ASTERIA Warp 製品ブログ

「APIがあれば大丈夫!」は、ホントに大丈夫なの?!

API

API連携どうしてますか?

システムのIT化やクラウド活用が進んだことにより、独自のシステムやサービスが乱立状態となって(=サイロ化して)データ連携の必要性や範囲がかなり広がっています。
とくにkintoneやsalesforce、Googleなどクラウドサービスとのデータ連携は、業務自動化をすすめるにあたってとても重要です。

そこでポイントとなってくるのが、”API連携”です。
現状のクラウドサービスは、ほぼ”Web API”を公開し、誰でも外部から利用することができるようになっています。

しかし、この”Web API”ですが、クラウドサービスごとに認証や利用手順が異ったり、ドキュメントが難解だったりして、知識のないユーザーが利用するには、時間や工数がかかってしまい、諦めてしまうという人も多いようです。

そのため、APIを活用するためには、APIをラップして使えるソリューションが理想的なんです!

社内システムとクラウドサービスの連携をご検討の方必見のホワイトペーパー !
ぜひご参考にしてください。

API連携可能に注意 ホワイトペーパー

API連携可能に注意!
後悔しない!API活用の理想と現実について

1.APIの概念とその広がり
2.APIがもたらすメリットは利用者・提供者双方にあり
3.APIの仕組みとは?
4.APIを活用した連携例
5.APIさえあれば簡単に外部の機能やデータが活用できる、の現実
6.活用するならAPIをラップして使えるソリューションが理想的
7.各社のAPI実装の癖を吸収するASTERIA Warp
ダウンロード

【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。