ASTERIA Warp 製品ブログ

【つないでみた】ラズパイ3(Raspberry Pi 3)が出たので早速つなげてみた

【つないでみた】ラズパイ3が出たので早速つなげてみようかなと思ったんですが。 Raspberry Pi 3が出ましたね。技適マークがどうのという話も出てましたが、無事に国内で使えるものが出たので早速購入しました。
3の特徴は多少のスペックアップとBlutoothと無線LANが内蔵されたことのようです。 



小型のLinuxマシンですので、ネットに繋がればASTERIA Warpからも普通に繋がると思われます。
センサーでもつなげてデータとってみようかなと思ったんですが、LinuxならASTERIA Warpインストールできちゃうんじゃないの?とゴーストが囁くのでチャレンジしてみました。

OSは一番「普通」だと思われる「Raspbian」を選択。普通にインストールして普通に内蔵のWifi使ってネットワークに繋げられました。


あとはSSHでリモートからインストーラーをアップロード。実行権限付けて実行すれば動くでしょーと、思ったんですけど・・・

「JRE libraries are missing or not compatible….」というエラーメッセージが。

インストーラに内包されてるJREがラズパイでは動かないんですね。

そんなわけで、開発陣や物識りな諸先輩方に聞いてみた結果、「どっかのLinuxにインストールしてJREだけ取っ替えれば動くんじゃね!?Javaだし。」という回答をゲット。

仮想環境に用意したLinuxにRaspberry Piで用意されているのと同じユーザー「pi」を作ってインストール。ユーザーHomeディレクトリに出来た「asteriawarp」「asteriahome」ディレクトリをコピって来ました。

次に行うのはJREの入れ替えです。
asteriawarpディレクトリの「jre」ディレクトリをさくっと消します。
ネットで調べた結果、ラズパイに最初から入っているJREは「/usr/lib/jvm/jdk-8-oracle-arm32-vfp-hflt/jre/」にあることがわかったので、これをコピーして「~/asteriawarp/jre/」に置きました。
これでライセンスがちゃんと入っていれば起動しましたよ。
リモートからフローデザイナーでつないで使うことができそうです。



ついでに起動時に自動でASTERIA Warpが立ち上がるようにもしておきます。
「/etc/rc.local」にflowsvcをフルパスで書いておくと無事立ち上がるようになりました。

さて、こんな感じでラズパイにASTERIA Warpを乗せることができました。
なお、2016年3月現在で正式には動作保証はしてませんので、ご了承ください。

AWS Test Driveのクラウド上でASTERIA Warpを試してみる >>
AWSのTest Drive上でASTERIA Warpとはどういったものかを簡単にお試しいただけます。
ぜひご利用ください。
【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。