ASTERIA MDM One FAQ

「ASTERIA MDM One」に関するFAQよくある質問をまとめました。

ASTERIA MDM One について

「ASTERIA MDM One」とは何ですか?

アステリアが提供するマスターデータ管理(MDM)分野に向けた製品グループの総称となります。 2012年8月現在「ASTERIA MDM One」には5製品(2プロダクト、2サービス、1 スイート)が含まれます。「ASTERIA MDM One MH」「ASTERIA MDM One MI」「ASTERIA MDM One DQ」「ASTERIA MDM One GT」「ASTERIA MDM One Suite」これらの製品をユーザ環境合わせて自由に組み合わせ提供することで、柔軟なマスターデータ管理(MDM)システムの構築を支援します。

「ASTERIA MDM One MH」とは何ですか?

アステリアが培ってきた「つなぐ」技術をベースに、システム間のマスターデータ連携を行う製品です。

本製品を使用することで、マスターデータの発生箇所、配信先、更新タイミング、実行結果などを一元的に管理することが可能になります。それにより内部統制で求められる「マスターデータの正確性」の確保・評価を支援します。

「ASTERIA MDM One MI」とは何ですか?

統合マスター管理用のインターフェースを含む製品です。マスター情報登録、管理、データメンテナンス、ユーザ管理、承認機能を提供します。

「ASTERIA MDM One DQ」とは何ですか?

ASTERIA MDM One DQは、社内に散在する顧客情報などの「標準化」「統一化」を実現し、データの品質を高めるサービスです。

「ASTERIA MDM One GT」とは何ですか?

企業のデータ管理における現状分析と、マスターデータ管理への投資対効果を明確にすることを目的にしたサービスです。

「ASTERIA MDM One Suite」とは何ですか?

SAP など大規模ERP におけるデータ管理への課題を、包括的に解決する製品とサービスの組み合わせによるスイート製品です。


ライセンスについて


「ASTERIA MDM One MH」のライセンス体系を教えてください。

基本製品ライセンスでは物理CPU数(Dual-Core、Hyper Thread等には非依存)が1-2の場合に対応しています。併せて本システムで接続を行うシステム数が1-3の場合に対応しています。ハードウェアの CPU数が3以上、もしくは4以上のシステムに接続が必要である場合はそれぞれ追加製品ライセンスが必要となります。詳細についてはご相談ください。

「ASTERIA MDM One MH」のライセンス体系におけるシステムの考え方について教えてください。

ASTERIA MDM One MH製品ライセンスにおけるシステムの数え方は、ASTERIA MDM One MHにて作成される「システム」の数でカウントします。詳細についてはご相談ください。

「ASTERIA MDM One MH」のライセンスファイルの取得方法について教えてください。

ASTERIA MDM One MH」では、動作時にライセンスファイルが必要です。 ライセンスファイルの取得方法については、ご購入の際に個別にご案内をいたします。

※ご不明な点は、お気軽にお問合わせください。

「ASTERIA MDM One MI」のライセンス体系を教えてください。

基本製品ライセンスは「ASTERIA MDM One MI」がインストールされているハードウェアに対応しています。また登録されるユーザーID数が10、併せて登録されるマスター数が5の場合に対応しています。登録ユーザーIDが11以上、もしくは6以上のマスター登録が必要である場合はそれぞれ追加製品ライセンスが必要となります。詳細についてはご相談ください。

「ASTERIA MDM One MI」のライセンス体系におけるマスターの考え方について教えてください。

「ASTERIA MDM One MI製品ライセンスにおけるマスターの数え方は、ASTERIA MDM One MIにて作成される「マスター」の数でカウントします。

「ASTERIA MDM One MI」のライセンス体系におけるユーザーの考え方について教えてください。

ASTERIA MDM One MI製品ライセンスにおけるユーザーIDの数え方は、ASTERIA MDM One MIにて作成される「ユーザー(スーパーユーザー、システム管理者、一般ユーザー)」の数でカウントします。

