ニュースメールマガジン

IN#113 — 『受注業務ソリューション セミナー』のご紹介

□□■ Infoteria News(インフォテリア ニュース)

□■■ -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
■■■                  // Vol.113 // 2005.01.13 配信
===================================
                       www.infoteria.com/
―― ニュースの目次 ――――――――――――――――――――――――――
◆ニュース・お知らせ
|-【01】インフォテリアからの《お知らせ》:2005/01/07
|—–> インフォテリアとセールスフォース・ドットコム、Webサービスを利
|—– 用したCRMソリューションと社内システムの連携で技術提携
|——————————————————————–
◆セミナー・イベント情報
|-【02】『ASTERIAハンズオンセミナー』 2005/01/21(東京)
|-【03】『受注業務ソリューション セミナー』 2005/01/27(大阪)
|-【04】『Developers Summit 2005』 2005/02/03〜04(東京)
|-【05】『FXIS IT ソリューション・フォーラム』 2005/02/10(東京)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。Infoteria Newsも、本号にて2005年最初の配信を迎えました。
本年も、皆様に有益な情報配信を行うよう努めて参りますので、何卒よろしく
お願いいたします。今号では、セールスフォース・ドットコムとのWebサービ
スを利用したCRMソリューションに関する技術提携のお知らせ、ASTERIAに関す
るセミナー・イベント情報満載でお届けいたします。

◆ニュース・お知らせ◆
———————————————————————-
【01】インフォテリアからの《お知らせ》:2004/12/21
———————————————————————-
■ インフォテリアとセールスフォース・ドットコム、Webサービスを利用した
■ CRMソリューションと社内システムの連携で技術提携
◇ 〜 「ASTERIA」と「Salesforce.com」の連携モジュールを開発、2005年1月
◇ より提供開始 〜
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
インフォテリア株式会社と株式会社セールスフォース・ドットコムは、Webサ
ービス技術を利用したオンデマンド・カスタマー・リレーションシップ・マネ
ージメント(CRM)ソリューションと社内システムの連携で技術提携したこと
を発表しました。

両社は今回の技術提携により、インフォテリア製の企業情報システム連携ソフ
トウェアパッケージ「ASTERIA 3」を使って、セールスフォース・ドットコム
が提供する統合型CRMサービス「Salesforce.com」とノーツやExcelなどの社内
システムを接続する連携モジュールを開発し、2005年1月より提供を開始しま
す。両製品の直接の連携によって、Webサービスを利用して提供されるCRMサー
ビスと、社内情報システムとをノン・コーディングで連携させることが可能と
なります。

……………………………………………………………………………………………
// この《お知らせ》の本文は、こちらから
// https://www.infoteria.com/jp/news/press/pr050107.jsp?id=in
……………………………………………………………………………………………

◆セミナー・イベント情報◆
———————————————————————-
【02】『ASTERIAハンズオンセミナー』 2005/01/21(東京)
   〜 ASTERIAを実際に体験いただく場としてご活用ください 〜
 ◎URL:http://www.naisis.co.jp/event/log/013.html
———————————————————————-
ASTERIAを実際に体験していただく場として、ASTERIAのハンズオンセミナーを
開催いたします。
 ・本当にノンコーディングなのか?
 ・実際の使い勝手はどうなのか?
ASTERIAの機能の素晴らしさ、運用コスト削減にどれだけ貢献できるかをご理
解いただけると幸いです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【主催】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
【日時】2005年01月21日(金)14:00〜16:50[受付開始13:45〜]
【場所】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
    八重洲オフィス セミナールーム
    東京都中央区八重洲2-2-10 八重洲名古屋ビル4階
    ※地図:http://www.naisis.co.jp/access_4.html
【定員】10名
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
【セミナー事務局】
  松下電工インフォメーションシステムズ株式会社 東日本市場開発営業部
  ◎E-Mail:sales@naisis.co.jp ◎TEL:03-3510-6148
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※当日ノートパソコンを持参いただける方に限らせていただきます。
※当日ノートパソコンをご持参いただけない場合は、個別対応とさせていただ
 きますので、セミナー事務局まで、ご連絡ください。
※セミナーでは、MS-OFFICE(Excel、Access)を使用しますので、事前にイン
 ストールをお願いいたします。

