ニュースメールマガジン

IN#139 — 2006年2月「ASTERIA」を使った新サービスを開始します!

□□■ // Infoteria News — インフォテリア ニュース — Vol.139 //

□■■ 
■■■ ――――――――― 2006.02.09 配信 https://www.infoteria.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇ ニュースの目次 ◇◇
【1】2006年2月「ASTERIA」を使った新サービスを開始します!
【2】『ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプター』、本日リリース!
【3】いまITエンジニアに人気の3資格とは?
【4】百聞は一見にしかず!「ASTERIAハンズオンセミナー」
   (2006/2/17:東京)
【5】「業務プロセスの見える化と他システム連携を迅速・柔軟に実現!」
   セミナー(2006/3/8:東京)
【6】Fetch Information!
   〜チョコが虫歯を予防するって!?〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Vol.139では、前号で(正式発表前だったということで)思わせぶりな形での
告知となってしまった「ASTERIAマイグレーションサービス」の概要について
お知らせします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】】2006年2月「ASTERIA」を使った新サービスを開始します!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 「ASTERIAマイグレーションサービス」って何?
◆◇◆ www.infoteria.com/jp/news/press/pr060201.jsp

このたびインフォテリアでは「ASTERIA」を期間限定でレンタルするという、
データ連携というソフトウェアの分野では画期的なサービス、「ASTERIAマイ
グレーションサービス」を開始することとなりました。

この「ASTERIAマイグレーションサービス」は、インフォテリアがシステムイ
ンテグレーター企業向けに提供するもので、以前よりSI企業の皆さんからい
ただいていた「システム構築、改変、リプレイスなどを行なう際に必ず発生
する“データ移行”“テスト”といった作業のツールとして、ASTERIAを活用
できると便利なのだが…」いう声にお応えするために生まれました。

このサービスにより、SI企業では必要な期間だけASTERIAをレンタルして利用
することができるようになり、

 ・短い期間で旧システムからのデータ移行ができる
 ・移行のためだけのインターフェース開発を大幅に削減できる
 ・データ移行の環境を固定資産として持たなくてよいので、コスト管理が
容易になる
 ・必要な期間だけ費用負担すればよいので、開発コスト削減や費用の適正配
  分が可能となる

といったメリットを得ることができます。

SI企業でのコストが下がれば、それは自ずとエンドユーザー側のコスト削減に
もつながることは火を見るよりも明らかですね。

データ移行時のワンポイントリリーフには、お得な「ASTERIAマイグレーション
サービス」をご用命ください!

~~~~~~~~~~~
「ASTERIAマイグレーションサービス」にご興味のある方は、ぜひインフォテ
リアまでお問い合わせください! → sales@infoteria.co.jp


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【2】『ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプター』、本日リリース!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ データ分析の活用範囲を広げ、ビジネスの問題点を浮き彫りに
◆◇◆ www.infoteria.com/jp/product/asteria/solution/drsumea/

本日より最新版『ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプター』の出荷が始まります。
このアダプターは、ウイングアークテクノロジーズ株式会社の多次元集計エンジ
ン「Dr.SumEA version2.3」と「ASTERIA 3」との連携を可能にするものです。

「ASTERIA 3」と「ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプター」を組み合わせることにより
「Dr.SumEA」をより幅広く活用することができるようになります。

例えば…

・「Dr.SumEA」で分析するデータを社内に散在するデータソースから自動収集
 したい
・日々蓄積されるビジネスデータを「Dr.SumEA」で集計するために自動更新し
 たい
・「Dr.SumEA」で日々定型的に行われる分析結果をPDFやノーツで配信したい

以上のようなご要望にお応えすることができます。

「ASTERIA」+「ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプター」+「Dr.SumEA」で、より多彩
なデータ分析が可能となり、これまで見えなかったビジネスの問題点が浮き彫
りになること間違いナシです。

~~~~~~~~~~~
 ASTERIA 3 Dr.SumEA アダプターに関するお問い合わせは
 インフォテリア 営業部まで → sales@infoteria.co.jp


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【3】いまITエンジニアに人気の3資格とは?
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ ベンダーニュートラル資格の取得意向高まる
◆◇◆ www.xmlmaster.org/news/px060131.html

2005年11月に@IT自分戦略研究所が行った読者調査の結果を受けて、先日の
1月31日に、XML技術者育成推進委員会、UMLモデリング推進協議会、LPI-Japan
の3団体より共同のプレスリリースが発表されました。

すでにご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、@IT自分戦略研究所
Webサイト上で実施した読者アンケート(実施:2005年11月、回答数:1109件)
の結果、「XMLマスター」「UMLモデリング技能認定」「LPIC」の3資格が、
「今後取得を目指す資格」として上位ランキングされたという内容です。

この発表を受けて、XML技術者推進委員会で副会長を務めている、当社代表取
締役の平野洋一郎もコメントを出しております。

下記のURLにアンケートの詳細な内容が掲載されているので、あわせてご覧く
ださい!

