ニュースメールマガジン

IN#97 — 【お知らせ】XMLコンソーシアム「TravelXML」でWebサービス実証実験に成功

□■□□□■□■□□□■□■□□□□  Infoteria News – Vol.097 – 

□□■□■□□■■□■■□■□□□□
□□□■□□□■□■□■□■□□□□   インフォテリア ニュース
□□■□■□□■□■□■□■□□□□
□■□□□■□■□□□■□■■■■□    ++++ 2004.05.27 ++++
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このメールは、過去に弊社サービスをご利用いただいた方、またはイベント・
セミナーにご参加いただいた方に無料で配信しております。
※メール配信の解除方法については、このメールの最後に記載されています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■■ NEWS Index ■■
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】XMLコンソーシアム「TravelXML」でWebサービス実証実験に成功
【2】セミナー・イベントのご案内
 - 『ASTERIAによるシステムインテグレーション(1日間)コース』
   (東京:6/18・7/16・8/20・9/22)
【3】おもしろい記事発見
 - CIO Magazine 2004年5月号
   Special Report「CIOに求められる営業スキルとは」
【4】XML/BtoB技術動向
 - [W3C]:Web Services Internationalization Usage Scenarios の
      ワーキングドラフトを公表
【5】コラム:『ASTERIA Designer 機能ハイライト [1] 』
 - 第1回 「Excel」アダプター
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

先日、友人達と某バーガーショップに軽食を取りに出かけた時のこと。机上に
ぶ厚いメニューが置かれていたので、みんな興味深々でページをめくり始めま
した。ハンバーガーやサンドウィッチを注文すると、パンもトッピングもソー
スも、はたまた玉ねぎの揚げ方までがカスタマイズできるようになっているの
です。最初はおもしろくて結構盛り上がったのですが、最後には若干面倒に。
結局レギュラーメニューの中から選択することにしました。『私達のような客
が多いのでは?』と思ったのは私だけでしょうか?でも会話は大いに弾み、い
つも以上に美味しく食べられた気もします。サービスというのは、いろいろな
形があり、いろいろな受け止め方があるものだなと思いました。(八木)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【1】XMLコンソーシアム「TravelXML」でWebサービス実証実験に成功 ++++
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■2004年5月20日(木)配信:お知らせ
———————————————————————-
◇XMLコンソーシアム、旅行業界における電子商取引の標準
◇「TravelXML」を利用し、実用に向けたWebサービスの実証実験に成功
 〜取引情報の標準化による旅行業務の効率化実現に向け、15社が連携 〜
  https://www.infoteria.com/jp/news/press/pr040520.jsp
———————————————————————-

XMLコンソーシアムは、(社)日本旅行業協会とXMLコンソーシアムで共同開発し
た旅行業界における電子商取引の標準「TravelXML」とWebサービス技術を利用
した旅行業界の電子商取引の新たなモデルを実現するための実証実験に成功し
ました。これにより、Webサービス技術と「TravelXML」の組み合わせが、旅行
業者、交通機関、宿泊施設、各種サービス機関との間で行われる各種取引情報
を標準化し業界全体の効率化を図ると共に、利用者の希望に添うトラベル商品
の簡便、迅速、的確な提供を可能にする技術であることが証明されました。

インフォテリアは、旅行企画会社(ホールセラー)の役割で、この実証実験に
参加し、ASTERIAが実務的なWebサービス・プラットフォームとして使用できる
ことを実証しました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【2】セミナー・イベントのご案内 ++++
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆“『ASTERIAによるシステムインテグレーション(1日間)コース』”
  … 6/18・7/16・8/20・9/22(東京)…
◇ [URL]:https://www.infoteria.com/jp/service/training/index.jsp?id=in

☆ ASTERIA Designerで行う基礎的なシステムフローの作成技術を習得!
———————————————————————-
ASTERIAを利用してシステム連携を行う方法を短時間で効率よく学習いただくこ
とができるコース内容となっています。是非、ご受講ください。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【 主催 】インフォテリア株式会社
【 日時 】2004年6月18日(金)/7月16日(金)/8月20日(金)/
      9月22日(水)
【 場所 】東京都港区港南二丁目16-2 品川グランドコモンズ内
      太陽生命品川ビル10階
      キヤノンソフトウェア株式会社内 セミナールームB
【 費用 】\52,500(税込)/1名様
【 URL  】https://www.infoteria.com/jp/service/training/index.jsp?id=in


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【3】おもしろい記事発見 ++++
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ [Online] CIO Magazine 2004年5月号
———————————————————————-
 Special Report「CIOに求められる営業スキルとは」
———————————————————————-

CIO Magazine 2004年5月号では、「CIOに求められる営業スキルとは:コミュニ
ケーション能力がCIOの価値を高める」というタイトルの記事が掲載されていま
す。

同誌では「経営とITの融合」の重要性が声高に叫ばれる今、もはやITに通じて
いるだけではCIOが生き残ることは難しいとし、計画中のITプロジェクトがどの
ようなもので、経営や事業にどれだけのメリットをもたらすのかなど、CIOにと
っての“商品”を、経営陣をはじめ各事業部門や社外に対して“売り込む”こ
とができ、周囲と円滑なコミュニケーションを図ることのできる営業力こそが
現在のCIOには求められていると解説します。記事ではCIOが習得すべき8つの代
表的な営業テクニックを紹介しています。

