ニュースメールマガジン

IN#150 –スピーディーな連携が可能なGUIベースの開発環境を体験しよう!

□□■ // Infoteria News — インフォテリア ニュース — Vol.150 //

□■■ 
■■■ ――――――――― 2006.07.27 配信 https://www.infoteria.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇ ニュースの目次 ◇◇
【1】キーワードを続々追加中!「XMLノート」キーワードにご注目ください!
【2】スピーディーな連携が可能なGUIベースの開発環境を体験しよう!
   (2006/8/7:東京)
【3】ASTERIAソリューションセミナー(2006/8/18:東京、8/25:大阪)
【4】Excelデータの活用をご検討なら ASTERIA/ASTPLUS体験セミナー
   (2006/8/23:東京)
【5】百聞は一見にしかず!「ASTERIAハンズオンセミナー」
   (2006/8/25:東京)
【6】『Fetch Information!』
   〜グループウエア最終戦争勃発 「替える」か「継続」か、選択の時〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Vol.150では、インフォテリアホームページのコンテンツ「キーワード」コー
ナーをご紹介。また、ASTERIAを実際にご覧いただくことができるセミナーや
イベントの情報をお届けします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】キーワードを続々追加中!「XMLノート」キーワードにご注目ください!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 現在ホットなキーワード、「GCM」をご存じですか?
◆◇◆ www.infoteria.com/jp/xmlnote/glossary/dic/g060725.php

6月にリニューアルオープンしてから、2ヵ月近くが経ちますが、インフォテリ
アホームページでは、その後もどんどん進化しております。目下、小さなとこ
ろを含め、ウェブマスターが週一更新を死守して、現在に至っております。

そのような中、現在更新頻度が高いのが、XMLノートの中の「キーワード」
コーナー。「XMLノート」内ではありますが、XML関連のキーワードだけでは
なく、IT関連を網羅するようなキーワードページに成長させたいと考えてい
ます。

今週追加されたキーワードは「GCM」。
これは「ユーザーの存在がより重視されるWeb2.0的なサービスのひとつとして
注目されて」いるキーワードです。

このキーワードの説明の続きが気になる方は、ぜひこちらをご覧ください!
◎「GCM」って何?
 → https://www.infoteria.com/jp/xmlnote/glossary/dic/g060725.php

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◇これまで掲載したキーワード一覧はこちら
→ https://www.infoteria.com/jp/xmlnote/glossary/


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【2】スピーディーな連携が可能なGUIベースの開発環境を体験しよう!
   (2006/8/7:東京)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ インフォテリア主催 ASTERIA体験セミナー
◆◇◆ www.infoteria.com/jp/event/e060619/

本セミナーでは、データ連携ソリューションスイート「ASTERIA」の開発環境
部分にフォーカスし、スピーディーなデータ連携にこだわったGUIベースによ
る開発についてご紹介します。

一人一台のPCをご用意し、実際に操作をしながらASTERIAによるデータ連携の
ための開発を体験していただきます。実際に開発に携わる方、メンテナンスを
行なう方などに、ASTERIAの使い勝手の良さをぜひ体感していただきたいと考
えています。

どうぞこの機会に、まずは気軽にASTERIAに触れてみてください!

【主催】インフォテリア株式会社
【日時】2006年8月7日(月)14:00〜16:30 [受付開始13:30〜]
【場所】大塚商会 αラーニングセンター水道橋 A6教室
    千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館8F
    ※地図:http://it.e-otsuka.com/school/map/sui_map.htm
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
【定員】20名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【お問合せ先】インフォテリア株式会社 マーケティング部
       E-MAIL:mktg@infoteria.co.jp
——————–
■… 対象者 …■
・システム開発ご担当者、情報システム部門の方など、システムの連携やメン
 テナンスの業務に携われている方


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【3】ASTERIAソリューションセミナー(2006/8/18:東京、8/25:大阪)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ 「ASTERIA」で何ができるのか?事例を交えてご紹介します

「ASTERIAとは?」
「データ連携すると具体的に何が変化するのか?」
「実際に導入してどのような効果が期待できるのか?」

豊富な導入実績を持つ松下電工インフォメーションシステムズ主催の本セミ
ナーでは、「ASTERIAとは何か?」「ASTERIAで何ができるのか?」について、
ExcelやNotes、Oracle、SQL Server、SAP R/3等、社内に散在するさまざまな
データの連携を可能にする方法をご紹介します。

ASTERIAの概要についてお知りになりたい方は、ぜひご参加ください。

◇… 共通(両会場) …◇
【主催】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)

■… 東京 …■
【日時】2006年8月18日(金)15:30〜17:20 [受付開始15:15〜]
【場所】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社 4Fセミナールーム
    東京都中央区京橋1-6-1 三井住友海上テプコビル4階
    ※地図:http://www.naisis.co.jp/access_4.html
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
【定員】20名
【お申し込みサイト】http://www.naisis.co.jp/event/log/019.html
【お問合せ先】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
    セミナー事務局 勝沼、杉本、吉澤 
    E-MAIL:sales@naisis.co.jp / TEL:03-3563-6659

