ニュースメールマガジン

IN#94 — 【4/27開催】『ノーツ資産リバイバルセミナー』

□■□□□■□■□□□■□■□□□□  Infoteria News – Vol.094 —

□□■□■□□■■□■■□■□□□□
□□□■□□□■□■□■□■□□□□   インフォテリア ニュース
□□■□■□□■□■□■□■□□□□
□■□□□■□■□□□■□■■■■□    ++++ 2004.04.15 ++++
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このメールは、過去に弊社サービスをご利用いただいた方、またはイベント・
セミナーにご参加いただいた方に無料で配信しております。
※メール配信の解除方法については、このメールの最後に記載されています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■■ NEWS Index ■■
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】ASTERIA導入事例:新規事例掲載開始!(ジャパンネット銀行)
【2】セミナー・イベントのご案内
 - 『EAIソリューションセミナー』(東京:4/23)
 - 『ノーツ資産リバイバルセミナー』(東京:4/27)
【3】おもしろい記事発見
 - アットマークアイティ 2004/4/14
   現場でよくあるシチュエーションから学ぶ
  「プロジェクトマネジメントスキル 実践養成講座」
【4】XML/BtoB技術動向
 - [OASIS]:DITA技術委員会が、文書内の再利用コンテンツを著すための
       XML標準化を進めるために発足
 - [OASIS]:ebXMLとWebサービスに基づいたサービス指向アーキテクチャを促進
 - [W3C]:XIncludeを勧告候補に
 - [W3C]:DOM Level 3 CoreとLoad and Saveを勧告
 - [W3C]:xml:id のワーキングドラフトを公開
 - [W3C]:XML Processing Model Requirementsのワーキンググループ・ノート
      を公開
 - [W3C]:XKMS 2.0を勧告候補
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4月は、人事異動の多い時期ですね。部署異動、新入社員の配属など、社内が良く
も悪くも活気立つ一時です。環境の変化のあった皆さんは、新しい環境にはもう慣
れましたか?小学校の教員である私の友人は、先月初めて担当していた6年生を卒
業生として送り出し、自分の卒業式以上に感動・寂しさを覚えたと深く気持ちが沈
んでいたようでした。それでも新学期が始まって数日後『いつまでも傷心気分では
いられない!』と元気な報告メールをしてくれました。このように気持ちを切換え、
新しい任務に心湧くというのも、この時期ならではのことかもしれませんね。私も、
今までうまくいかなかったことにも180度思考を切り替えるくらいの大胆さで、良い
春を迎えたいなと思いました!(八木)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【1】ASTERIA導入事例:新規事例掲載開始!(ジャパンネット銀行) ++++
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆ ASTERIAが、FDXSベースのリアルタイム決済を実現 ☆

ASTERIA導入事例に、また1つ新規事例が掲載開始されました。
リアル決済を可能にするFDXSベースのシステムを実現した“ジャパンネット銀行”。
是非、詳細ページにて、システム構築の全貌をご覧ください。

 ◆ 株式会社ジャパンネット銀行 ◆
  リアルタイム決済を可能にするFDXSベースのシステムをASTERIAで構築。
  利便性の高いサービスを提供し顧客開拓へと導いた。

 ▼詳細ページはこちらから
  ⇒ www.infoteria.com/jp/product/case/jnb/index.jsp?id=in


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【2】セミナー・イベントのご案内 ++++
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆『EAIソリューションセミナー』 … 4/23(東京)…
◇ [URL]:http://www.naisis.co.jp/event/log/001.html

EDI、Web-EDIをキーワードに、分散・増加するデータ連携が速く・安く・容易に
実現可能なEAIソリューションを活用事例を交えてご紹介します。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【 主催 】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社、富士通株式会社
      インフォテリア株式会社
【 日時 】2004年4月23日(金)14:30〜16:50(受付14:00〜)
【 場所 】富士通PRIMEPOWER CENTER
      東京都新宿区西新宿2-7-1 新宿第一生命ビル11
 ◎地図:http://primeserver.fujitsu.com/primepower/pwc/partner/guide/access/
【 費用 】無料(サイトでの事前登録が必要)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆『ノーツ資産リバイバルセミナー』 … 4/27(東京)…
◆〜ノーツ資産の活用に頭を悩ませてはいませんか?〜
◇ [URL]:https://www.infoteria.com/jp/seminar/s_040416/index.jsp?id=in

