ASTERIA Warp 製品ブログ

基幹システムのリプレース、最後の難題を解決するアプローチ

メインフレームなどハードの老朽化、OSのサポート終了、セキュリティの強化などを理由に、基幹システムのリプレース待ったなしの企業も少なくないだろう。企業のICT担当にとっては責任重大、かつ非常に緊張度の高い仕事だ。基幹システムのリプレースにあたっては、3つの大きな課題がある。1つ目は「旧システムからの資産継承」、2つ目は「自社にとってBestな構築環境の選択」、そして3つ目は、「今現在稼働している業務を妨げずにいかにスムーズに移行するか」だ。いずれも大きな課題であるが、最終局面における移行作業がリプレース最大の難関であることは、経験者ならだれもが口をそろえるところである。そこで、今回は3つ目の「移行」時に生じる3つの課題と解決へのアプローチについて考えてみたい。

基幹システムのリプレース、最後の難題を解決するアプローチ

3つの課題


1. 運用体制の課題

リプレースだからといって、業務は止められない。経営の妨げになる事態は、絶対に避けなければならず、移行期間中は新旧システムを並行して運用する必要がある。本稼働前のもっとも重要なフェーズだ。予測不可能なことが起こり得るテスト期間は、長引けばコストがかさむ。生じる問題に即座に対応できる開発環境を用意したうえで、並行して運用できる体制を整えることが重要だ。リプレースの一番の肝は「並行稼働」にあると言っても過言ではない。

2. システム連携における課題

基幹システムでは、さまざまな部門におけるマスター情報を統合、一元化し、各部門が必要とする業務システムに連携させる必要がある。改善を重ねて使い勝手がよく、安定稼働しているシステムは資産として継承しつつ、最新のテクノロジーも導入したい、という要求も当然あるだろう。部門ごとに異なるフォーマットで運用されているケースも多く、スムーズなマスター連携は大きな課題だ。

さらに、オンプレミスやクラウドなど、構築環境が多岐にわたる今日では、連携先の環境も考慮する必要がある。開発コストを抑制しながら、関連するシステム連携をクリアすることに頭を悩ませる担当者は、決して少なくないはずだ。

3. 教育とドキュメント整備の課題

基幹システムは、全社的な理解を前提に、現場が活用できることが大前提。リプレースにより仕様が変われば、利用する人たちへの教育は必須である。慣れ親しんだやり方を変え、新しいオぺレーションを指導するのは、情シス担当にとって荷が重い仕事の1つではないだろうか。

また、属人化を防ぐためにも、どのような仕組みで処理されているのか、構築されたシステムのそのものの流れやルールを、ドキュメント化しておく必要がある。これは内部統制的にも重要なポイントだ。



ASTERIA Warpが解決!

データやシステムの移行という、基幹システムリプレース時最大の難関をサポートするツールがある。それが、あらゆるフォーマットで作られたデータを直観的に「つなげる」ことができるミドルウエア、「ASTERIA Warp」だ。

運用体制の課題には、新旧システムの共存を可能にするアダプターを豊富に用意。両者を並行稼働しながら、十分なテスト環境で確認後、移行することができる。直観的にアイコンをつなげることで実現できる高速開発環境は、この間に生じるトラブルシューティングにも威力を発揮する。

システム連携の課題には、新旧問わずあらゆるフォーマットに対応。さらに、連携先がオンプレミスであろうとクラウドであろうと、その環境に左右されることもない。構築環境の変化にも柔軟に対応できる開発環境を社内に用意することは、最大のコスト削減につながる。


そして、導入企業が口をそろえる便利な機能が、ASTERIA Warpのドキュメント自動生成機能だ。データがどのように入力され、どのように連携されて出力されるのか、その流れが一目で分かるドキュメントを取りだせる。だれもが視覚的に概要を理解できるため、属人化を防ぐだけでなく、内部統制的にも利用価値が高い。




ASTERIA Warpのサブスクリプション(月額課金)が使える!

移行時に限定してASTERIA Warpの利便性を使いたいなら、月額で利用できるサブスクリプションがお勧めだ。

基幹システムのリプレース時に「ASTERIA Warp」が使えることを、頭の片隅に記憶していただくとよいだろう。とはいえ、ツールがすべての問題を解決してくれるわけではないことは言うまでもない。優秀なSIerや使えるツールの力を引き出すのは、プロジェクトマネージャーの役目。強いイニシアティブを発揮して、リプレースを成功に導こう。

【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