ASTERIA Warp 製品ブログ:用語

SFA(Sales Force Automation)

【読み】えす・えふ・えー(せーるす・ふぉーす・おーとめーしょん)

「SFA(Sales Force Automation)」とは、情報通信技術を活用し、営業部門の情報システムの効率化を図ることを言います。また、その営業活動を支援する仕組み・システムのこと。営業活動における業務の自動化だけでなく、業務のプロセス自体を視野に入れた業務の効率化と結果的な成功(=成約)を効果的に得ることが目的とされます。

業務で発生する管理データ(リード・行動・評価・実績など)、部門ごとの担当・承認作業、受注までの工程の定量化、顧客・活動履歴の分析…など、その適用範囲は時代とともに広がりをみせています。最近ではグループウェアやパッケージソリューションなどが活用され、どの企業の営業部門にも多く普及されてきました。また営業部門だけでなく、社内すべての部門の情報システムを統合し、サービス・顧客満足度を向上を図ることを「CRM(Customer Relationship Management)」といいます。

関連記事:

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。