ニュースメールマガジン

IN#122 — 開発時のコミュニケーションギャップを埋める「グラフィカルランゲージ」

□□■ // Infoteria News — インフォテリア ニュース — Vol.122 //

□■■ 
■■■ ――――――――― 2005.05.26 配信 https://www.infoteria.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇ ニュースの目次 ◇◇
【1】『Fetch Information!』
   〜開発時のコミュニケーションギャップを埋める
                     「グラフィカルランゲージ」〜
【2】『ASTERIAハンズオンセミナー』 のお知らせ(2005/6/16:東京)
【3】『IBM Software World 2005』大阪会場への最終案内です!
【4】より実践的な試験に生まれ変わる「XMLマスター」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Vol.122では、ちょっと太っ腹に読者プレゼント付です。5月16日に晴れて刊行
となったASTERIA初の公式解説書「ASTERIA実践ガイド」についてご紹介します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】『Fetch Information!』
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今回はいつもと趣向を変えて、手前味噌ながら、5月16日に翔泳社より刊行さ
れた「ASTERIA実践ガイド」から、ASTERIAが提供するグラフィカルランゲージ
についてお届けします。既にASTERIAをご存知の皆さまにも、そうでない方に
も、本書で熱く語られている「グラフィカルランゲージ」について、ぜひ垣間
見ていただければと思います。

———————————————————————-
■ 開発時のコミュニケーションギャップを埋める
                    「グラフィカルランゲージ」 ■
———————————————————————-
このメルマガをお読みの皆さまは、ASTERIAにご興味をお持ちの方も多いかと
思います。ASTERIAは普段、EAIとかBtoBといった切り口で紹介されることが多
い製品ですが、本書では、システム開発に携わる方を読者として想定し、
ASTERIAをシステム構築のためのツール的な観点から“プログラミング言語”
という切り口で紹介しています。そこで登場するのが「グラフィカルランゲー
ジ」という考え方です。

GUIの到来によりコンピュータの利用に対するハードルは、一気に低くなりま
した。いまやパーソナルコンピュータいわゆるパソコンは、老若男女が使用し
ています。そんな時代を背景に、ASTERIAは「簡単なことを簡単に」を開発の
基本コンセプトに据え、プログラミング言語の表現形式としては常識だった
「テキスト」を離れ、GUIをベースに直感的なプログラミングを可能にするこ
とで、プログラミングに対するハードルを低くすることにチャレンジしたので
した。「グラフィカルランゲージ」とは、まさにそのチャレンジの根幹です。

本書では、このグラフィカルランゲージが、設計と開発を分離しないシステム
開発を可能にし、システム開発時のコミュニケーションギャップを埋める、と
言います。

確かにテキストベースで書かれたプログラムでは、プログラミングの知識がな
い限り、その内容を理解することはできないため、プログラミングが完了し実
際の動きを見るまでは、本当にユーザの要求に応えるものになっているかはわ
かりません。ところが、ASTERIAが提供するグラフィカルランゲージなら、処
理の流れがアイコン形式で提示されているので、プログラミングの知識がない
人でも、どういう処理をさせようとしているのか一目瞭然です。ですから、そ
こには、従来型のシステム開発時には往々にしてありがちな、ユーザと開発者
の間でのコミュニケーションギャップは起こりようがありません。

さらに、このグラフィカルランゲージによって、圧倒的なスピードでのシステ
ム開発はもちろんのこと、変化に強い開発が可能になると結んでいます。

以上のように、かなり興味深い内容が、「はじめに」と「おわりに」に凝縮さ
れており、技術者でないわたくしにでも、楽しめる本となっています。ぜひ、
多くの方に読んでいただければと思います。

———————————————————————-
◇…「ASTERIA実践ガイド」公式サイト book.infoteria.com/ …◇
———————————————————————-

本書は一般の書店やネット上でも販売しています。アマゾンでは書評も掲載さ
れておりますので、ご興味のある方はこちらもどうぞ。
→ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798108308/infoteria-22

———————————————————————-
■ 10名の方に「ASTERIA実践ガイド」をプレゼント! ■
———————————————————————-
本メルマガ読者に、日ごろのご愛読に感謝を込めて、この「ASTERIA実践ガイ
ド」を抽選で10名の方にプレゼントいたします。“ASTERIAのことをもっと知
りたくなった”“70点ルールのことをもっと知りたい”など、本書の内容や続
きが気になる方はふるってご応募ください。

