ニュースメールマガジン

IN#142 — インフォテリア 2006年度の開花予想

□□■ // Infoteria News — インフォテリア ニュース — Vol.142 //

□■■ 
■■■ ――――――――― 2006.03.30 配信 https://www.infoteria.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇ ニュースの目次 ◇◇
【1】インフォテリア 2006年度の開花予想
【2】ASTERIAソリューション事例
   〜統合から連携へ 発想の転換を支えたASTERIA〜
【3】社員研修にインフォテリアの教育コースはいかがですか?
【4】ブログ、Web2.0を支えるXML技術:最新動向(セミナー)
   (2006/4/18:東京)
【5】百聞は一見にしかず!「ASTERIAハンズオンセミナー」
   (2006/4/21:東京)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Vol.142では、年度末を締めくくり、2006年度に向けたインフォテリアの計画
について代表取締役社長 平野洋一郎の言葉をお届けします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】インフォテリア 2006年度の開花予想
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

いつもInfoteria Newsをお読みいただきありがとうございます。

東京ではいよいよ桜も満開!新年度を迎える雰囲気が盛り上がってきています。

おかげさまで、インフォテリアにおいてもASTERIAやXML教育に関しては開花
宣言をしてよいところまで来たのではないかと自負しておりますが、2006年
度は広い地域で満開にできるよう、さらに新たな取り組みを始める計画です。

【ASTERIAファミリーの拡充】
すでに大企業を中心に200社を超える企業で導入いただいているASTERIAの
パワーをより多くの企業、より多くのシーンでご活用いただけるよう、
ラインアップを強化してまいります。

【XML教育の普及強化】
「Web 2.0」時代においてますます普及が進むXML。その技術者教育の幅を広
げるために、いよいよ専門学校など社会人の「蕾」の方々向けの教育を開始
します。

【新たな「蕾」】
さらに2006年度には、将来の皆様のビジネスにお役立ちすべく、「蕾」プロ
ジェクトがいくつも進行中で、各部門で盛り上がっています。2006年度中
には、開花宣言できるものがあると予想し、楽しみにしています。

さて、2006年度の皆様のビジネスの開花予想はいかがでしょうか?新年度を
迎えるにあたり、皆様とご縁をいただいたことを改めて感謝しつつ、皆様と
ご一緒に新たな花を咲かせることができるよう社員一同努力してまいります。
新年度のインフォテリアにどうぞご期待ください。

                        インフォテリア株式会社
                          代表取締役社長/CEO
                              平野 洋一郎


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【2】ASTERIAソリューション事例
   〜統合から連携へ 発想の転換を支えたASTERIA〜
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 基幹システムに柔軟性を持たせて現状を打開
◆◇◆ www.infoteria.com/jp/product/case/plathome/

140号でご紹介した「ぷらっとホーム株式会社」様へのASTERIA導入事例が完成
し、本事例をご紹介するWebページの公開を開始しました。

ぷらっとホーム様では、「基幹システムが硬直化していてビジネス環境の変化
に追いついていない」という現実を打破するため、すべての機能やデータを基
幹システムに統合するという発想を捨て、基幹システムと周辺に存在するシス
テムやデータを連携させるという考え方にシフトして、既存の基幹システムに
手を加えることなく柔軟性を持たせることに着目されました。

そして、システムを連携させることを念頭に、6製品を検討。最終的に選んで
いただいたのが「ASTERIA」でした。

果たしてASTERIAを選んでいただいたその理由とは…?

ASTERIAを採用する際に決め手となったポイントはもちろん、ASTERIAを使って
業務改善を行なったことによる意外な営業的効果(?!)についても触れられ
ています。ぜひ、ご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◇ぷらっとホーム様の導入事例はこちらから
→https://www.infoteria.com/jp/product/case/plathome/


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【3】社員研修にインフォテリアの教育コースはいかがですか?
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ XMLからASTERIAまで。各種教育コースのご案内
◆◇◆ www.infoteria.com/jp/service/training/

4月がすぐそこまで迫ってきました。皆さんの中には、新入社員に対しては
もちろん、社内の研修・教育全般を担当される方もいらっしゃるのではないか
と思います。

そこでご提案!インフォテリアでは、エンジニアの方に向けたいくつかの教育
コースをご用意しています。いずれも有償ですが、まだ2006年4月以降の研修
のスケジュール策定に間に合うようであれば、ぜひインフォテリアの教育コー
スのご活用をご検討ください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●XML基礎(1日間)
www.infoteria.com/jp/training/course/index_basic.html
XMLの特徴、利用分野などを正しく理解し、XML技術をどのように利用するかを
企画、立案できる知識を身に付けることができます。

●XML SchemaによるXMLデータの定義(1日間)
www.infoteria.com/jp/training/course/index_schema.html
XMLのスキーマ定義言語であるXML Schemaの定義方法を習得できます。

●XSLTによるXMLデータの活用(1日間)
www.infoteria.com/jp/training/course/index_xslt.html
XMLデータを変換して利用するための技術XSLTを習得できます。また、XSLTを
活用する上で必要なXPathの知識も身につけることができます。

●XML実践演習(1日間)
www.infoteria.com/jp/training/course/index_handson.html
上記3コースの内容を実習する総合演習コースです。文書(コンテンツ)
管理、企業間電子商取引(BtoB)システムを想定し、一連のシステム開発の
流れに沿って、DTD、XML Schema、XSLT、名前空間などの技術を実習します。