◆セミナー・イベント情報◆
———————————————————————-
【03】『受注業務ソリューション セミナー』 2005/01/27(大阪)
   〜 ASTERIAのご紹介 〜
 ◎URL:http://www.canon-soft.co.jp/seminar/details/200501051525.html
———————————————————————-
受注業務システム自体の単純化をテーマに、受注業務の実態とあるべき姿、
キヤノンソフトが考える受注システムのモデルと共に、データ変換ツール「
ASTERIA」のご紹介をいたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【主催】キヤノンソフトウェア株式会社
【協賛】インフォテリア株式会社
【日時】2005年01月27日(木)13:30〜16:00[受付開始13:00〜]
【場所】ハービスOSAKA 6F ガーデンシティクラブ大阪「スバル」の間
    大阪市北区梅田2-5-25
    ※地図は、上記URLよりご確認ください。
【定員】30名
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要 ※締切:2005/01/26)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
♯♯ セミナー内容 ♯♯
◇受注業務の実態とあるべき姿
◇データ変換ツールASTERIAのご紹介
◇弊社が考える受注システムのモデルのご紹介

◆セミナー・イベント情報◆
———————————————————————-
【04】『Developers Summit 2005』 2005/02/03〜04(東京)
   〜 デベロッパーの復権 〜
 ◎URL:http://www.seshop.com/event/dev/
———————————————————————-
幅広いIT技術者が自らかかわる、IT技術者のためのイベントとして毎年開催さ
れるこのイベントも3年目を迎えました。今回は、ソフトウェア開発のセッシ
ョンだけではなく、「プロジェクトマネジメント」や、日本のお家芸ともいえ
る「組込み開発」を取りあげ、「技術立国日本」「ものづくりの日本」のエン
ジニアの現場に即したセッションも多く企画されています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【主催】株式会社翔泳社
【日時】2005年02月03日(木)〜04日(金)
【場所】青山ダイヤモンドホール
    ※地図は、上記URLよりご確認ください。
【費用】無料(一部、有料セッションもあります)
【お申込み】上記URLでの事前登録が必要
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
♯♯ このイベント内でのインフォテリアのセッションのご紹介 ♯♯
◇タイトル:「XMLマスター新試験はこう解く!」
◇日時:2005年02月04日(金)16:30〜17:15(E会場)
◇講師:インフォテリア株式会社 教育部 シニアエンジニア
    XML技術者育成推進委員会 理事 木村 達哉
◇内容:1月17日に発表予定のXMLマスター新試験について主な変更点をサンプ
    ル問題を使いながら解説。受験に当たっての勉強方法についても説明。

◆セミナー・イベント情報◆
———————————————————————-
【05】『FXIS IT ソリューション・フォーラム』 2005/02/10(東京)
   〜 ITの経営価値最大化を実現する戦略的ビジネス構築ソリューション 〜
 ◎URL:http://www.fxis.co.jp/event/forum/index.html
———————————————————————-
富士ゼロックス情報システムがご提案するソリューションを、一挙に終結して
ご紹介するイベント『FXIS IT ソリューション・フォーラム』。FXISが誇る製
品ノウハウや実際に採用されたソリューションの導入事例を、セミナー・展示
・デモンストレーションにてご紹介いたします。また、特別講演で東京大学名
誉教授「養老孟司氏」(「バカの壁」等の著者)をお迎えし「脳に映る現代」
と題してご講演いただきます。ITの経営価値最大化に向け、戦略的ビジネス構
築のためのソリューションを、是非この機会にご体感ください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【主催】富士ゼロックス情報システム株式会社
【日時】2005年02月10日(木) 10:00〜17:30 [受付開始 9:00〜]
    ◇展示・デモ:10:00〜17:00
    ◇セミナー :10:00〜16:05
【場所】泉ガーデン ギャラリー(港区六本木)
    ※地図:http://www.sumitomo-rd.co.jp/izumig_cc/
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
/*/ 編集後記 /*/

