ASTERIA Warp 製品ブログ

ぬこでもわかる Amazon Redshift

Amazon Redshiftにノン・コーディングでデータ連携するための「エクスペリメンタルビルド」を先週、10月23日に発表させていただきました。
Amazon Redshift コンポーネント エクスペリメンタルビルドで公開!

今回は、そもそもRedshiftってなんなの!? という方に向けて、超簡単にRedshiftの特徴を説明してみたいと思います。
タイトルは「某有名プログラミングサイトへのオマージュ」です。

特徴1:クラウド型データウェアハウス




クラウドで提供されるデータウェアハウスです。ペタバイト級データウェアハウスとか書かれていることもありますね。
ビッグデータの入れ物ということで良いのではないでしょうか。
他のAWSのサービスと同様に、時間単位で課金されます。

特徴2:とにかく安い!




従来のハードウェア同梱型のアプライアンスモデルに比べて少なくとも1/10以下の価格になるというのがAmazon Redshiftの売りです。
AWSは結構な頻度で値下げしているので、今後ますます安くなるかもしれません。

特徴3:インスタンスを数クリックで追加!




Redshiftは超並列処理(massive parallel processing:MPP)を実装したデータウェアハウスだそうです。
処理するノードが増えるとその分並列処理されるので効率良くなったりするわけですよね。
闇雲に増やしても高速になったりはしないのかもしれませんが、アプライアンスモデルと違って、Redshiftは数クリックで追加することができます。

特徴4:PostgreSQLと「ある程度」互換




「ある程度」というところが微妙ではありますが、既存のPostgreSQL用ツールがそのまま使えたりします。
ちなみにASTERIA WarpのRDB関連のコンポーネントはそのままいけます!


さて、Redshiftについてなんとなくお分かり頂けましたでしょうか?
データウェアハウスなので、分析用途で使うものです。
これまで金額面など様々な要因で、自分たちには関係ないと思っていた方も「ビッグデータ」分析を検討してみる段階になってきたのではないでしょうか?

あ、そうそう、AWSの中の人に聞いたんですが、Redshiftは 2ヶ月無料で使えるらしいですよ!
お持ちのデータをどっさり入れて検証してみてはいかがでしょう? 
データの入れ方がわからない時は、アイコンをつなげていくだけで連携できるASTERIA Warpも一緒に検証してください!

クラウド版 使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル

関連記事:

Amazon Redshift コンポーネント エクスペリメンタルビルドで公開!
Redshiftコンポーネントの使いドコロ
Amazon Redshiftにエクスペリメンタルビルドを使ってつないでみた
【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。