●ASTERIA によるシステムインテグレーション(1日間)
www.infoteria.com/jp/service/training/
ASTERIAの特徴、概要を理解し、また、データのマッピング、データベースと
の連携、Excelデータの処理などを行なうフローの作成、実行を実習いただく
トレーニングです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【4】ブログ、Web2.0を支えるXML技術:最新動向(2006/4/18:東京)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 「パソナテック・アドバンテージセミナー」で当社平野が講師を務め
◆◇◆ ます https://www.pasonatech.co.jp/seminar/index.jsp

パソナテック・アドバンテージセミナーは、エンジニアとして知っておくべき
最新技術情報をキャッチアップしていただく機会として定期的に開催されてい
る無料セミナー。

毎回、業界の第一線で活躍されてる方を講師としてお招きして開催していると
のことですが、来る4月18日、当社の代表取締役社長である平野が講師を務める
ことになりました。

本セミナーでは、XMLという言葉を耳にするようになって久しい昨今、再度、
XMLとは何かを確認・理解し、現状どのような用途で利用されているのかを
ご紹介します。特に、ブログやWeb2.0の潮流との関係について解説する予定
です。

会社帰りに立ち寄りやすいよう、夜の開催となっているようです。
XMLの最新動向にご興味のある方は、ぜひご参加ください。

【主催】株式会社パソナテック
【日時】2006年4月18日(火)19:00〜21:00
【場所】渋谷マークシティウェスト17F
    〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1
    ※地図:http://www.pasonatech.co.jp/map/shibuya.html
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
    https://www.pasonatech.co.jp/seminar/index.jsp


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】百聞は一見にしかず!「ASTERIAハンズオンセミナー」
   (2006/4/21:東京)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ ASTERIAへの理解が深まり、利用イメージが広がること間違いナシです
◆◇◆ www.naisis.co.jp/event/log/014.html

ASTERIAは異なるデータ形式やインターフェースの違いを吸収し、容易に、
より柔軟なシステム統合を実現します。
このASTERIAハンズオンセミナーでは、実際にASTERIAを操作していただき、
容易で柔軟なシステム構築がどのようにして可能となっているのを体験してい
ただくことができます。

 ・本当にノンコーディングなのか?
 ・実際の使い勝手はどうなのか?
 ・評価版をどうやって使用したらいいのか?

などを、ぜひこの機会にご自身で確かめてみてください。
当初想像されていた以上に「使える場面」をイメージしていただけると思い
ます!

【主催】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
【日時】2006年4月21日(金)14:00〜16:50(受付開始13:45〜)
【場所】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社 4Fセミナールーム
    東京都中央区京橋1-6-1 三井住友海上テプコビル4階
    ※地図:http://www.naisis.co.jp/access_4.html
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
【定員】10名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【お問合せ先】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
       セミナー事務局 平野 真由美、染谷
       E-MAIL:sales@naisis.co.jp/TEL:03-3563-6660
——————–
■… 対象者 …■
・EAIツールの検討に携わっている方、もしくはEAIツール導入のニーズをお持
 ちの方
・セミナー後、評価版を1ヶ月お試しいただける方
・事前にASTERIAのライセンス申請・インストールが可能かつ当日ノートパソ
 コンをご持参していただける方
 ※必要なスペックは以下のURLにて、ご確認ください
  http://www.naisis.co.jp/event/log/014.html

※本セミナーではMS-OFFICE(Excel、Access)を使用しますので、事前にインス
 トールをお願いします。
※なおご持参いただけない場合は個別対応させていただきますので事務局まで
 ご連絡ください。


┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
/*/ 編集後記 /*/

ことしの桜の開花は総じて早いということで、今週は花見の予定がたくさん
詰まっている方も多いのではないかと拝察しております。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、そもそも古代の花見は、中国の
影響でもっぱら梅を観ることだったらしく、桜はその散る時期によって農作物
の出来・不出来を占う花となっていたそう。「桜」が花見の花として愛でられ
るようになったのは平安時代からだそうですが、当時は貴族などの上流階級の
人たちの楽しみでしかなく、現在のように庶民の楽しみとしてお花見が広まっ
たのは江戸時代からなのだそうです。

わたくしは、近所に街路樹として桜が植えてあるところがあるので、今週末は
「桜のトンネル」を散歩しようと心に決めています。庶民の楽しみ…はまった
く否定しないのですが、人ごみが苦手なわたくしは、毎年この時期になると、
「桜は見たいが人ごみは避けたい」というジレンマに悩まされるのでした。。

そんなわたくしにとって、通勤電車も絶好のお花見タイムだったりする今日こ
の頃。車窓から、眺める桜もまたなんとも言えずいいものですよね。空いた席
があってもこの季節だけは「座らずに外を眺めていたい」と、このわたくしが
(!)思うのですから、桜の力は偉大です。(くま)

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

本メールは、過去にインフォテリアのサービスをご利用いただいた方やパート
ナー企業の皆様、当社が開催したセミナー・展示会にご参加いただいた皆様や
その他の機会に名刺交換をさせていただいた皆様および当社Webサイトからメー
ルニュースの配信をご希望いただいた皆様にお送りしております。
※メール配信の解除方法は、以下「メール配信の解除方法」をご参照ください

ご意見、ご質問等はお気軽に下記の問合せ窓口までお寄せください。
なお、ご連絡先など変更がございましたらご一報いただければ幸いです。

◆◆ お問合せ窓口 ◆◆
インフォテリア株式会社 プロダクト事業部 メール配信担当
[E-Mail]: mailnews@infoteria.biz

◆◆ メール配信の解除方法 ◆◆
今後「Infoteria News」の配信を希望されない場合は、メールに『配信不要』
と明記のうえ、以下の連絡先まで、ご連絡ください。
[E-Mail]: mailnews@infoteria.biz

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛


以上
日時:2006年03月30日 13:00