ニュースプレスリリース

インフォテリア、iPEX 2.0 / COM対応版を出荷

Visual Basicでの高度なXML対応ソフト開発やActive Server PagesでのXML活用に

報道発表資料
2000年7月24日
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎)は、7月24日より高性能XML処理エンジン「iPEX 2.0(アイペックス)/COM*1対応版」の出荷を開始しました。 iPEX 2.0 /COM対応版は、従来通りVisual BasicやASP*2(Active Server Pages)などCOM対応開発環境におけるXML対応ソフトウェアの開発を容易にします。さらに、今回のバージョンアップにより強化された点は以下の通りです。

> XSLT*3 1.0勧告対応
> Xpath*4 1.0勧告対応
> URL指定によるXMLデータ読み込み(HTTP / FTP)
> DOM Level 2仕様(一部:Namespace処理など)への準拠
> 処理速度の更なる向上

今回のバージョンアップで、iPEX 2.0の仕様であるXMLの入出力・編集およびXSLT仕様によるXMLの変換機構、インターネット経由でのXMLデータアクセスがCOM環境から可能になり、より高度なアプリケーション開発を実現できます。

iPEX 2.0は、新仕様の他にもW3CのXML1.0勧告、DOM Level 1勧告、XMLNames勧告などの標準仕様に準拠したXML処理エンジンです。


製品概要

iPEX2.0 (アイペックス) / COM対応版

概要 ・COM開発環境でのXMLアプリケーション開発ライブラリ
・XMLデータの入出力
・XSLTによるXMLデータの変換
・インターネット経由でのXMLデータへのアクセス
価格 40万円より
稼働環境 Microsoft Windows 95 / 98 / NT4.0 / Windows2000
Visual Basic 6.0以降
出荷日 2000年7月24日

インフォテリア株式会社について

インフォテリア株式会社は、1998年に設立された国内唯一のXML専業ソフトウェア会社です。インフォテリアでは、先進のXMLテクノロジーをベースに、XMLの普及を促進するコンポーネント製品や、エレクトロニックコマースでのデータ交換をXMLベースで行うためのツールとサーバー製品などを提供しています。
→ www.infoteria.com/

用語説明/注釈

*1 COM (コム) Component Object Modelの略。マイクロソフト社が提唱している、部品化されたプログラムを作成・利用するための仕様。この仕様に従ったプログラム間のインターフェイスが統一化されるため、ソフトウェアを部品化して容易に組み合わせて使用できる。
*2 ASP(エーエスピー) Active Server Pagesの略。Windowsプラットフォーム上で、ウェブページを動的に作成するための仕様の一つ。マイクロソフト社が独自に策定。近年話題になっている、ASP (Application Service Providor)とは別物。
*3 XSLT(エックスエスエルティー) XSL Transformationの略。XSLは、Extensible Stylesheet Languageの略。XMLデータにスタイル付けを行ったり、XMLのデータ構造を変換するための標準仕様。1999年11月16日にW3Cより勧告された。
◎参考情報:www.w3.org/TR/xslt
*4 Xpath (エックスパス) XML Path Language。XSLTおよびXPointerで使用するXMLデータ内の指定を行うための標準仕様。1999年11月16日にW3Cより勧告された。
◎参考情報:www.w3.org/TR/xpath

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
E-mail:

以上
日時:2000年07月24日 11:00