今年最初の月を向かえ、デスク周辺の昨年の名残りを処分しながら、やっと今
週に入って身辺整理ができてきたような気がします。ふと思えば、日本企業に
は、新年から始まり、新年会、プロジェクトのキックオフ、期末の切り替え、
新入社員の入社、新製品発表…など、もしかしたら毎月かな?と思うくらいの
数々の“始動”があるように思えます。気持ちを切り替えて、気合を入れなお
して、いつも区切りをつけながら前に進むようなこの性質が、日本人のサラリ
ーマンをロボット戦士のように比喩される理由の1つなのかも知れない、とち
ょっと思いました。

// iFace Vol.004 〜 インフォテリアで最もよく声の通る男 〜 //

今号は、教育部シニアエンジニアである木村をご紹介いたします。ASTERIAの
トレーニングの講師も努めることもあり、1度お会いした方もいらっしゃるか
もしれませんね。この木村の持ち味はというと…その“とてもよく通る声”。
声の大きさを持ち味とする社員は何人かいますが“通る”という意味では、文
句なくインフォテリア1を誇るのではないかと思われます。それは、普段の業
務で会話をする時には考えも付かないほどのレベルです。私も木村の開催する
ASTERIAトレーニングに立ち会うことがなければ、その持ち味を知ることはな
かったかも知れません。講習を行う部屋の隅の席にいてもよく聞こえるその声
は、時折つぶやく独り言さえも、よく聞こえてしまうほどです。

また、XMLに関する技術資料をまとめることにかけて、社内で一番のノウハウ
を持つのも彼です。XML関連の書籍の執筆経験もあり“この技術はこういうも
の”という理論的な展開については、まるで模範解答のような回答が返ってく
ることでしょう。また、インストラクション経験もあるので、人の分からない
ことに対する問題意識も持ち合わせ、「でも、こんな時は?」という予定外の
逆質問にも臨機応変に対応してくれます。そのような誠実な対応の積み重ねで
しょうか?…以前執筆を続けていたInfoteria Newsのコラムで、そのコラムの
噂を聞きつけて購読のご依頼いただいたケースが多かったのが印象的です。

今後、XMLだけでなく、ASTERIAの技術に関する普及にも努めてゆきますので、
みなさまの元へお訪ねする機会も多くなるかと思います。お気軽にお声掛けい
ただければと思います。見た目はとても堅実なイメージですが、意外にとても
よく笑う人です。(また、昨年産まれた長女の話をすれば、トロけてしまいそ
うなその子煩悩ぶりも意外です!)

さて、このメールニュース内でもご紹介したイベント『Developers Summit
2005』では、2月4日実施のセッションでこの木村がスピーカーを務めます。こ
れから「XMLマスター」資格を取得されたい方は是非、まずこのよく通る声で
その資格の真髄をご聴講いただければ…より前向きに習得しようと思えるので
はないか(?)と思います。

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

このメールは、過去に弊社サービスをご利用いただいた方、またはイベント・
セミナーにご参加いただいた方に無料で配信しております。
※メール配信の解除方法は、以下「メール配信の解除方法」をご参照ください

ご意見、ご質問等はお気軽に下記の問合せ窓口までお寄せください。
なお、ご連絡先など変更がございましたらご一報いただければ幸いです。

◆◆ お問合せ窓口 ◆◆
インフォテリア株式会社 ビジネス事業部 ビジネス推進室 メール配信担当
メール:mailnews@infoteria.biz

◆◆ メール配信の解除方法 ◆◆
今後「Infoteria News」の配信を希望されない場合は、メールに『配信不要』
と明記のうえ、以下の連絡先まで、ご連絡ください。
[E-Mail]: mailnews@infoteria.biz

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
 


以上
日時:2005年01月13日 13:00