———————————————————————-
// 詳細は、こちらからご覧ください↓↓
// http://www.xmlmaster.org/survey_result/
———————————————————————-


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【4】百聞は一見にしかず!「ASTERIAハンズオンセミナー」
   (2006/2/17:東京)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ ASTERIAへの理解が深まり、利用イメージが広がること間違いナシです
◆◇◆ URL:http://www.naisis.co.jp/event/log/013.html

ASTERIAは異なるデータ形式やインターフェースの違いを吸収し、容易に、
より柔軟なシステム統合を実現します。
このASTERIAハンズオンセミナーでは、実際にASTERIAを操作していただき、
容易で柔軟なシステム構築がどのようにして可能となっているのを体験してい
ただくことができます。

 ・本当にノンコーディングなのか?
 ・実際の使い勝手はどうなのか?
 ・評価版をどうやって使用したらいいのか?

などを、ぜひこの機会にご自身で確かめてみてください。
当初想像されていた以上に「使える場面」をイメージしていただけると思い
ます!

【主催】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
【日時】2005年2月17日(金)14:00〜16:50(受付開始13:45〜)
【場所】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社 4Fセミナールーム
    東京都中央区京橋1-6-1 三井住友海上テプコビル4階
    ※地図:http://www.naisis.co.jp/access_4.html
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
【定員】10名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【お問合せ先】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
       セミナー事務局 平野 真由美、染谷
       E-MAIL:sales@naisis.co.jp/TEL:03-3563-6660

——————–
■… 対象者 …■
・EAIツールの検討に携わっている方、もしくはEAIツール導入のニーズをお持
 ちの方
・セミナー後、評価版を1ヶ月お試しいただける方
・事前にASTERIAのライセンス申請・インストールが可能かつ当日ノートパソ
 コンをご持参していただける方
 ※必要なスペックは以下のURLにて、ご確認ください
  http://www.naisis.co.jp/event/log/013.html

※本セミナーではMS-OFFICE(Excel、Access)を使用しますので、事前にインス
 トールをお願いします。
※なおご持参いただけない場合は個別対応させていただきますので事務局まで
 ご連絡ください。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】「業務プロセスの見える化と他システム連携を迅速・柔軟に実現!」
   セミナー(2006/3/8:東京)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ ワークフローシステム構築とシステム連携をしたいお客様へ
◆◇◆ www.naisis.co.jp/event/log/015.html

今後、日本版SOX法や内部統制の基本方針の策定を義務付けた新会社法などの
法整備が進められることになっています。

それを受けて、ITを使った業務プロセスの電子化や可視化がますます求められ
てきています。しかし、業務プロセスや連携すべき既存システム・データは多
種多様で、きちんと対応するには手間・工数やコストが掛かる…といった課題
でお悩みなのが各企業の現実ではないでしょうか?

当セミナーでは上記課題を解決しビジネスプロセスの電子化・可視化を柔軟に
構築できるキヤノンソフトウェアのワークフロー構築ツール「Web-CADDY/J」
とデータ・システム間を“コーディングレス”で「つなぐ」革新的なデータ連
携ソフトウェア「ASTERIA」の概要およびデモと連携ソリューション事例をご
紹介します。

ご来場の上、日本版SOX法を睨んでのASTERIAの活用法を、ぜひご覧ください。

【主催】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
    キヤノンソフトウェア株式会社
【日時】2006年3月8日(水)14:00〜17:00(受付開始13:30〜)
【場所】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社 4Fセミナールーム
    東京都中央区京橋1-6-1 三井住友海上テプコビル4階
    ※地図:http://www.naisis.co.jp/access_4.html
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
【定員】20名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【お問合せ先】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
       セミナー事務局 大久保、井川
       E-MAIL:sales@naisis.co.jp/TEL:03-3563-6660


