“見える化”機能を強化!ノーコードでの開発・運用がさらに便利になるASTERIA Warp バージョン「2212」の新機能紹介

Asteria warp 新バージョン2212登場

こんにちは!アステリアのショウジです。

本日2022年12月21日にASTERIA Warpの新バージョン2212が登場しました。
この記事では、今回追加された機能の注目ポイントをご紹介します!

新機能の一覧は、プレスリリースもあわせてご確認ください。

見える化機能強化

見える化機能の強化として、以下の3機能が追加されました。

  1. 「コネクション呼出元」表示機能
  2. 「コネクション一覧」出力機能
  3. スケジュールのカレンダー表示

「コネクション呼出元」表示機能

あるコネクションを使用しているフローやコンポーネントを表示する機能です。接続先システムの変更が発生するときは影響範囲の確認作業が必要になりますが、この機能はその作業に活用できます。

フローデザイナーに追加された「コネクション呼出元」画面で確認できます。

コネクション呼び出し元を開く図:コネクション呼出元画面

「コネクション一覧」出力機能

あるフローの中で使用されているコネクションの一覧を仕様書に出力する機能です。フローの内容を変更するときに、その影響範囲に入る接続先を確認する作業に活用できます。

仕様書の「コネクション一覧」という項目で確認できます。

コネクション仕様書図:出力された仕様書のイメージ

スケジュールのカレンダー表示

スケジュール登録の内容をカレンダー形式で表示する機能です。視覚的にわかりやすくスケジュールを把握できます。新規のスケジュールを検討するときに、空いている時間帯を確認しやすくなりますね。

管理コンソールの「設定-トリガー-スケジュール-カレンダー」から確認できます。

2022年12月 図:スケジュールのカレンダー表示

ストリーム形式にJSONを追加

JSON(ジェイソン)は、WebAPIを用いたクラウド連携でよく利用されるデータ形式の一種です。これまでもASTERIA WarpではJSONDecode/Encodeコンポーネントを使ってJSON形式のデータを処理することができましたが、本バージョンからはストリームのデータ型としてJSONを選択できるようになりました!これにより、JSON形式のデータを処理するフローがよりスムーズに開発できます。

また、JSONストリームでは最上位階層に配列が作成できるため、より多くのWebAPIとの連携が可能になります。

REST(2206までの方法) REST(Warp2212からの方法)

図:ASTERIA Warp 2206と2212でのJSON取得フローの比較例

ストリーム型:JSON図:ストリーム定義の例

フローの実行図:処理結果の例

SFTPサーバーを新たに搭載

新たにSFTPサーバーが内蔵されました。従来のFTPサーバーと同様にFTPトリガーと連動して利用することができますので、FTPトリガーを活用したデータ連携をよりセキュアに実現できるようになりました。

SFTPサービスの設定図:SFTP設定画面

進数変換機能を追加

進数変換 BaseConverter 整数文字列または数値を2,8,10,16進数表記に変換します。

整数の表記方法を2,8,10,16進数の間で相互に変換するマッパー関数です。「変換」タブの中に追加されました。

たとえば、16進数の「FF」を10進数に変換して「255」という値を得ることができます。

データの連携元と連携先で数値の進数表記が異なっている場合に役立ちそうですね。

進数変換図:進数変換マッピング例

UnixTimeとDateTimeの相互変換機能を追加

DateToUnixTime DateToUnixTime DateTime型の日時データをUnix時間を表すInteger型またはString型の値に変換します。
UnixTimeToDate UnixTimeToDate Unix時間を表すInteger型またはString型の値をDateTime型の日時データに変換します。

日時を表現する方法としてはDateTime型を用いる方法や「2022/12/21」のような文字列を用いる方法がありますが、その他に「UnixTime」と呼ばれる表現方法もあります。これは1970年1月1日0時0分0秒(UTC)からの経過秒数として日時を表現する方法です。今回、それらを相互に変換するマッパー関数が「日付」タブに追加されました。

たとえば、DateToUnixTime関数を使ってDateTime型の2022年12月21日15時00分00秒(JST)をUnixTimeに変換すると1671609600になります。

DateToUnixTime図:DateToUnixTimeのマッピング例

OAuth認証の改善

Linux版やWindowsサービスとして実行している環境でもフローデザイナーや管理コンソールから認証可能になりました。(マルチセレクトオプションを除きます)

これまでは上記のような環境ではOAuth認証の手順が複雑になっていましたが、これからはスムーズに対応できるようになります。

ASTERIA Warp Core/Core+ のLinux版を提供開始

ASTERIA Warp Core/Core+ のLinux版が登場します!これにより、より多くのお客様のシステム環境に適合し、スモールスタートでのデータ連携にASTERIA Warpを活用いただけます。

「いろいろと機能が強化されていて便利そう!自社の業務で活用できるかも?」と少しでも思われた方は、体験版『手ぶら de ASTERIA Warp』をお試しください!準備不要で5 日間『ASTERIA Warp 2212』を体験できます。ぜひご活用ください!



クラウド版

使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
著者:東海林 賢史

著者:
東海林 賢史

ASTERIA Warpのプリセールスエンジニア。システムエンジニアや情報システム部員としての経験を活かして、ASTERIA Warpをわかりやすくお伝えできるよう日々奮闘中です。

「ASTERIA Warp、データ分析、クラウド、業務効率化、最新技術」人気!ホワイトペーパーダウンロード受付中!今すぐチェック
ASTERIA Warpと色々つないでみた特集!記事はこちら>

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)

ASTERIA Warpデベロッパーの方

ASTERIA Warp オンラインコミュニティ
ADN slack

ASTERIA Warpデベロッパー同士をつなげ、技術情報の共有やちょっとしたASTERIA Warpの疑問解決の場とすることを目的としたコミュニティです。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