■… 大阪 …■
【日時】2006年8月25日(金)15:30〜17:20 [受付開始15:15〜]
【場所】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
    梅田オフィス プレゼンルーム
    大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー16階
    ※地図:http://www.naisis.co.jp/access_6.html
【定員】20名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【お申し込みサイト】http://www.naisis.co.jp/event/log/008.html
【お問合せ先】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
       西日本ソリューション営業部 担当:内田、丹下(たんげ)
       E-MAIL:saleswest@naisis.co.jp / TEL:06-6377-0050


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【4】Excelデータの活用をご検討なら ASTERIA/ASTPLUS体験セミナー
   (2006/8/23:東京)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ ASTERIA/ASTPLUS試用版を用いた無料セミナー
◆◇◆ www.infoteria.com/jp/event/e060823/

ASTPLUS Excel Adapter(アストプラス Excelアダプター)は、ASTERIAとExcel
との親和性を強力に高めるためのバリューアップコンポーネントです。

ASTERIAとASTPLUSを組み合わせることにより、「既存システムに蓄積された
膨大なデータを取り出し情報系DBへ格納する」とか「情報系DBからExcelの
管理帳票へ」といった処理も、簡単に実現することが可能です。

横河情報システムズ主催の本セミナーでは、いかにASTPLUS Excel Adapterの
導入・構築が簡単で、かつ読み書き処理も高速に実現できるかを体験すること
ができます。

またどのような局面でASTPLUS Excel Adapterがご活用いただけるかを実際の
構築事例をもとにご紹介いたします。

この機会に、ぜひASTERIA/ASTPLUSを体験してみてはいかがでしょうか。

【主催】横河情報システムズ株式会社
【日時】2006年8月23日(水)13:30〜17:00 [受付開始13:15〜]
【場所】横河情報システムズ株式会社 新宿本社
    東京都渋谷区代々木3-25-3 あいおい損保新宿ビル3FCホール
    ※地図:https://www.infoteria.com/jp/event/e060823/map.html
【費用】無料
【申込】FAXによる事前登録制
【定員】10名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【お問合せ先】横河情報システムズ株式会社 生産情報ソリューション事業部
       第3部第1Gr E-MAIL:astplus_support@cs.jp.yokogawa.com
——————–
■… 対象者 …■
・ノートパソコンをご持参いただける方
・セミナー時にご持参いただいたノートパソコンにASTERIA試用版をインス
 トールし、その後1ヶ月間お試しいただける方
・本セミナーでは、MS-Office(Excel、Access)を使用しますので、事前に
 インストールして頂ける方

※必要なスペックは以下のURLにて、ご確認ください
 https://www.infoteria.com/jp/event/e060823/


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】百聞は一見にしかず!「ASTERIAハンズオンセミナー」
   (2006/8/25:東京)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◇◆ ASTERIAへの理解が深まり、利用イメージが広がること間違いナシです
◆◇◆ www.naisis.co.jp/event/log/014.html

ASTERIAは異なるデータ形式やインターフェースの違いを吸収し、容易に、
より柔軟なシステム統合を実現します。
このASTERIAハンズオンセミナーでは、実際にASTERIAを操作していただき、
容易で柔軟なシステム構築がどのようにして可能となっているのを体験して
いただくことができます。

 ・本当にノンコーディングなのか?
 ・実際の使い勝手はどうなのか?
 ・評価版をどうやって使用したらいいのか?

などを、ぜひこの機会にご自身で確かめてみてください。
当初想像されていた以上に「使える場面」をイメージしていただけると思い
ます!

【主催】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
【日時】2006年8月25日(金)14:00〜16:50 [受付開始13:45〜]
【場所】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社 4Fセミナールーム
    東京都中央区京橋1-6-1 三井住友海上テプコビル4階
    ※地図:http://www.naisis.co.jp/access_4.html
【費用】無料(Webサイトからの事前登録が必要)
【定員】10名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【お申し込みサイト】http://www.naisis.co.jp/event/log/014.html
【お問合せ先】松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
       セミナー事務局 平野、染谷
       E-MAIL:sales@naisis.co.jp / TEL:03-3563-6660
——————–
■… 対象者 …■
・EAIツールの検討に携わっている方、もしくはEAIツール導入のニーズをお持
 ちの方
・セミナー後、評価版を1ヶ月お試しいただける方
・事前にASTERIAのライセンス申請・インストールが可能かつ当日ノートパソ
 コンをご持参していただける方(東京のみ)
 ※必要なスペックは以下のURLにて、ご確認ください
  http://www.naisis.co.jp/event/log/014.html

※本セミナーではMS-OFFICE(Excel、Access)を使用しますので、事前にインス
 トールをお願いします。
※なおご持参いただけない場合は個別対応させていただきますので事務局まで
 ご連絡ください。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【6】『Fetch Information!』
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
7月はセミナー続きで、ついつい机の上が散らかり放題になってしまっており
ました。自分の中の許容値を超えつつあったので、とりあえず溜まった雑誌を
整理していたところ、表紙のキャッチーな特集タイトルに、つい手を止め読み
入ってしまった雑誌がありました。

しかも、その第2特集が、またまたかなり興味深いタイトルで、机の片付けも
そっちのけで、さらに読み進んでしまったのでした。

おもしろい特集が2つも続いていた雑誌とは、日経コンピュータ 7月10日号。
若干旬を逸した感はありますが、皆さんの身近なグループウエアについての
記事ということで、Fetchしてきました!