「ASTERIA MDM One MI」のライセンスファイルの取得方法について教えてください。

「ASTERIA MDM One MI」では、動作時にライセンスファイルが必要です。 ライセンスファイルの取得方法については、ご購入の際に個別にご案内をいたします。

※ご不明な点は、お気軽にお問合せください

「ASTERIA MDM One DQ」のライセンス体系を教えてください。

「ASTERIA MDM One DQ」はサービスでの提供となるため、ライセンスでの考え方は適用されません。「ASTERIA MDM One DQ」の提供価格は、処理対象マスターデータ量の総量、処理要件などによって変動いたします。詳細についてはご相談ください。

「ASTERIA MDM One GT」のライセンス体系について教えてください。

「ASTERIA MDM One GT」はサービスでの提供となるため、ライセンスでの考え方は適用されません。「ASTERIA MDM One GT」の提供価格は、プロジェクト規模によって変動いたします。詳細についてはご相談ください。

「ASTERIA MDM One Suite」のライセンス体系について教えてください。

「ASTERIA MDM One Suite」は、製品とサービスの組み合わせによるスイート製品です。含まれる「ASTERIA MDM One MH」「ASTERIA MDM One MI」「ASTERIA Warp」については、各製品のライセンス体系に準拠します。

ホットスタンバイライセンスとは何ですか?

「ASTERIA MDM One MH/MI」がインストールされるハードウェアやオペレーティングシステム等の破損に備えて、HAクラスタを構成するためのライセンスです。「ホットスタンバイ」とは、本番機に障害が発生した場合にはクラスタ対応ソフトウェア等により、自動的に予備機へと切り替えられる構成を指します。また、切り替えが手動で行われる場合は「コールドバックアップ」が適用されます。本ライセンスの適用については同一システムにおいて同数以上の標準ライセンスを保有していることが前提です。また、標準ライセンスと同様に初年度から本体価格の15%が適用されるメンテナンスサービスが設定されています。

ステージングサーバーライセンスとは何ですか?

「ステージングサーバー」とは「ASTERIA MDM One MH/MI」の実運用に先立って、本番系と並列に運用する開発・テストが目的のサーバーを指します。社内外の接続テストで利用することができますが、本ライセンスを適用したサーバーによる実業務は許可されません。本ライセンスの適用については同一システムにおいて同数以上の標準ライセンスを保有していることが前提です。また、標準ライセンスと同様に初年度から本体価格の15%が適用されるメンテナンスサービスが設定されています。

コールドバックアップとは何ですか?

「コールドバックアップ」とは「ASTERIA MDM One MH/MI」がインストールされるハードウェアやオペレーティングシステム等の破損に備えて、予備機に事前に「ASTERIA MDM One MH/MI」をセットアップすることを指します。本番機に障害が発生した場合にはASTERIA MDM One MH/MIがインストールされた予備機を手動で起動し、切り替えます。「ASTERIA MDM One MH/MI」では、「コールドバックアップ」用に、お客様が購入したサーバーライセンス数と同数までのバックアップ機を構築することが許諾されています。

「ASTERIA MDM One DQ」「ASTERIA MDM One MH」などはセットでないと購入できないのですか?

「ASTERIA MDM One MH/DQ/MI/GT」はそれぞれ独立した製品となります。したがってお客様の環境に合わせて導入を行うことが可能です。「ASTERIA MDM One Suite」は、複数の製品およびサービスとの組み合わせからなるスイート製品としてのご購入のみになります。


MDM

MDMを実現する4つの製品とサービス詳細資料のご請求はこちら

資料請求

マスターデータ管理に関するお役立ち情報の無料ダウンロード

ホワイトペーパー

実際に導入するまでの流れをわかりやすくご説明いたします

導入するには

製品や導入についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

新着ライブラリー ホワイトペーパーや解説書、講演資料などをダウンロードいただけます