ニュースメールマガジン

マスターハブに求められるもう1つの役割…マスターデータ管理(MDM)コラム中級編更新!【Infoteria News #232 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2009.12.3 Vol.232 ━━━━

□□■ // Infoteria News — インフォテリア ニュース —
□■■ 
■■■ www.infoteria.com/jp/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このメールは、過去にインフォテリアサービスをご利用いただいた方、または
イベント・セミナーにご参加いただいた方に無料で配信しております。
※メール配信の解除方法については、このメールの最後に記載されています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

–■□ 最新情報 □■——————————————————

├【1】マスターデータ管理(MDM)コラム[中級編]更新
第5回:マスターハブに求められるもう1つの役割
├【2】笑門来福(社長ブログ): 啐啄(そったく)の精神で切磋琢磨する
└【3】12月のイベント・セミナー情報

┏┓
┗□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】マスターデータ管理(MDM)コラム[中級編] 第5回を公開
————————————————————————–
─────────────────────
 マスターハブに求められるもう1つの役割
─────────────────────
さあ、中級編の最終回です。前回に引き続いてマスターハブについての説明ですが、
今回は一歩踏み込んで、「実際にマスターハブを運用する」ことをイメージしなが
ら、マスターハブの役割を考えたいと思います。

統合マスターとマスターハブを組み合わせて仮想的にマスター統合を実現する際、
マスターデータはマスターハブを通じてさまざまな業務システムに反映されます。
理想的なマスターデータ管理(MDM)環境を示すなら、図1のようになるでしょう。
つまり、統合マスターから各業務システムへ1:Nでマスターデータが配信される環
境です。

▼続きはこちら
www.infoteria.com/jp/asteriamdmone/column/b02.php

————————————————————————–

MDMコラム[中級編] 前回のコラムはこちら
▼第1回:統合マスターの実態に迫る[1] 大きく2つの用法を整理しよう
www.infoteria.com/jp/asteriamdmone/column/b01.php
▼第2回:統合マスターの実態に迫る[2] 統合マスターで管理するデータ
www.infoteria.com/jp/asteriamdmone/column/b02.php
▼第3回:統合マスターの実態に迫る[3] 統合マスターをどう管理すべきか
www.infoteria.com/jp/asteriamdmone/column/b03.php
▼第4回:マスターハブの基本概念と、重要な2つの役割
www.infoteria.com/jp/asteriamdmone/column/b04.php

————————————————————————–

MDMコラム[入門編]からお読みになりたい方はこちら
▼第1回「マスターデータとは一体何か?」
www.infoteria.com/jp/asteriamdmone/column/a01.php
▼第2回「分散化がもたらしたマスターデータの現状」
www.infoteria.com/jp/asteriamdmone/column/a02.php
▼第3回「マスターデータも品質管理が重要」
www.infoteria.com/jp/asteriamdmone/column/a03.php
▼第4回 Master Data Management(MDM)の位置づけ
www.infoteria.com/jp/asteriamdmone/column/a04.php
▼第5回 世界と日本のMDM市場
www.infoteria.com/jp/asteriamdmone/column/a05.php

————————————————————————–
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ ◎MDM関連ニュース、コラム更新情報をTwitterでも配信しております。
 ┃  ⇒ twitter.com/asteriamdmone
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏┓
┗□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】笑門来福(社長ブログ):啐啄(そったく)の精神で切磋琢磨する
————————————————————————–
去る11月28日(土)に「肥後啐啄(そったく)塾」という集まりで、基調講演と
して話をさせていただきました。題して「人生デコポンばい」。デコポンと同じ
ように「見かけは不格好でも中身で勝負」という話です。「肥後啐啄塾」とは、
熊本に縁のあるベテランと若手が集いお互いに切磋琢磨していこうという集まりで、
今回が3回目になります。「啐啄」は、もともと禅の用語で。。。。

▼つづきはこちらから
www.infoteria.com/jp/blog/pina/

┏┓
┗□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】イベント・セミナー情報
————————————————————————–
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ ◎イベント・セミナーの最新情報をTwitterでも配信しております。
 ┃  ⇒ twitter.com/infoteria_event
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────
システム連携セミナー
──────────

▼ノンコーディングでのデータ連携を体験!「ASTERIA WARP」無料体験セミナー
[2009/12/15:東京]
www.infoteria.com/jp/event/etaiken/

▼ノンコーディングでのデータ連携を体験!「ASTERIA WARP」無料体験セミナー
[2009/12/11:大阪]
www.infoteria.com/jp/event/etaiken-osaka/

▼ASTERIA WARP によるシステム連携 [ベーシックトレーニングコース]
[2009/12/16-12/18:東京](3日間・有償)
www.infoteria.com/jp/product/asteria/training/

▼ASTERIA WARP によるシステム連携 [アドバンスドトレーニングコース]
[2009/12/22:東京](1日間・有償)
www.infoteria.com/jp/product/asteria/training/

▼不況時代を勝ち抜くヒントDr.SumEAで戦略的データ活用セミナー
〜BI導入成功の共通点とは?〜
[2009/12/10:東京]                    
event.panasonic-denkois.co.jp/public/seminar/view/80

──────────────
iPhoneコンテンツ作成セミナー
──────────────
▼Handbook Studio体験セミナー
[2009/12/11:東京]       
www.infoteria.com/jp/event/ehandbook/

──────────────
XML関連セミナー、研修コース
──────────────
▼ XML研修コースの内容はこちら
www.infoteria.com/jp/training/course/
▼ 開催スケジュールはこちら
www.infoteria.com/jp/training/schedule/index.php


————————————————————————–
★編集後記★
急に寒くなってきましたね。実は部屋の暖房が壊れてしまい、、、小さいヒーター
で何とか耐え忍んでいます。 

先日、箱根塔ノ沢の温泉に行ってきました。たまたま予約した旅館が国指定有形文
化財にもなっている明治時代創業の老舗和風旅館で、昔ながらの純日本の建物を満
喫してきました。
当然エレベーター等なく、3階から階段を下りてお風呂とトイレに行かなければな
らなかったのですが、不便だなと感じたのは最初だけで、その静粛な和空間を楽し
むことができました。次回もぜひ泊まりたいと思います!

さて、次回は今年最後のインフォテリアニュースです。お楽しみに!


(by マーケティング部)
————————————————————————–
本メールは、過去にインフォテリアのサービスをご利用いただいた方やパートナー
企業の皆様、当社が開催したセミナー・展示会にご参加いただいた皆様やその他の
機会に名刺交換をさせていただいた皆様および当社Webサイトからメールニュース
の配信をご希望いただいた皆様にお送りしております。
※メール配信の解除方法は、以下「メール配信の解除方法」をご参照ください。

ご意見、ご質問等はお気軽に下記の問合せ窓口までお寄せください。
なお、ご連絡先など変更がございましたらご一報いただければ幸いです。

◆◆ お問合せ窓口 ◆◆
インフォテリア株式会社 エンタープライズ事業部 メール配信担当
[E-Mail]: mailnews@infoteria.com

◆◆ メール配信の解除方法 ◆◆
今後「Infoteria News」の配信を希望されない場合は、メールに『配信不要』
と明記のうえ、以下の連絡先まで、ご連絡ください。
[E-Mail]: mailnews@infoteria.com

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

以上
日時:2009年12月03日 15:42