ニュースメールマガジン

IN#103 — 【9/3開催】『ワークフローシステム「Web-CADDY/J」導入事例セミナー

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

このメールは、過去に弊社サービスをご利用いただいた方、またはイベント・
セミナーにご参加いただいた方に無料で配信しております。
※メール配信の解除方法については、このメールの最後に記載されています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■■ NEWS Index ■■
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】セミナー・イベントのご案内
 - 『ワークフローシステム「Web-CADDY/J」導入事例セミナー』(東京:9/3)
 - 『コスト削減ソリューションセミナー』(東京:9/3)
【2】おもしろい記事発見
 - アットマークアイティ 2004/8/11
  「ITスキル標準(ITSS)はエンジニアに変革を迫るか」
【3】XML/BtoB技術動向
 - [W3C]:SVG Tiny Version 1.2の最終ワーキングドラフトを発表
【4】コラム:『ASTERIA Designer 機能ハイライト [4] 』
 - 第4回 「メール送信(SimpleMail/AttachmentMail)」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

オリンピックが始まりました!4年に1度の世界的式典、開会式はアテネらし
く荘厳な演出が冴えていて本当に素晴らしかったですね。特に、水の中から炎
の五輪が浮かび上がってきた時には、感動して自分がその場にいないことを随
分と悔やみました。また、日本勢のがんばりも光っていますね。水泳、柔道、
体操…とメダル続出。思わず、期待以上のメダル獲得に期待が膨らんでしまい
そうです。オリンピックの陰で、いつもの年より少々注目が薄いですが、夏の
甲子園も毎日熱闘が続いています。まさに、2004年スポーツの夏!夜、オリン
ピック放送が終わり、ふとテレビの裏側を触ってみると火傷しそうに熱くなっ
ていました。この時期、テレビが壊れるのだけは絶対に避けたいものです!
(八木)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【1】セミナー・イベントのご案内 ++++
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆『ワークフローシステム「Web-CADDY/J」導入事例セミナー』 … 9/3(東京)…
◇ 〜 ご自身にて容易に構築・変更が可能!〜
◇ URL:http://www.canon-soft.co.jp/seminar/details/200408101524.html
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
業務における“プロセス改善”“処理スピードの向上”“作業品質の向上”を
実現させ、業務改革の有効な手段として注目を集めているワークフローシステ
ム「Web-CADDY/J」の導入事例、及び連携ツールASTERIAを使ったソリューショ
ン事例をご紹介いたします。

また、実際に「Web-CADDY/J」システムをご導入いただき、業務の効率化とスピ
ード化を実現された、パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社様
より、導入のポイント・実際の運用事例等をご紹介いただきます。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【 主催 】キヤノンソフトウェア株式会社
【 共催 】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
      インフォテリア株式会社
【 日時 】2004年9月3日(金)13:30〜17:00 (受付13:00〜)
【 場所 】CANON S TOWER 3F [HALL S]
      東京都港区港南2-16-6(地図はURLにてご確認ください)
【 定員 】120名
【 費用 】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
【問合せ先】キヤノンソフトウェア株式会社 ソリューション営業本部
      セミナー事務局(担当:伊藤・藤井)
      ◎E-Mail:solution@canon-soft.co.jp
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ** セミナー内容 **
  ◇先進ワークフローWeb-CADDY/J 概要説明
  ◇先進ワークフローWeb-CADDY/J 伝票・経路デモンストレーション
  ◇事例紹介
  ◇基幹連携ツールASTERIAのご紹介


◆『コスト削減ソリューションセミナー』 … 9/3(東京)…
◇ 〜受発注やEDIに関わる課題を最短・容易・安価に解消します!〜
◇ URL:http://www.naisis.co.jp/event/log/008.html
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
EDI、Web-EDIをキーワードに、分散・増加するデータ連携が速く・安く・容易
に実現可能なEAIソリューションを活用事例を交えてご紹介します。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【 共催 】インフォテリア株式会社、富士通株式会社、
      松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
【 日時 】2004年9月3日(金)14:30〜17:00(受付14:00〜)
【 場所 】富士通株式会社 汐留本社6階 プレゼンテーションルーム
      東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター6階
     ◎地図:http://jp.fujitsu.com/facilities/shiodome/train.html
【 費用 】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
【問合せ先】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
      東日本市場開発営業部 セミナー事務局
      ◎E-Mail:sales@naisis.co.jp ◎TEL:03-5440-1122


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【2】おもしろい記事発見 ++++
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ [Online] アットマークアイティ 2004/8/11
———————————————————————-
 自分のスキルレベルが分かる?
 「ITスキル標準(ITSS)はエンジニアに変革を迫るか」
———————————————————————-

IT企業が求める人材は、非常に多岐に渡る能力を求めていることが多く、人
材を求める側も、自分のスキルをアピールする側も、なかなか適格に表現でき
ないジレンマを感じていることが多いと思います。

それは技術力だけでもなく、マネジメント能力だけでもなく、複合的でかつ、
総合的であることが多いです。変化や進歩に柔軟に対応できる能力であること
も求められます。また同じ「IT」といっても、その時のタイミングや時代、
職種等に応じて、非常に求める内容も多岐にわたっています。

そんな状況の中で出てきたのが、この「ITスキル標準(ITSS)」です。この
ITSSの概要、今後業界共通の基準となる可能性、また定義されているスキル等
について、2ページにわたって解説されている記事がありました。執筆は、弊
社教育部 穴沢です。

ページよりダウンロード可能なITSSの仕様書で自分のレベルを確認することも
できるので、興味のある方は、ご自身の分野やレベルを確認してみてはいかが
でしょうか?

