ASTERIA Warp 製品ブログ

DSP広告を最適化するためのデータ連携
~マーケティングデータとの連携で広告配信を最適化!

DSP広告の最適化

DSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)とは、複数のアドエクスチェンジやアドネットワークを一元管理するための広告プラットフォームのことである。DSPを利用することで、広告主は広告在庫の買い付けや配信、オーディエンスターゲティングなどのあらゆる作業を一括してシステム上で管理することができる。SSP(サプライ・サイド・プラットフォーム)が媒体側の広告収益を最大化させるための広告プラットフォームであるのに対して、DSPは広告主側の広告効果の最大化を目的としたツールである。
DSPはこれまで広告主や広告代理店が行っていた様々な作業を自動化してくれる便利なツールであるが、ツールに任せておけば万全というわけではない。広告配信の最適化、つまり狙いたいターゲットに広告を届けるためには、分析されたマーケティングデータとの連携が重要になってくる。本ブログでは、DSP広告を最適化するためのデータ連携のポイントを紹介する。

DSPの活用で可能になることとは?
 ~システマティックな広告配信とその最適化

DSPが登場した背景には、インターネット広告の取引量の増加が挙げられる。日々膨大なデータが飛び交う中で、広告主が入札状況やオーディエンス情報などを手動で分析し、その結果を都度広告配信に反映するというのは難しくなっている。そこで、システマティックな広告配信を可能にするDSPの出番となったのである。
広告主はDSPを活用することで、広告在庫の買い付けやオーディエンスターゲティング、クリエイティブの分析など、あらゆる最適化を自動で行うことができる。さらにDSPとSSPを、インプレッション単位でリアルタイムに入札を行うRTB(リアル・タイム・ビッディング)接続することで、必要な時に必要なだけ広告を購入することが可能になった。このように、DSPを活用することで広告主はシステマティックでありながら柔軟な運用ができるようになったのである。

このようにDSPにはメリットがたくさんあるが、もちろん全ての場合にDSPが適しているわけではない。配信ターゲットが狭く固定化されている場合などでは、アドエクスチェンジやアドネットワークを手動で運用する方が適していることもある。また、DSPを利用するためには利用料もかかる。したがって、広告主はDSPの活用と手動運用のどちらが広告最適化に効果があるのかを比較検討する必要がある。

DSPを活用するために押さえておきたいポイント
~「枠」ではなく「人」に対して配信ができる

DSPは内部のアルゴリズムに従ってターゲティングや配信設定を行うため、広告運用にかかる負荷は大幅に軽減される。配信データの集計・分析によって広告効果を最適化できるメリットも大きい。DSPは「広告配信の頭脳」と言われていることからもわかる通り、内部アルゴリズムによる自動配信というイメージが強いが、実は完全な自動広告配信ツールではない。つまり、DSPのアルゴリズムによる配信に依存するだけでは、必ずしも広告配信が最適化されているとは言えないのである。

ここでポイントとなるのが、DSPにはDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)を利用したオーディエンスターゲティングの機能が備わっていることである。DMPとは、インターネット上の様々なデータやサーバーに蓄積された顧客情報などを一元管理し、活用するためのプラットフォームのことである。DSPは、DMPを利用してデータを分析し、狙いたいターゲットに対して広告を届けることができるというわけだ。

つまり、DSPとは広告「枠」ではなく「人」に対して配信が行えるプラットフォームであると言える。少しでも興味・関心を持ってくれる可能性が高い「人」に、広告を届けたいと考える広告主に非常にマッチしているツールだ。

DSP広告配信を最適化するための重要ポイント
 ~マーケティングデータとの連携が不可欠

DSP広告配信を最適化するための重要ポイント:利用イメージ

ここでポイントになってくるのは、「人」に対する配信が行えるDSP広告だからこそ、どれだけ他のデータと連携して、より精度の高いターゲティングができるかということだ。ここ最近のDMP市場の活況も相まって、DSPへのマーケティングデータ連携の重要性はますます増している。

マーケティングデータとは、会員情報や購買履歴、あるいはソーシャル・ネットワークでのアクション情報など配信ターゲットの選定に活用できるデータのことである。自社でこれらの情報を保持している場合は、活用しない手はない。サイト訪問履歴などの単なるWebでの接触データでは、そのユーザーが広告主にとってターゲットかどうかは判別しづらい。一方、マーケティングデータを活用すれば、ユーザーの属性を詳細に分析することが可能になる。分析されたマーケティングデータは広告を配信したいターゲットかどうかの貴重な判断材料となり、配信精度を劇的に向上させることができるのだ。
DSPのアルゴリズムによる配信に依存するだけでは必ずしも広告配信が最適化されているとは言えない中で、マーケティングデータとの連携は最適化のカギとなるだろう。

ASTERIA Warpでマーケティングデータとの連携を実現
~膨大なマーケティングデータをノーコードで配信ロジックへ反映

広告配信最適化のためにはマーケティングデータとの連携が重要とはいえ、日々蓄積されていくデータの量は膨大だ。データ連携に時間と手間がかかるようでは本末転倒である。そのため、膨大なマーケティングデータを効率的に配信ロジックに反映できる仕組みが必要になってくる。今こそデータ連携に特化したソリューションの活用を検討したい。

そこで力を発揮するのが、データ連携に特化した業界シェアNo.1のEAIツールであるASTERIA Warpだ。ASTERIA Warpを活用することで、DSPでの広告配信を最適化するためのマーケティングデータとの連携を、ノーコードで手軽に実現することができる。

とくにASTERIA Warpはすぐに使える接続先を豊富に取り揃えているため、誰でも簡単で柔軟な連携が可能である。例えばFacebookやTwitterなどのソーシャル・ネットワークの情報はそれぞれの専用アダプターを使えば簡単に取得可能だ。専用アダプターがなくても「HTML解析コンポーネント」を使えば、様々なWEBサイト情報を取得し活用できる。他にも、CRMやマーケティング自動化ツール、様々なDBと接続可能な60以上のドライバも追加され、接続先は今後も増え続ける。

>接続先を見てみる

DSP広告の最適化には、分析されたマーケティングデータをリアルタイムで広告配信に反映することが重要になる。膨大なマーケティングデータを効率的に配信ロジックへ反映していくためにも、直感的かつ簡単な操作でデータ連携が実現できるASTERIA Warpを活用してみてはいかがだろうか?

今なら毎月10名様にプレゼント!無料体験版のお申し込みはこちら
【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