』(東京:4/23)
【3】おもしろい記事発見
 - 日経ITプロフェッショナル 2004/3月号・4月号
   「事例で理解するXML導入の勘どころ」
【4】XML/BtoB技術動向
 - [OASIS]:ISOがebXML OASISオープンスタンダードを承認
 - [W3C]:XML Binary Characterizationのワーキンググループを開始
 - [W3C]:WSDL 2.0のワーキングドラフトを更新
 - [W3C]:WS Choreography Model Overviewのワーキングドラフトを更新
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは。みなさん、お花見には、もう行きましたか?いよいよ春到来という気
候になってきましたね。穏やかな日差しが、妙に心地よく感じます。まだ少し肌寒
さは残りますが、今朝は思わず来ているコートを脱ぎたくなる衝動にかられました。
4月1日発行と、とても区切りの良い日に配信ができるということで“心機一転”
とばかりに、デザインをプチ・リニューアルをしてみました。ほんの些細なことで
すが“新鮮さ”を感じていただければと思います。(八木)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【1】「春のXML学習キャンペーン」申込受付開始 ++++
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆豪華賞品が当たる!「春のXML学習キャンペーン」☆

ご好評いただいている「春のXML学習キャンペーン」の申込受付サイトがオープ
ン致しました。申請締切は5月10日です。キャンペーン期間(2月〜4月)内に
インフォテリア認定教育を受講された方、XMLマスターに合格された方は、是非
こちらから申請をいただき、豪華賞品をご獲得願います。

 ▼キャンペーン申込みは、こちらから
  ⇒ www.infoteria.com/jp/training/campaign/cp_040201/


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【2】セミナー・イベントのご案内 ++++
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆『ノーツ資産リバイバルセミナー』 … 4/16(東京)…
◆〜ノーツ資産の活用に頭を悩ませてはいませんか?〜
◇ [URL]:https://www.infoteria.com/jp/seminar/s_040416/index.jsp

迅速なノーツ連携が可能な高機能データ連携サーバ「ASTERIA 3」とノーツ対応超
高性能全文検索サーバ「eAccela BizSearch V2.1」をご紹介するセミナーです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【 主催 】インフォテリア株式会社
【 協賛 】アクセラテクノロジ株式会社
【 日時 】2004年4月16日(金) 14:00〜17:00(13:30より受付開始)
【 場所 】アクセラテクノロジ株式会社 セミナールーム(恵比寿)
      東京都中央区八重洲2-2-10 八重洲名古屋ビル4階
      ◎地図:http://www.accelatech.com/company/index.html
【 費用 】無料(サイトでの事前登録が必要)
【 定員 】35名様
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ※4月27日(火)にも、アクセラテクノロジ株式会社主催にて同内容のセミナー
  の開催を予定しております。こちらの開催概要およびお申込みにつきましては、
  後日改めてご案内させていただきます。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆『EAIソリューションセミナー』 … 4/23(東京)…
◇ [URL]:http://www.naisis.co.jp/event_1.html

EDI、Web-EDIをキーワードに、分散・増加するデータ連携が速く・安く・容易に
実現可能なEAIソリューションを活用事例を交えてご紹介します。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【 共催 】インフォテリア、松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
【 日時 】2004年4月23日(金)14:30〜17:00(受付14:00〜)
【 場所 】富士通PRIMEPOWER CENTER
      東京都新宿区西新宿2-7-1 新宿第一生命ビル11
 ◎地図:http://primeserver.fujitsu.com/primepower/pwc/partner/guide/access/
【 費用 】無料(メール、もしくはFAXでの事前登録が必要)
【申込方法】貴社名、ご所属、ご氏名、ご連絡先のご記入のうえ、以下のメール
      アドレスまたはFAXに、ご連絡願います。
      |松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
      |東日本市場開発営業部 セミナー事務局
      |◎E-Mail:sales@naisis.co.jp ◎FAX:03-5484-1288
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【3】おもしろい記事発見 ++++
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ [Magazine] 日経ITプロフェッショナル 2004/3月号・4月号
———————————————————————-
 「事例で理解するXML導入の勘どころ」
  3月号:第1回〜住金物産 / 4月号:第2回〜競艇
———————————————————————-