 ▼詳細はこちらから:
  http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/special/itss01/itss01.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【3】XML/BtoB技術動向 ++++
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆W3C:2004年8月13日
◇SVG Tiny Version 1.2の最終ワーキングドラフトを発表
 ◎詳細:http://www.w3.org/TR/SVGMobile12/

SVGワーキンググループは、Mobile SVG Profile: SVG Tiny, Version 1.2の最
終ワーキングドラフトを発表しました。このドラフトは、小型装置にベクター
グラフィックを画面表示するのに適したSVG Tiny 1.2のMovable Profileを定
義しています。

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
■□ その他のXML/BtoB技術に関する情報は、以下のサイトで
□■ https://www.infoteria.com/jp/xmlnote/index.jsp?id=in
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
++++【4】コラム:『ASTERIA Designer 機能ハイライト [4] 』 ++++
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このコラムでは、毎回、ASTERIAの開発環境“ASTERIA Designer”の中でホット
な機能にフォーカスをあててご紹介します。(月1回、全12回の連載予定)

■■ 第4回 「メール送信(SimpleMail/AttachmentMail)」
■■ by インフォテリアコミュニケーションズ株式会社 長澤 均
———————————————————————-
メール送信(SimpleMail/AttachmentMail)コンポーネントでは、ASTERIAで作
成したデータをメールサーバ(SMTP)からメール送信することができます。ま
た、他のコンポーネントと組み合わせることで、メール送信するためのデータ
を、各DBやシステムから値を自動的に取得して生成することができます。

◆「メール送信(SimpleMail/AttachmentMail)」に含まれる機能
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
メールサーバ(SMTP)から、メールデータを送信します。シンプルメールだけ
でなく、複数のファイルをまとめて送信するような添付付きメール送信も可能
です。また、S/MIMEにも対応(*1)していますので、署名付き、暗号化などセ
キュアなメールも処理することができます。

1)SimpleMail コンポーネント:
  メールデータをメール本文としてメールサーバ(SMTP)からメール送信
2)AttachmentMail コンポーネント:
  メールデータを添付ファイルと共にメールサーバ(SMTP)からメール送信

◆「メール送信(SimpleMail/AttachmentMail)」コンポーネントの活用例
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
この「メール送信(SimpleMail/AttachmentMail)」コンポーネントの活用例
には、以下のようなものがあります。特に、業務システム内で発生する通知処
理の部分をメールで行うような場合に定評があります。

・電子申請処理と業務システム間のシステム連携を行う中で、申請者から申請
 データが送られてきたタイミングで、担当職員にメールで通知する
・工場で生産される製品情報を共有する社内ポータルを運営する中で、製品の
 製造依頼や返品情報を元に製造工程の修正依頼をメールで通知する
・オンライン販売を運営する中で、ブラウザで注文が行われた場合、その受注
 を受け、バックエンドの在庫管理システムで在庫を確認したタイミングで、
 注文者への注文受理完了報告をメールで行う
・社員名簿に登録された宛先に対し、個々の給料明細情報をメールで一括送信
 する

…などです。
「メール送信(SimpleMail/AttachmentMail)」コンポーネントについて、少
しでもご理解いただけましたでしょうか?

ASTERIAでは“フロー設計”という手法により、業務手順に従って、一連の業
務処理全体をまとめて設計できるという強みがあります。そのため、メールデ
ータに必要な情報(Subject,To,From等)を、各DBやシステムが書き出すデー
タ形式から動的に取得したり、またそれに関連するメール本文用のテンプレー
トをHTMLやTEXT、XMLなどの形式で生成して送信することができます。

その他ご不明な点がありましたら、是非営業部までご相談ください。
このコラムをキッカケに、ASTERIAに関する皆さまの疑問にお応えできればと
思っております。(E-Mail:sales@infoteria.co.jp

*1:S/MIMEを使用するためには、日本ベリサインなどの電子認証局から個人用
  電子証明書を取得する必要があります

—————————————————————-
:: サポートサイト情報 :: http://www.infoteriacom.com/
—————————————————————-
サポートサイトでは、アップデート情報、FAQなど、インフォテリア製品に関
するさまざまな情報を、ご提供させていただいております。

また、今回取り上げましたコンポーネントを含む「メール関連」について、
より実用的に活用していただけるサンプルを多数ご用意しております。連携
方法やプロパティの設定方法など、ご参考にしてください。

既にASTERIAの製品登録、評価版申請がお済みの方は、お手持ちのIDとパスワ
ードにて【Download-ASTERIA3-サンプル】にアクセスの上、ご活用ください。

また、ASTERIAの評価版をご希望の場合は弊社営業部までお問合せください。
担当者より、評価版のお申込みに関するご案内をさせていただきます。
……………………………………………………………………………………
/インフォテリア株式会社 営業部
\E-Mail:sales@infoteria.co.jp

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
■□ ASTERIAの製品情報は、以下のサイトで
□■ https://www.infoteria.com/jp/product/asteria/index.jsp?id=in
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

以上、ご確認の上 宜しくお願い申し上げます。

ご意見、ご質問等はお気軽に下記の問合せ窓口までお寄せください。
なお、ご連絡先など変更がございましたらご一報いただければ幸いです。

……………………………………………………………………………………………
【問合せ窓口】
 インフォテリア株式会社
 メール:sales@infoteria.co.jp URL:https://www.infoteria.com/
———————————————————————-
 TEL.03-5718-1260 FAX.03-5718-1261
……………………………………………………………………………………………

◆◆ メール配信の解除について ◆◆

今後「Infoteria News」の配信を希望されない場合は、メールに『配信不要』
と明記のうえ、以下の連絡先まで、ご連絡ください。
[E-Mail]: sales@infoteria.co.jp
 


以上
日時:2004年08月19日 13:00