ASTERIA Warp 製品ブログ

Office365のメール、連絡先、予定表、OneDriveとの連携処理が一つのアダプターで可能に!Office365アダプターのご紹介

こんにちは。 アステリアのチャです。

6月になり、もう今年に入って半年も過ぎようとしていますね。 梅雨の季節になると、しばらくはうっとうしいお天気とのお付き合いでしょうけど、そんなジメジメを吹き飛ばすような、皆さんの役に立つ情報を配信していきたいと思います!!

そんな季節にピッタリ!かどうかは分かりませんが、今回は「Office365アダプター」をご紹介いたします。 Office365アダプターはASTERIA Warp 1712のバージョンアップで追加された機能ですが、今回新たにフローテンプレートも公開されたので、改めてご紹介します。

フローテンプレートについては以下の記事をご参照ください。

Office365アダプター概要図

Office365アダプターでは3種類のコンポーネントが使えます。

コンポーネント 説明
Office365Get

Office365へSELECT文を発行して結果セットをストリームとして出力します。

Office365Put Office365のテーブルに対して更新を行います。
Office365SQLCall Office365に任意のSQLの実行を行います。

Office365アダプターではRDBのようにSQLでデータを処理する手段を提供しているため、基本的な使い方はRDB系(RDBGet、RDBPut、SQLCall)のコンポーネントと同じです。

それでは、早速アダプターを使ってみましょう。

 

Office365のメールとの連携

CSVファイルからメールのデータを取得し、メールを送信するフローを作成してみます。

sendamail.csv 画像

作成したフローは以下の通りです。

Office365 Sendmailフロー図

ここではOffice365アダプターが提供する「SendMail」ストアドプロシジャを利用してメールを送信してみました。 フローの実行で送信されたメールはこちら↓。

受信したメール内容画像

ファイルが添付され、正常にメールが届いていることが確認できます。

 

Office365の連絡先との連携

CSVファイルから連絡先データを取得し、Office365連絡先に登録するフローを作成してみます。

contacts.csvの内容

作成したフローは以下の通りです。

Office365 Contactsフロー図

ここではCSVファイルのデータを「Contacts」テーブルに登録する処理を行っています。 フローの実行で登録された連絡先はこちら↓

個人用の連絡先

氏名、メールアドレス、役職、職場等の情報が正しく表示されることが確認できます。

 

Office365の予定表との連携

CSVファイルから予定表データを取得し、Office365予定表に登録するフローを作成してみます。

event.csv 内容

作成したフローは以下の通りです。

Office365 Events作成したフロー図

ここではCSVファイルのデータを「Events」テーブルに登録する処理を行っています。 フローの実行で登録された予定票はこちら↓

Office365カレンダーに追加された予定

正常に予定表が登録されていることが確認できます。

 

Office365のOneDriveとの連携

CSVファイルからデータを取得し、OneDriveへアップロードするフローを作成してみます。

upload.csvの内容

作成したフローは以下の通りです。

Office365 uploadFileで作成したフロー図

ここでは、CSVファイルのアップロード場所(フォルダー名)をキーとして「Files」テーブルからフォルダーIDを取得しています。それから、取得したフォルダーIDとCSVファイルのデータをパラメーターとして「UploadFile」ストアドプロシジャを実行してファイルをアップロードしてみました。 フローの実行で送信されたメールはこちら↓。

ファイル>Office365アダプター

「Office365アダプター」フォルダーの配下に正常に該当ファイルがアップロードされていることが確認できます。
いかがでしょうか。

Office365アダプターを利用するとメール、連絡先、予定表、OneDriveとの連携処理が可能となります。 Office365アダプターを利用しますと複雑なAPIの実装が不要で、データベース連携と同等のSQLを利用して連携することができますし、スキーマ情報の自動取得によりGUIでSQLを自動生成する支援機能もございます。 また、Office365アダプターが提供するストアドプロシジャを利用しますとより簡単にファイルやメール機能の操作ができますので、皆さんも是非活用してみてください。

 

クラウド版 使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。