ご応募の方法
asteria-book-feedback@infoteria.co.jp までメールにてご応募ください。

メールの件名は「読者プレゼント希望」として、本文中に送付希望先の住所、
電話番号、お名前、本メルマガに対するご意見・ご感想を添えてお送りくださ
い。なお、当選者の発表は、本書の発送を以って代えさせていただきます。あ
らかじめご了承ください。

最後に著者の一人であるインフォテリア中川智史より、本書についてのコメン
トをもらいましたので、ご紹介します。

———————————————————————-
◇…「ASTERIA実践ガイド」刊行にあたり  インフォテリア 中川智史…◇
———————————————————————-
今回、ついにASTERIA初の解説書「ASTERIA実践ガイド」を刊行することができま
した。本書の一番の売りは、なんといってもASTERIAの評価版CDがついてくると
ころです。「百聞は一見に如かず」とよくいいますが、やはり実際に使ってみる
ことが理解への一番の近道だと思います。ぜひ本書を手に取っていただき、
ASTERIAの「グラフィカルランゲージ」の世界を体験してみてください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【2】『ASTERIAハンズオンセミナー』 のお知らせ(2005/6/16:東京)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ ASTERIAを実際に体験いただく場としてご活用ください
◆◇◆ URL:http://www.naisis.co.jp/event/log/013.html

ASTERIAを実際に体験していただく場として、ASTERIAのハンズオンセミナーを
開催します。

 ・本当にノンコーディングなのか?
 ・実際の使い勝手はどうなのか?

ASTERIAの機能の素晴らしさ、運用コスト削減にどれだけ貢献できるかをご理
解いただけるはずです。

【主催】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
【日時】2005年6月16日(木)14:00〜16:50 [受付開始13:45〜]
【場所】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
    八重洲オフィス セミナールーム
    東京都中央区八重洲2-2-10 八重洲名古屋ビル4階
    ※地図:http://www.naisis.co.jp/access_4.html
【定員】10名
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
【セミナー事務局】
  松下電工インフォメーションシステムズ株式会社 東日本市場開発営業部
  ◎E-Mail:sales@naisis.co.jp ◎TEL:03-3510-6148

——————–
■… 備考 …■
※当日ノートパソコンを持参いただける方に限らせていただきます。
※当日ノートパソコンをご持参いただけない場合は、個別対応とさせていただ
 きますので、セミナー事務局まで、ご連絡ください。
※セミナーでは、MS-OFFICE(Excel、Access)を使用しますので、事前にイン
 ストールをお願いいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【3】 『IBM Software World 2005』 大阪会場への最終案内です!
   (2005/6/8:大阪)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ URL:http://www.idg.co.jp/expo/isw/

『IBM Software World 2005』も残すは大阪会場のみとなりました。「東京よ
りも大阪が近い」ということで、大阪会場での開催をお待ちいただいている皆
さま。インフォテリアでは東京会場同様に、ASTERIAとAS400との連携など
ASTERIAを使ったシステム開発ソリューションをご紹介します。気軽にASTERIA
をご覧いただける絶好の機会です。

インフォテリアブース〔O-104〕にて皆さまをお待ちしております。ぜひ足を
お運びください!

【主催】日本アイ・ビー・エム株式会社
【費用】無料
【日時】2005年6月8日(水)
【場所】ヒルトン大阪
 ※会場地図:http://www.idg.co.jp/expo/isw/access/index.html
【インフォテリアブース】O-104

※東京会場にご来場いただいた皆さまには、この場を借りて、お礼申し上げ
 ます。ありがとうございました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【4】より実践的な試験に生まれ変わる「XMLマスター」
   インフォテリア認定教育センターではV2認定コースを開催中!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 「XMLマスター」への近道にインフォテリア認定教育をご活用ください
◆◇◆ URL:https://www.infoteria.com/jp/training/

「XMLマスター」は、株式会社アットマーク・アイティが「@IT自分戦略研究
所」の読者を対象に行った調査で2002年から3年連続で「エンジニアが取得し
たい資格」のベンダーニュートラル資格部門の第1位に選ばれ続けている、
XMLのスペシャリストを認定する制度です。