 ▼詳細はこちらから:
  http://www.idg.co.jp/CIO/contents/special/special211.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【4】XML/BtoB技術動向 ++++
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆W3C:2004年05月12日
◇Web Services Internationalization Usage Scenarios の
◇ワーキングドラフトを公表
 ◎詳細:http://www.w3.org/TR/ws-i18n-scenarios/

国際化ワーキンググループのWebサービス特別対策本部は、Webサービス技術の
追加的なガイダンスを備えたWeb Services Internationalization Usage
Scenariosの最新のワーキングドラフトをリリースしました。その文書は、Web
サービスの構造と技術とどのような言語、文化および関連する問題で対話する
かを検査します。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
■□ その他のXML/BtoB技術に関する情報は、以下のサイトで
□■ https://www.infoteria.com/jp/xmlnote/index.jsp?id=in
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【5】コラム:『ASTERIA Designer 機能ハイライト [1] 』 ++++
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このコラムでは、毎回、ASTERIAの開発環境“ASTERIA Designer”の中でホット
な機能にフォーカスをあててご紹介します。(月1回、全12回の連載予定)

■■ 第1回 「Excel」アダプター (*1)
■■ by インフォテリアコミュニケーションズ株式会社 長澤 均
———————————————————————-
「Excel」アダプターとは、ASTERIAでExcelのデータを取り扱う機能を付加する
オプションアダプターです。このアダプターを利用して、業務管理・受発注帳票
として利用されているExcelファイルから、データを抽出したり書き込んだりす
ることができます。

◆「Excel」アダプターに含まれる機能
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Excelからのデータ抽出、Excelへのデータ書き込みをダイレクトに実現(*2)
容易に業務フローの開発を行うことを可能にします。

1)Excel(Get) コンポーネント:
  Excel内の指定したセルやフィールドに書き込まれている値を取得
2)Excel(Put)コンポーネント:
  DBなどから取得した値をExcel内の指定したセルやフィールドへの書き込み
3)Excel Builder:
  データの取得または書き出しを行うセルやフィールドのR1C1参照形式の
  範囲指定を、マウスのクリック&ドラックで視覚的に処理

◆「Excel」アダプターの活用例
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この「Excel」アダプターの活用例には、以下のようなものがあります。
比較的テンプレート的なExcelファイルを活用している業務フローの中で、処理
の自動化を行うようなパターンのシステム構築に定評があります。

・メール受信し、添付されたExcelファイルから、自動的にデータを抽出してDB
 に格納
・取得したExcelファイルから抽出したデータの値をアレンジ(計算など)して
 他のテンプレートExcelファイルに書き出す
・受注伝票形式のExcelファイルを担当営業者のWebブラウザ確認用HTMLに変換
・使い慣れたExcelファイルで帳票設計をした見積書や請求書を作成、DBから
 データを抽出し、ダイナミック生成したExcelファイルをPDFに変換、メール
 に添付して送信
 ※付属のPDF機能を利用すれば、帳票に企業ロゴなどの画像の埋め込みや、
  表紙・裏表紙のデザインを別シートで指定することも可能です

…などです。
「Excel」アダプターについて、少しでもご理解いただけましたでしょうか?
さて、ここまでの内容で『同じテンプレートで処理された多数のExcelファイル
を保管しているが、そこから自動的にデータを抽出して履歴DBを作成できる?』
など少しでも思いついたことがありましたら、是非営業部までご相談ください。
(E-Mail:sales@infoteria.co.jp

*1:「Excel」アダプターはASTERIA Designerのオプション製品です。
*2:XMLなどの中間フォーマットを経由しません。

—————————————————————-
:: サポートサイト情報 :: http://www.infoteriacom.com/
—————————————————————-
サポートサイトでは、アップデート情報、FAQなど、インフォテリア製品に関す
るさまざまな情報を、ご提供させていただいております。

【NEWS&TOPICS】
……………………………………………………………………………………
◎2004/5/28(金)
 19:00〜24:00まで、メンテナンス作業のためサイトのサービスを停止
……………………………………………………………………………………

また、今回取り上げました「Excel Builder」について、より実用的に活用して
いただけるサンプルを多数ご用意しております。連携方法やプロパティの設定
方法など、ご参考にしてください。

既にASTERIAの製品登録、評価版申請がお済みの方は、お手持ちのIDとパスワー
ドにて【Download-ASTERIA3-サンプル】にアクセスのうえ、ご活用ください。

また、ASTERIAの評価版をご希望の場合は、弊社営業部までお問合せください。
担当者より、評価版のお申込みに関するご案内をさせていただきます。
…………………………………………………
/インフォテリア株式会社 営業部
\E-Mail:sales@infoteria.co.jp

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
■□ ASTERIAの製品情報は、以下のサイトで
□■ https://www.infoteria.com/jp/product/asteria/index.jsp?id=in
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

以上、ご確認の上 宜しくお願い申し上げます。

ご意見、ご質問等はお気軽に下記の問合せ窓口までお寄せください。
なお、ご連絡先など変更がございましたらご一報いただければ幸いです。

……………………………………………………………………………………………
【問合せ窓口】
 インフォテリア株式会社
 メール:sales@infoteria.co.jp URL:https://www.infoteria.com/
———————————————————————-
 TEL.03-5718-1260 FAX.03-5718-1261
……………………………………………………………………………………………

◆◆ メール配信の解除について ◆◆

今後「Infoteria News」の配信を希望されない場合は、メールに『配信不要』
と明記のうえ、以下の連絡先まで、ご連絡ください。
[E-Mail]: sales@infoteria.co.jp
 


以上
日時:2004年05月27日 13:00