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【6】Fetch Information
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
来週はバレンタインデーですね。わたくしは、「義理チョコはあげない主義」
を貫いてきたのですが、日頃お世話になっている人に対してお礼をするという
意味では最適な日なのかなあと、転向(大げさ?)も視野に入れ、悩み中です。

そんなことを考えながらニュースサイト「nikkeibp.jp」を眺めていたわたく
しに、驚くべきヘッドラインが飛び込んできました。

———————————————————————-
■チョコが虫歯を予防するって!?
nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/kenkou/plus/420833
———————————————————————-
なんとそのヘッドラインには「『虫歯』を防ぐ、チョコの意外な効果」とあり
ます。これが事実であれば、チョコを筆頭とする“甘い食べ物”は虫歯の原因
になると刷り込まれてきたわたくしにとって、なんとも衝撃的な情報です。
さっそくそのヘッドラインをクリックしてみました。

すると、チョコに含まれるカカオ成分のうち「カカオパウダー」を使った実験
により、カカオパウダーが虫歯の原因菌の酵素の働きを阻害することがわかっ
たというのです。さらには、歯垢をできにくくする働きまであるのだとか!
これこそまさに、コペルニクス的転回です!

しかし、これはあくまでもひとつの実験データであり、常にチョコを食べてい
たら虫歯にならないということではないと思われるので、ご注意ください。
(もちろんこのサイトでも日常のケアは必要だというクギはさされていました)

ともあれ、バレンタインデーを前に、本情報をチョコにちなんだウンチクとし
てご利用いただければ幸いです。(笑)

【参照ページ】:「nikkeibp.jp ライフスタイル 健康+α」

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
/*/ 編集後記 /*/

皆さんには心から「恩師」と呼べるような方がいらっしゃいますか?

わたくしには、「恩師」と言える先生が3人いるのですが、今週末、その中の
一人である大学時代のゼミの教授が退官されるということで、その記念会に
出席することになっています。

代々のゼミ生がいるので、一体どのくらいの参加者がいるのかと気になって、
わたくしの代の幹事に聞いたところ、当初60名くらいで見積もっていた参加者
が、ふたを開けてみたらなんと130名近くの参加表明があったということで、
なんだかてんやわんやしたようです。

わたくしの出身大学は小さな公立大学で、卒業後はほとんどの人が地元に帰っ
ていく傾向があるのですが、そんな中で130名もの元ゼミ生が集結するとは、
「やっぱり先生の人柄だよなあ」と思わずにはいられません。

実際わたくしも、その先生には本当にお世話になり、いろいろなエピソード
を数え出したらきりがないほど。特に思い出深いのは、卒論の追い込み時期、
誰もいないだろうと思いつつ早朝からゼミ室に行ったところ、すでに先生がい
て、「朝ごはんがまだだったら一緒に食べよう。」といって、オムレツを作っ
ていただいたことです!そのときの光景は、いまだに目に焼きついています。

そんなこんなで、今週末は学生時代、とってもお世話になった先生を精一杯ね
ぎらってこようと思っています。卒業以来不義理を働いていたわたくしを、果
たして先生は覚えていてくださっているかどうか?が若干心配ではありますが。
(笑) (くま)

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

本メールは、過去にインフォテリアのサービスをご利用いただいた方やパート
ナー企業の皆様、当社が開催したセミナー・展示会にご参加いただいた皆様や
その他の機会に名刺交換をさせていただいた皆様および当社Webサイトからメー
ルニュースの配信をご希望いただいた皆様にお送りしております。
※メール配信の解除方法は、以下「メール配信の解除方法」をご参照ください

ご意見、ご質問等はお気軽に下記の問合せ窓口までお寄せください。
なお、ご連絡先など変更がございましたらご一報いただければ幸いです。

◆◆ お問合せ窓口 ◆◆
インフォテリア株式会社 プロダクト事業部 メール配信担当
[E-Mail]: mailnews@infoteria.biz

◆◆ メール配信の解除方法 ◆◆
今後「Infoteria News」の配信を希望されない場合は、メールに『配信不要』
と明記のうえ、以下の連絡先まで、ご連絡ください。
[E-Mail]: mailnews@infoteria.biz

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛


以上
日時:2006年02月09日 13:00