ニュースNewsTopics

画像を解析して“密”を見える化!AI搭載IoTエッジウェア「Gravio」が、
I-O DATAネットワークカメラ「Qwatch」に対応しました

お知らせ
2020年7月8日
アステリア株式会社

AI搭載IoT統合エッジウェア「Gravio」が、株式会社アイ・オー・データ機器のネットワークカメラQwatch「TS-NA220/TS-NA220W/TS-NS210」に対応いたしました。

本対応により、クラウドを利用せずに、Qwatchで収集した画像に対して推論を行うことで人数の算出をエッジで行うことができます。

また、結果のデータ化だけでなく、LINEやSlack、E-mailなどの送出、各種表計算・グラフツールとの連携はもちろん、警告用ライトの点灯制御などの様々な制御が簡単になるため、空間における“密”の可視化を簡単に実現することが可能です。

▼ Gravio対応プラン:Gravio Standard(月額2万円)
▼ 動作確認済みQwatch:TS-NA220WTS-NA220TS-NS210

※Qwatch (TS-Nシリーズ)のお問い合わせは、株式会社アイ・オー・データ機器にご確認ください。


連携イメージ図

連携イメージ図

利用例

病院やパブリックスペースの待合エリアでの利⽤例

エリア内の⼈数が⼀定数を超えると、院内に設置したランプを点灯させ⼈数オーバーしている密な状況である事をお客様へお知らせします。また管理者へLINE通知することで、常に監視している必要もなくなります。

社員⾷堂や会議室などの社内での利⽤例

混雑状況を社内イントラネット内の掲⽰板やコミュニケーションツールで可視化・通知を⾏うことで、社員の密集を抑制します。

⼩売店や飲⾷店での利⽤例

店内の混雑状況や待ち状況をホームページやSNS等へリアルタイムに掲載することで、お客様が密集することを抑制できます。

本リリースに関するお問い合わせ先

アステリア株式会社 Gravio事業部
TEL:03-5718-1240
FAX:03-5718-1261
E-mail:

以上
日時:2020年07月08日 11:00

このページの情報は発表時点の内容です。
仕様・外観・動作環境などが変更されることがあります。