ニュースプレスリリース

インフォテリア、「XMLアカデミー・プログラム」をスタート

日本電子、東北電子、名古屋工学院、日本工学院、松山コンピュータの各専門学校で開始

報道発表資料
2006年3月1日
インフォテリア株式会社

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野 洋一郎)は、2006年4月より高等学校以上の学校向けに「XMLアカデミー・プログラム」の提供を開始することを発表します。

XMLはここ数年のうちに急速に普及し、特にWeb系のアプリケーション開発には欠かせない技術となりました。このため、「XMLマスター」取得が企業の採用条件になるケースもあり、学校教育のカリキュラムにもXMLの技術教育が求められ始めています。

「XMLアカデミー・プログラム」は、既に「インフォテリア認定教育」として企業向けに実施されている実践的なXML技術教育をベースに、昨年、パイロット校としてご協力いただいた日本電子専門学校での実際の授業をもとに改良を加え、より学生向けにフィットした内容となっています。また、「XMLアカデミー・プログラム」では、XMLアカデミー開催校の学生に対して「XMLマスター」取得も支援していく予定です。

2006年4月から日本電子専門学校、東北電子専門学校、名古屋工学院専門学校、日本工学院八王子専門学校、松山コンピュータ専門学校の5校がXMLアカデミー開催校として、XMLの授業を開始します。2007年度からは10校での開催を目指します。


インフォテリア認定教育について

インフォテリア認定トレーニングコースは、IT 教育に高い実績を持つインフォテリア認定教育センター(ICEC:Infoteria Certified Education Center)で実施しています。インフォテリア認定教育コースでは、今後のビジネスに必要と思われるXML及びWebサービスの要素技術やシステム開発技術を、演習や実習を交えながら体系立ててわかりやすく解説しており、受講者はXML/Webサービスの実践的な知識を習得することができます。
→ www.infoteria.com/jp/training/

XMLマスターについて

「XMLマスター」は、XMLのスキルを持った技術者の幅広い育成を目標に2001年8月に発足された認定制度で、既に1万2千名を超える認定技術者を輩出しています。現場で役に立つXML技術者の育成のための適切な試験範囲と問題内容の審査を行う諮問機関としてXML技術者育成推進委員会が存在します。「XMLマスター」の称号により、XML技術力に対する確かな指標を提供し、現在各分野で深刻化しているXML技術者の不足という問題の解決を促進します。
→ www.xmlmaster.org/


インフォテリア株式会社について

1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様なコミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。
→ www.infoteria.com/

日本電子専門学校について

1951年に日本ラジオ技術学校として設立された日本電子専門学校は、時代が求める最新の技術者を育成する学校として、産業界との連携を強化しながら、より職業に密着した教育を展開しています。21世紀を迎え、日本電子専門学校は、これからのブロードバンド時代に応えるための新たな教育を始動しました。コンピュータネットワーク・セキュリティ・Webシステムをはじめ、CG・ゲームなどの学科を運営しています。
→ www.jec.ac.jp/

東北電子専門学校について

東北電子専門学校は、職業実務教育を旨として、実社会で活躍できるスペシャリストの育成をめざし、ITからビジネス、ゲーム・CG、音響・映像、デザイン・建築にわたる29学科を設置しています。XMLについては、今後の情報化の進展に不可欠な要素技術としてその重要性がますます高まると予想できます。今回XMLアカデミーの産学連携をスタートさせ、より実務的なXML教育に力を注いでいきます。
→ www.jc-21.ac.jp/

名古屋工学院専門学校について

1952年創立以来、半世紀に渡って即戦力となる技術者を養成している専門学校です。現在はコンピュータ系をはじめ、ゲーム・CG・放送・電気・メカトロニクスなど全25学科を設置しています。コンピュータ系では、高度情報処理技術者試験に6年連続して合格者を輩出するなど、国家試験取得目標をベースに、マイクロソフト社、シスコシステムズ社、オラクル社、シマンテック社などとも連携して技術者教育を行っています。
→ www.denpa.ac.jp/

日本工学院専門学校・日本工学院八王子専門学校について

日本工学院は、6分野全65学科を有する総合専門学校。ITをはじめ、クリエイター、音楽、声優、工学、医療、スポーツなど幅広い学びの分野を網羅しています。都心に広大なキャンパスを持つ日本工学院専門学校、自然環境と最新テクノロジーが融合した日本工学院八王子専門学校の両校ともに最新の施設設備を完備して、即戦力となりうる人材を育成しています。卒業生は18万人にも及び、国内はもとより世界各国で活躍しています。
→ www.neec.ac.jp/

松山コンピュータ専門学校について

松山コンピュータ専門学校は、2年制の情報処理科2コースと3年制の高度情報処理科1コースを設置し、小規模だからこそできるフットワークの軽さを武器に、社会のニーズを先取りして授業に取り入れています。XMLは4年前からカリキュラムに取り入れ、XMLマスター資格も3年制学科は既に指導を行っています。平成18年度からは、XMLは情報を扱う人間には必須の技術と判断し、全学科でXMLマスターの指導を開始します。
→ www.yamamoto.ac.jp/

本リリースに関するお問い合わせ先

インフォテリア株式会社
広報担当:小川 優美
E-mail:

以上
日時:2006年03月01日 11:00