そのXMLマスターの認定試験が、来る6月1日(水)からV2試験にバージョン
アップします。新試験では、公式HP上のレポート
www.xmlmaster.org/v2/monitor/ )にあるように、より実践的な
知識・技術力を試す問題となっているようです。

インフォテリア認定教育センターでは、XMLマスター認定試験のバージョン
アップにいち早く対応し、4月よりXMLマスターV2認定コースを開催していま
す。厳しい審査を受けたインフォテリア認定トレーナーによる実践的なコース
内容ですので、V2試験を目指されている方はもとより、XMLの技術力を身に付
けたい方も、ぜひ受講をご検討ください。

——————————————————————-
■… インフォテリア認定トレーナーによるセミナーが開催されます …■

このV2試験に対応した試験対策本「XMLマスター教科書 ベーシック V2」が、
翔泳社から出版されています。この刊行を記念して、本書籍の著者でイン
フォテリアの認定トレーナーでもある、日立システムアンドサービスの森田
浩美氏の著者セミナーが開催されるとのこと。V2試験でXMLマスターを目指す
方は、またとないこの機会をご利用してみてはいかがでしょうか?

【日時】2005年6月24日(金) 15:00〜17:00
【場所】株式会社翔泳社1F 特別セミナー室
【費用】無料
【講師】森田 浩美 氏 (株式会社日立システムアンドサービス)
【内容】XML試験概要/執筆時の重点/本書の使いかた/試験合格ポイント/
    その他参考情報
【参加条件】SEshop.comで「XMLマスター教科書 ベーシック V2 著者セミナー
      受講権付き」をご購入された方
———————————————————————-
◇…セミナーの詳細はこちら www.seshop.com/xml/ …◇
———————————————————————-

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
/*/ 編集後記 /*/

先日、ASTERIAのソリューションパートナーの皆さまとお話をする機会があり
ました。

そこで、本メルマガのことが話題に上り、皆さまが予想以上にこのメルマガを
楽しみにしてくださっていることや、隅々までくまなく読んでいただいている
ことを知り、大変うれしく思った次第です。

個人的には編集後記まで読んでくださっている方は少ないのでは?と思ってい
たのですが、意外や意外、前回の駅で転んだことをご心配いただいたり、草野
球チームに所属している方から対戦のオファーまでいただいてしまい、思った
以上に影響力(?)があるものなのだなあと、気を引き締めさせられました。
皆さまに楽しく読んでいただけるよう、工夫を凝らしているつもりではありま
すが、気がついた点やこんなことを掲載して欲しいなどのご要望がありました
ら、何なりとお寄せいただければと思っております。

さてさて、草野球の話題が出たので自慢話(?)を一つ。毎年チームの打撃成
績では「三振王」「四死球王」争いをしていることが多いわたくしであります
が、5/21にチームの開幕戦(ちと遅いですが…)があり、そこで初戦早々初
ヒットを飾ることができました!記録は「ショート強襲ヒット」。要は内野安
打な訳ですが、試合前のバッティングセンターでは散々な状態で、かなり落ち
込み気味に試合に入ったこともあり、思わぬ成績ににんまりしているわたくし
でした。(くま)

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

本メールは、過去にインフォテリアのサービスをご利用いただいた方やパート
ナー企業の皆様、当社が開催したセミナー・展示会にご参加いただいた皆様や
その他の機会に名刺交換をさせていただいた皆様および当社Webサイトからメー
ルニュースの配信をご希望いただいた皆様にお送りしております。
※メール配信の解除方法は、以下「メール配信の解除方法」をご参照ください

ご意見、ご質問等はお気軽に下記の問合せ窓口までお寄せください。
なお、ご連絡先など変更がございましたらご一報いただければ幸いです。

◆◆ お問合せ窓口 ◆◆
インフォテリア株式会社 プロダクト事業部 メール配信担当
メール:mailnews@infoteria.biz

◆◆ メール配信の解除方法 ◆◆
今後「Infoteria News」の配信を希望されない場合は、メールに『配信不要』
と明記のうえ、以下の連絡先まで、ご連絡ください。
[E-Mail]: mailnews@infoteria.biz

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
 


以上
日時:2005年05月26日 13:00