日経ITプロフェッショナルの3月号から「事例で理解するXML導入の勘どころ」
という連載がスタートしました。本連載では、XMLのさまざまな導入事例をもと
に、XML導入のメリットと導入時のポイントを紹介していく予定です。筆者は顧
客企業へのXML導入に実績を誇るインフォテリアの製品企画部/冨谷彰とコンサ
ルティング部/越前屋稔。第一回目の3月号では住金物産の輸出入情報共有システ
ムを、第二回目の4月号では競艇とジャパンネット銀行で構築したリアルタイム決
済の仕組みを例に、それぞれXML導入の勘どころを紹介しています。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【4】XML/BtoB技術動向 ++++
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆OASIS:2004年3月29日
◇ISOがebXML OASISオープンスタンダードを承認
 ◎詳細:http://www.oasis-open.org/news/oasis_news_03_29_04.php

国際標準機構(IS0)は、OASISで標準化されたebXMLの4つの仕様をISOの国際標準
として承認しました。ebXMLは、あらゆる産業のあらゆる規模の企業がインター
ネット上でビジネスを行うことができるようにする技術です。この技術仕様は、
ISOの技術仕様書(ISO/TS 15000)として公表されます。

ISO 15000-1: ebXML Collaborative Partner Profile Agreement
ISO 15000-2: ebXML Messaging Service Specification
ISO 15000-3: ebXML Registry Information Model
ISO 15000-4: ebXML Registry Services Specification

======================================================================
◆W3C:2004年03月29日
◇XML Binary Characterizationのワーキンググループを開始
 ◎詳細:http://www.w3.org/XML/Binary/

W3Cは、XMLの適用範囲をさらに広げるために、XMLをバイナリ化を研究するため
のワーキンググループを発足しました。このワーキンググループの目的は、ユー
スケースの開発やその測定などを通じ、約1年間かけて、XMLのバイナリ送信
およびフォーマットが実現可能かどうかを見極めることです。W3Cのメンバーは
ワーキンググループに自由に参加できます。

======================================================================
◆W3C:2004日03月26日
◇Web Services Description Language (WSDL) 2.0のワーキングドラフトを更新
 ◎詳細:http://www.w3.org/TR/2004/WD-wsdl20-20040326/
     http://www.w3.org/TR/2004/WD-wsdl20-patterns-20040326/

Web Services Descriptionワーキンググループは、WSDL Version 2.0(Part1:
Core Language/Part2:Message Patterns)のワーキングドラフトを更新しました。
WSDLは、ネットワーク・サービスについて記述するためのモデルとXMLのフォーマ
ットです。このドラフトでは、抽象的な機能性および具体的な詳細を可能にし、
conformantプロセッサーのためのシーケンス、濃度および基準を定義します。

======================================================================
◆W3C:2004日03月24日
◇WS Choreography Model Overviewのワーキングドラフトを更新
 ◎詳細:http://www.w3.org/TR/2004/WD-ws-chor-model-20040324/

Web Services Choreographyワーキンググループは、WS Choreography Model
Overviewの初公開となるワーキングドラフトをリリースしました。ワーキンググ
ループでは、Webサービスおよびそれらのユーザ内の相互作用の調整のための
choreography定義言語を定義します。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
■□ その他のXML/BtoB技術に関する情報は、以下のサイトで
□■ https://www.infoteria.com/jp/xmlnote/
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

以上、ご確認の上 宜しくお願い申し上げます。

ご意見、ご質問等はお気軽に下記の問合せ窓口までお寄せください。
なお、ご連絡先など変更がございましたらご一報いただければ幸いです。

……………………………………………………………………………………………
【問合せ窓口】
 インフォテリア株式会社
 メール:sales@infoteria.co.jp URL:https://www.infoteria.com/
———————————————————————-
 TEL.03-5718-1260 FAX.03-5718-1261
……………………………………………………………………………………………

◆◆ メール配信の解除について ◆◆

今後の「Infoteria News」の配信を希望されない場合は、メールにて『配信不要』
と明記のうえ、以下の連絡先まで、ご連絡ください。
[E-Mail]: sales@infoteria.co.jp
 


以上
日時:2004年04月01日 13:00