ニュース関連企業・機関のリリース

気象庁とXMLコンソーシアム「気象庁防災情報XMLフォーマット」(Ver.1.0)の仕様を策定

報道発表資料
2009年5月15日
気象庁
XMLコンソーシアム

 気象警報、地震・津波情報等の防災情報の幅広い活用を目的として、気象庁は、XMLコンソーシアムの協力を得て、「気象庁防災情報XMLフォーマット」(Ver.1.0)の仕様を策定しました。今後、この仕様に基づく各種の防災情報の提供の準備を進めていきます。

 気象庁は、自然災害の軽減、国民生活の向上、交通安全の確保、産業の発展などに寄与するため、警報、注意報などの各種防災情報の改善・高度化に努めています。この防災情報の一層有効な活用を促進するため、気象庁は、利用者の様々なニーズへの対応やシステム効率などの観点から、提供する情報の形式について、情報の種類毎に固有の形式で定めているこれまでの方式に代えて、汎用性が高く、広く一般に普及しているXML形式を採用することとしました。

 情報形式の検討及び仕様の策定にあたっては、平成19年度からXMLコンソーシアムの協力を得て作業を進め、また、仕様案に対する意見公募を2回実施するなど、多くの皆様のご支援・ご意見を頂き、今般、気象庁は「気象庁防災情報XMLフォーマット」(Ver.1.0)の仕様を策定しました。
 また、公開に先立ち、XMLコンソーシアムでは、「気象庁防災情報XMLフォーマット」(Ver.1.0)について、数多くの動作環境において検証作業を実施し、運用上の問題のないことを確認しています。

 「気象庁防災情報XMLフォーマット」の仕様の詳細、サンプル電文等は下記のホームページから入手頂けます。また、今後同ホームページにおいて、同仕様の利用に必要な情報を提供してまいります。
xml.kishou.go.jp/

 気象庁では、今後、この仕様に基づく防災情報の平成22年度の配信開始に向け準備を進めるとともに、引き続きXMLコンソーシアムの協力を得て、仕様の普及に取り組んでまいります。



気象庁について

 気象庁は、気象業務の健全な発達を図ることを任務とした、国土交通省の外局です。災害の予防、交通の安全の確保、産業の興隆等、公共の福祉の増進に寄与する、気象や地震・津波、火山現象、地球環境、海洋に関する情報発信等を行っております。
www.jma.go.jp/

XMLコンソーシアムについて

 XMLコンソーシアムは、XML技術のビジネスにおける実用化推進を行う国内唯一の団体です。セミナー・イベント、部会活動、情報発信、標準化推進、各業界団体との連携などの具体的な活動を通じて、さまざまなコンピュータシステムにおけるXML技術の適用に貢献してまいります。
www.xmlconsortium.org/

本件に関するお問合せ先

気象庁総務部企画課
担当:長田
TEL:03-3212-8341(内線2228)
E-mail:

本件に関するお問合せ先

XMLコンソーシアム事務局
担当:赤池 (富士ソフト株式会社内)
TEL:03-5600-6205
E-mail:

以上
日時:2009年05月15日 10:30