———————————————————————-
■ グループウエア最終戦争勃発 「替える」か「継続」か、選択の時 ■
———————————————————————-
これ↑が第2特集のタイトルです。一度入れたグループウエアはそうそうリプ
レースされることもないと思いがちなのですが、ことはそう単純ではないよう
で、主要製品の新バージョンが相次いで登場しつつあり、ユーザー企業は従来
使ってきた製品を継続するか、他製品に切り替えるか、選択を迫られていると
いうのです。

グループウエア市場のシェアは、1位が日本IBMのNotesで、これをサイボウズ
製品、マイクロソフト製品が追いかける構図となっており、ここ数年、各社は
Notesの牙城を崩そうと、あの手この手で戦いを挑んできたそう。
(まあ、この辺までは多くの方もご存じのことではあると思いますが。)

そうして、いくつかの企業がNotesからExchangeやガルーンへリプレースして
いる(…と両社は主張している)というのですが、これを額面どおりに受け
取ってはならないようで。実際は、Notesをとことん使い込んでさまざまな
アプリケーションを開発している大手のユーザーは、他社製品に100%移行す
るのは無理と考えて、Notesとの併用を続けているというのが実態だとか。

しかし、本記事では2006年後半から2007年にかけて、グループウエアを巡る
戦いが激しくなり、市場が活性化すると見込んでいます。その理由は、ここ
にきて相次いでいるグループウエア・ベンダー各社の新党製品投入です。
2000年問題でシステムを入れ替えたユーザーのパソコン入れ替え時期と現
Notesのメジャーバージョンである保守・サポートの延長期間が切れる時期と
が重なっているため、各社はここ1,2年が勝負の年になると睨んでいるのだそ
うです。

確かに、使い慣れた製品のサポートが終了するタイミングが近づくと、ユー
ザーは、これまでの延長でそのままバージョンアップするのか、それとも現
状不満に思っている部分を解消するべく一気に別の製品に乗り換えてしまう
か、という選択肢を突きつけられることになります。

そう考えると、確かに「最終戦争」と言っても過言ではなく、現状首位である
Notesが守り抜くのか、他ベンダーが切り崩していくのか。かなり熾烈を極め
そうな戦いではあります。

皆さんの会社のグループウエアは、どのベンダーの製品ですか?

ちなみに、もしNotesをお使いであれば、ASTERIAには「Notesアダプター」が
用意されていますので、Notesを継続する場合でも、乗り換える場合でも、
データベース資産を活かしていくことができます。

社内でそんな話が持ち上がった際には、ぜひ「ASTERIA」を思い出してください!

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
/*/ 編集後記 /*/

「関東でも毎年この時期には梅雨明けしてなかったっけ?」と思ってしまうの
ですが、皆さんいかがお過ごしですか?

先日までの大雨で、大変な被害に遭った地域にお住まいの方もいらっしゃるか
と思います。わたくしの田舎は九州なのですが、ニュースなどで、かなり大雨
になったことが伝えられており、近くに大きな川が流れているため、先日実家
に電話をして様子を聞いてみました。

すると、数十年ぶりに川が氾濫して洪水になってしまったということで、
「しばらくは大変だ」と言っていました。

幸いなことにわたくしの実家は山側の高台にあり、洪水の被害には遭っていな
いだろうことはわかっていたのですが、幼少の頃は、家が高台にあることを
いいことに、台風が近づいたり梅雨で大雨が降ると、部屋の窓から見える川の
水位を眺めては、「もっと大雨が降って、明日学校が休みにならないかな?」
など、不謹慎(?)なことを祈っていたものでした。

しかし、九州は毎年いくつもの台風が通る場所だけに、がけ崩れや洪水などの
被害の大変さはわかっております。被害に遭われた方の一日も早い復興をお祈
りしております。(くま)

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

本メールは、過去にインフォテリアのサービスをご利用いただいた方やパート
ナー企業の皆様、当社が開催したセミナー・展示会にご参加いただいた皆様や
その他の機会に名刺交換をさせていただいた皆様および当社Webサイトからメー
ルニュースの配信をご希望いただいた皆様にお送りしております。
※メール配信の解除方法は、以下「メール配信の解除方法」をご参照ください

ご意見、ご質問等はお気軽に下記の問合せ窓口までお寄せください。
なお、ご連絡先など変更がございましたらご一報いただければ幸いです。

◆◆ お問合せ窓口 ◆◆
インフォテリア株式会社 プロダクト事業部 メール配信担当
[E-Mail]: mailnews@infoteria.biz

◆◆ メール配信の解除方法 ◆◆
今後「Infoteria News」の配信を希望されない場合は、メールに『配信不要』
と明記のうえ、以下の連絡先まで、ご連絡ください。
[E-Mail]: mailnews@infoteria.biz

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛
 

以上
日時:2006年07月27日 13:00