迅速なノーツ連携が可能な高機能データ連携サーバ「ASTERIA 3」とノーツ対応超
高性能全文検索サーバ「eAccela BizSearch V2.1」をご紹介するセミナーです。

「eAccela BizSearch V2.1」は、既存ノーツDBに蓄積されたドキュメント・ノ
ウハウ等の有効活用を実現させる、ノーツ対応超高性能全文検索サーバです。
eAccela BizSearchは、散在する多数のノーツDBをセキュアかつ高速に横断検索
し、既存ノーツDBに蓄積された提案書・技術情報等のノウハウの有効活用を実
現させます。

「ASTERIA 3 Notes Adapter」は、BtoBやEAIで多数の実績のあるASTERIA上で既存
のノーツDBとのシームレスな連携を実現する製品です。ワークフローや営業管
理等、お客様固有のノーツアプリケーションと、RDBやWebアプリケーション、財
務・経理・受発注・生産管理等の様々な業務システムとの連携を簡単に実現させ
ます。

是非この機会に、ノーツ資産の活用の疑問を解決する最新のテクノロジを実感し
てください。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【 主催 】アクセラテクノロジ株式会社
【 協賛 】インフォテリア株式会社
【 日時 】2004年4月27日(火) 14:00〜17:00(13:30より受付開始)
【 場所 】アクセラテクノロジ株式会社 セミナールーム(恵比寿)
      東京都渋谷区恵比寿1-19-19 ビジネスタワー13F
      ◎地図:http://www.accelatech.com/company/index.html
【 費用 】無料(サイトでの事前登録が必要)
【 定員 】35名様
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【3】おもしろい記事発見 ++++
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ [Online] アットマークアイティ 2004/4/14
———————————————————————-
 現場でよくあるシチュエーションから学ぶ
 「プロジェクトマネジメントスキル 実践養成講座」
 第2回 みんなを幸せにするスコープマネジメント
———————————————————————-

@ITでは「現場でよくあるシチュエーションから学ぶ〜プロジェクトマネジメント
スキル 実践養成講座」を連載しています。前回の「プロジェクトメンバーを1つに
まとめる」に続き、今回は「みんなを幸せにするスコープマネジメント」というテ
ーマでまとめられています。実際にプロジェクトを推進していくうえで、プロジェ
クトマネージャが具体的に取り組むプロジェクトマネジメント(PM)の仕事にはス
コープ/時間(スケジュール)/コスト/品質/組織/コミュニケーション/リス
ク/調達(人・モノ)/という9つの要素があります。今回はプロジェクトの成功
/失敗に大きな影響を及ぼす統合といわれているスコープマネジメントについて解
説しています。PM必読です。

 ▼詳細はこちらから:
  http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/rensai/pm02/pm01.html


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【4】XML/BtoB技術動向 ++++
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆OASIS:2004年04月12日
◇DITA技術委員会が、文書内の再利用コンテンツを著すためのXML標準化を
 進めるために発足
 ◎詳細:http://www.oasis-open.org/news/oasis_news_04_12_04.php

OASIS(国際標準化コンソーシアム)は、著作作業においてコンテンツ再利用を支
える著作権仕様であるDITA(Darwin Information Typing Architecture)を促進
することを発表しました。新しいOASISのDITA技術委員会によって定義されたXML
アーキテクチャは、印刷やWeb表示される技術文書を設計、書き込み、管理、編集
するために使用されます。

