ニュース関連企業・機関のリリース

XMLコンソーシアム、WS-Securityの翻訳文書を公開

関連企業・機関からのリリースのご紹介です
(詳細は各企業・機関のサイトにてご確認ください)
2006年7月11日
XMLコンソーシアム

 XMLコンソーシアム(会長:鶴保征城 独立行政法人 情報処理推進機構ソフトウェアエンジニアリングセンター所長)は、本日、XML Webサービスのビジネス利用で必要となるセキュリティ規格で、標準化団体OASISが標準化したWeb Services Security: SOAP Message Security (WS-Security 2004) 1.0とその関連文書を日本語に翻訳し、公開したことを発表しました。

【背景】
 SOAPを使ったWebサービスはサービス指向アーキテクチャ(SOA)やWeb 2.0などでも重要な技術として注目を集めていますが、ビジネスで利用する際には通信内容の完全性や秘匿性を確保するための手段が必要になります。OASISのWS-Securityは、メッセージの完全性と秘匿性を提供するためのSOAPメッセージングの拡張を規定しています。
 WS-Securityの標準化された最初のバージョンであるWS-Security 2004は既に数多くのメーカーが提供するSOAやWebサービス関連製品で機能提供されており、XMLコンソーシアムによる日本語訳文書は、このWS-Security 2004及び附帯する標準文書群をOASIS翻訳ポリシーに基づいて翻訳・公開した初めてのものとなります。

【公開内容】
 今回、新たに公開された日本語訳文書は5種類です。

  1. Web Services Security: UsernameToken Profile 1.0 OASIS Standard 200401, March 2004
  2. Web Services Security: X.509 Certificate Token Profile OASIS Standard 200401, March 2004
  3. Web Services Security: SAML Token Profile OASIS STANDARD, 01 Dec. 2004
  4. Web Services Security: SOAP Message Security 1.0 (WS-Security 2004) Errata 1.0 Committee Draft 200512, December 2005
  5. Web Services Security: UsernameToken Profile 1.0 Errata 1.0 Committee Draft 200401, September 2004

 また、これに先立ち2005年3月に以下の日本語訳文書を公開済みです。

  1. Web Services Security: SOAP Message Security 1.0 (WS-Security 2004) OASIS Standard 200401, March 2004

これらの文書は、XMLコンソーシアムのWebサイトよりダウンロードできます。
 【URL】 www.xmlconsortium.org/wg/sec/wss.html

【日本語翻訳の意義】
 WS-Securityは、Webサービスのメッセージに完全性と秘匿性を与えることでビジネスでのWebサービス利用を推進する鍵となる標準規格です。特に、異なる企業や組織の間でWebサービスを活用した業務システムを開発するためには規格の十分な理解が必要となります。日本語訳文書が提供されることによって日本の技術コミュニティにおけるこの標準規格の理解が進み、より柔軟で価値の高いシステム構築の一助となることを期待しています。



参加企業一覧(50音順)

  • 沖電気工業(株
  • キヤノン(株)
  • (株)サンモアテック
  • 大日本印刷(株)
  • 東京エレクトロン(株)
  • 東芝ソリューション(株)
  • 日本オラクル(株)
  • 日本テレコム(株)
  • (株)ネット・タイム
  • (株)日立システムアンドサービス
  • (株)日立製作所
  • 富士通(株)


XMLコンソーシアムについて

 XML コンソーシアムは、XML 技術のビジネスにおける実用化推進を行う国内唯一の団体です。セミナー・イベント、部会活動、情報発信、標準化推進、各業界団体との連携などの具体的な活動を通じて、さまざまなコンピュータシステムにおけるXML 技術の適用に貢献してまいります。
www.xmlconsortium.org/

お問い合わせ先

XMLコンソーシアム事務局
広報担当:野田(富士ソフトABC株式会社内)
TEL:03-5600-6205
E-mail:

以上
日時:2006年07月11日 13:00