ASTERIA Warp 製品ブログ

Microsoft 365とつないでみた!csvファイルから予定データを取得し、Microsoft 365の予定表に自動登録

こんにちは、アステリアの木下です。

先日、ASTERIA WarpでGoogleカレンダー連携を試してみましたが、ありがたくも好評だったので、味を占めてさくっと簡単に試せる「手ぶら de ASTERIA Warp」環境で別の連携処理を試してみたいと思います!

Googleカレンダー連携の記事はこちら↓

※補足:「手ぶら de ASTERIA Warp」は、利用期間が5日間だけなのですが、製品インストール済みのクラウドサーバーをお貸し出しする評価版ですので、ちょっと試す分には本当に便利です!

 

今回、試してみる内容も前回に引き続き面倒な処理を自動化してみるシリーズとなりますが、皆様スケジュール登録って地味に面倒ではないですか??

私は活動予定や定例ミーティングなどの同じような内容を毎回スケジュール画面で開いて1つ1つ入力する事にストレスを感じています…それを今回はファイルへ一括書き込みでスケジュール登録する処理を作ってみたいと思います!

「手ぶら de ASTERIA Warp」にはMicrosoft 365連携用の手順書も用意されていますので、今回はMicrosoft 365の予定表との連携を試してみます!

という訳で今回はこんなイメージです!

csvファイルの予定データを取得し、Microsoft 365の予定表に自動登録してみます。

概要図

ASTERIA warp

 

「手ぶら de ASTERIA Warp」の「Microsoft 365とつなごう」で試していきましょう。

Microsoft 365とつなごう

申し込み手順はこちらをご参照ください。

 

こちらを申し込むとMicrosoft 365連携用のチュートリアルガイドも用意されているので、この後はこちらを参考に設定を進めていきます!

誰でも!ASTERIA Warp Microsoft 365とつなげよう

それでは、「手ぶら de ASTERIA Warp」環境で開発準備が整ったので、この後の処理完成までのステップは以下の3つです。

  1. 「Azure Active Directory(Azure AD)」で、Microsoft 365の予定表へ接続するためのOAuth認証情報の取得
  2. Microsoft 365の予定表への接続コネクションを設定
  3. Microsoft 365連携アダプターを使用して処理開発

それでは、ステップ順にそれぞれを試していきます!

 

1. 「Azure Active Directory(Azure AD)」で、Microsoft 365の予定表へ接続するためのOAuth認証情報の取得

まずは、チュートリアルガイドに沿ってAzure ポータルの「Azure Active Directory」よりOAuth認証情報を取得するための設定をします。

※チュートリアルガイドはこんな感じです!

チュートリアルガイド「コネクションの作成」

 

今回もさくっとOAuth認証情報を取得できました!

後程のコネクション設定で必要な値なのでメモしておきます。

クライアントIDクライアントID

クライアントシークレットクライアントシークレット

 

 

2. Microsoft 365の予定表への接続コネクションを設定

次は、フローデザイナーでMicrosoft 365への接続コネクションを設定します。

まずはコネクションの作成ですが、コネクション名はデフォルト値の「Office3651」で作成しました。

コネクション「Office3651」

 

あと必要な設定は「イニシエートOAuth」、「OAuthクライアントID」、「OAuthクライアントシークレット」です。

「イニシエートOAuth」、プロパティ名「OAuthクライアントID」、「OAuthクライアントシークレット」

  • イニシエートOAuth:GETANDREFRESH
  • OAuthクライアントID:メモした値
  • OAuthクライアントシークレット:メモした値

 

そして、「保存」ボタンをクリック後、「接続テスト」ボタンをクリック。

「保存」をクリックし「接続テスト」

 

するとブラウザが勝手に立ち上がるので、設定を進めると・・・

OAuth Authorization Sucessful!

 

フローデザイナー側も成功しています!

テスト結果 Office3651:成功

 

 

3. Microsoft 365連携アダプターを使用して処理開発

では、処理を開発するための準備が整いましたので、実際に開発していきます!

今回、予定表へ書き込むデータはこんな感じです。

予定表サンプル

 

ASTERIA Warpの処理はこんな感じです!

ASTERIA Warp処理フロー

処理完成!!

 

それでは、処理を実行して想定通りに予定表へ書き込まれているか確認してみましょう!

実行前

実行前のOutlookカレンダー

 

実行後

実行後のOutlookカレンダー

ちゃんと動いています!

 

たかが予定の登録、されど予定の登録。もし全社員分の工数が削減できれば大きなメリットが生み出せますね!

このようにアイデア次第でASTERIA Warpは業務自動化にご利用いただけますので、是非お試しください!

 

クラウド版 使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。