======================================================================
◆OASIS:2004年04月07日
◇ebXMLとWebサービスに基づいたサービス指向アーキテクチャを促進
 ◎詳細:http://www.oasis-open.org/news/oasis_news_04_07_04.php

OASIS(国際標準化コンソーシアム)のメンバーは、ebXMLや他のWebサービス技術
を支える電子ビジネスアーキテクチャの促進計画を発表しました。新しいOASISの
ebSOA(Electronic Business Service Oriented Architecture)の技術委員会は、
ebXMLの技術アーキテクチャ Version 1.04をスタートポイントとしたサービス志
向のアーキテクチャやその実装を、他のOASIS技術委員会や標準団体の開発と同様
にebXML OASIS標準化(最近ISO 15000として認可)として策定します。

======================================================================
◆W3C:04月13日
◇XIncludeを勧告候補に
 ◎詳細:http://www.w3.org/TR/xinclude/

W3CはXML Inclusions 1.0が勧告候補となったことを発表しました。
XML Inclusionsは、既存のXMLを構成する要素、属性、URIリファレンスを使用し
て、XML文書(インフォメーションセット)を統合する総括的なメカニズムを導
入します。

======================================================================
◆W3C:2004年04月07日
◇DOM Level 3 CoreとLoad and Saveを勧告
 ◎詳細:http://www.w3.org/TR/DOM-Level-3-Core/
     http://www.w3.org/TR/DOM-Level-3-LS

W3Cは、2つのDocument Object Model(DOM)の仕様をW3C勧告としてリリースし
ました。DOM Level 3 Coreを使って、ソフトウェア開発者やスクリプトの著者は、
W
ebコンテンツの構造やスタイルを操作できます。DOM Level 3 Load and Saveは、
プログラムやスクリプトが、文書コンテンツをロードしフィルタリングを行う機
能を与えます。

======================================================================
◆W3C:2004日04月08日
◇xml:id のワーキングドラフトを公開
 ◎詳細:http://www.w3.org/TR/xml-id/

XML Coreワーキンググループは、xml:id Version 1.0 の初版公開のワーキング
ドラフトをリリースしました。この仕様は、IDとして扱われ、認識されることが
可能な、事前に定義された属性名を導入します。

======================================================================
◆W3C:2004日04月07日
◇XML Processing Model Requirementsのワーキンググループ・ノートを公開
 ◎詳細:http://www.w3.org/TR/proc-model-req/

XML Coreワーキンググループは、ワーキンググループ・ノートとして、XML
Processing Model Requirementsをリリースしました。XMLProcessing モデル及び
言語は、XML文書が適用されるプロセスにおいて、XML文書の関係をアプリケーシ
ョン間で相互運用可能にするための手法です。

======================================================================
◆W3C:2004日04月05日
◇XKMS 2.0を勧告候補
 ◎詳細:http://www.w3.org/TR/xkms2/

W3CはXKMS 2.0とその実装仕様が勧告候補となったことを発表しました。XKMSは、
XML SignatureとXML Encryptionを使用するための公開鍵の配布と登録の方法を規
定します。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
■□ その他のXML/BtoB技術に関する情報は、以下のサイトで
□■ https://www.infoteria.com/jp/xmlnote/index.jsp?id=in
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

以上、ご確認の上 宜しくお願い申し上げます。

ご意見、ご質問等はお気軽に下記の問合せ窓口までお寄せください。
なお、ご連絡先など変更がございましたらご一報いただければ幸いです。

……………………………………………………………………………………………
【問合せ窓口】
 インフォテリア株式会社
 メール:sales@infoteria.co.jp URL:https://www.infoteria.com/
———————————————————————-
 TEL.03-5718-1260 FAX.03-5718-1261
……………………………………………………………………………………………

◆◆ メール配信の解除について ◆◆

今後の「Infoteria News」の配信を希望されない場合は、メールにて『配信不要』
と明記のうえ、以下の連絡先まで、ご連絡ください。
[E-Mail]: sales@infoteria.co.jp
 


以上
日時:2004年04月15日 13:00